舞台機構調整技能士の資格・試験とは?舞台機構調整技能士 資格試験の概要と合格の秘訣

舞台機構調整技能士の資格・試験とは?舞台機構調整技能士 資格試験の概要と合格の秘訣

舞台機構調整技能士の資格を持っていないものが、舞台機構調整技能士と名乗ることは禁じられています。そのため、舞台機構調整技能士として働くために、舞台機構調整技能士国家資格を取得する必要があります。この記事では、舞台機構調整技能士資格試験の難易度や試験資格、資格が取れる学校などについてご紹介します。

舞台機構調整技能士の資格とは?

舞台機構調整技能士として働こうと考えている方は、機構調整技能士の資格を取得することが必要不可欠です。

それでは、舞台機構調整技能士の資格とは一体どのような資格なのでしょうか。次章で詳しく紹介していきます。

舞台機構調整技能士は国家資格

舞台機構調整技能士の資格は国家資格です。そのためこの資格を保有していれば全国各地の劇場、ライブハウスで仕事をすることができます。

もちろん、資格がなくても機械を操作したり機材を設置したりと業務を行うことができますが、資格の保有者ではないので新規でライブハウスや劇場などを立ち上げることは難しいと言えます。

そのため、舞台機構調整技能士としてフリーランスで活躍をしたい独立をしたいという方は、舞台機構調整技能士の資格が必然的に必要になります。

資格の違い

舞台機構調整技能士の資格は大きくわけて3つの種類に分けることができます。1級、2級、3 級と分けられ、それぞれ行う業務は変わらないものの上位資格を持っているほど専門的な操作だけでなく、高度なセッティングや高度な演出を実現可能させることができます。

3級の資格は、専門学校に通っている人であれば卒業と同時に資格を取得することができます。また、3級の資格を受けるためには以前は6ヶ月以上の実務経験が必要でしたが、実務経験がなくても試験を受けることができるので、独学で勉強をして取得を目指す方もいます。

2級は、3級合格者もしくは実務経験が2年以上ある方が資格を取得することができます。2級の資格は3級以上に専門的な分野を試験で問われることになるので、独学で対応することは難しくライブハウスや劇場で実績を積んでいく必要があります。

1級は、3級取得後4年以上経過している人、2級取得して2年以上実務経験を積んでいる人が取得することができます。3級を取得していなくても、ライブハウスや劇場などで 実務経験が7年以上積んでいれば資格を取得することができるので、ライブハウスでアルバイト経験が長い人がいきなり挑戦をして資格を取得するというケースもあります。

舞台機構調整技能士の資格試験の概要

試験情報

舞台機構調整技能士の試験は、どのような流れで受けることになるのでしょうか。舞台機構調整技能士の試験に関する情報や受験料を紹介していきます。

受験料

舞台機構調整技能士の試験は、学科3,100円、実技で17,000円かかります。1級につきこの値段がかかるので、3級全てを取得することになると、6万円近くかかります。

試験日程

舞台機構調整技能士の試験は、2月に1級の試験、7月に2.3級の試験があります。実務経験が7年以上あれば、1年の間に3級、2級と2階級の資格を受けることができますが、基本的には数年に1回試験を受けることになるので、常に勉強をする必要があります。

筆記試験だけでなく、実技試験では与えられた課題を試験監督の前でセッティングして披露をする必要があるので、実務とは異なったプレッシャー環境の下で作業を行う必要があると認識しておきましょう。

試験の対策ポイント

資格を突破するために大切な対策は、実務経験を徹底的に行うことです。実務経験を多くしていれば、さまざまな状況に遭遇しどのように対処をしたのか、どのような失敗をしたのかを試験に活用することができます。

試験を少しでも早く突破して上位階級の舞台機構調整技能士を目指そうとしているのであれば、日頃から集中して舞台機構調整技能士に必要なスキルを磨きましょう。

舞台機構調整技能士の資格の難易度・合格率

舞台機構調整技能士の難易度や合格率はどの程度なのでしょうか。それぞれの合格率がどれくらいなのか紹介していきます。

合格率は発表されていないものの、上位階級になるほど取得が難しくなっています。しかし、他の資格と異なり専門的な知識だけでなく、実務試験があるので普段のパフォーマンスを行うことができれば、試験を通過することは難しいことではありません。

実務経験をしっかりすれば合格する

合格をするためには、実務経験をしっかり積むことです。もちろん、実務経験する場所がロックバンド系の多い劇場であれば、それに関する知識しか習得することができないので、クラシック音楽などの知識を改めて勉強する必要があります。

そのため、多くのイベントを手掛けている劇場でスタッフとして働き勉強をするか、あまり担当していない分野は独学でしっかり勉強しておくようにしましょう。

反復練習が必要

舞台機構調整技能士の試験の中でも筆記試験よりも難しいのが実技試験です。実技試験では試験監督の前で実践しなければいけないため、普段のパフォーマンスを発揮することが難しい可能性があります。

緊張していても、自分のパフォーマンスを発揮するために、反復練習を何度も行い舞台機構調整技能士の資格を取得するように努力をすることをオススメします。

舞台機構調整技能士に役立つ資格

舞台機構調整技能士が取得しておいた方が良い資格は他にあるのでしょうか。舞台機構調整技能士が取得しておいた方が良い資格を紹介しましょう。

舞台に関する資格を取得する

舞台機構調整技能士の資格を持っているだけでは、音響のミキシングを専門に扱うことになりますが、それ以外にも音響処理技術者や音響技能検定の資格を持っていれば、音に関する知識をより深めることができ、より舞台機構調整技能士の仕事を効果的に発揮することができます。

また、イベント業務管理士などの資格を持っていれば、自らイベントを主催することも可能になるので、フリーランスになれば、舞台機構調整技能士だけでなく副業として別のビジネスを始めることも可能になります。

舞台機構調整技能士の資格が取れる学校

舞台機構調整技能士の資格は3級であれば、学校で取得することができます。また、学校によっては2級の資格を取得することができる学校もあります。

舞台機構調整技能士を目指しているのであれば、資格の勉強に集中することができる学校に通い、舞台に必要な知識を習得するようにしましょう。

音楽系の専門学校・大学に通う

舞台機構調整技能士の資格を取得することができるのは、音楽系の専門学校や大学です。音楽系の学校の中でも、スタッフを養成するコースや学科に入れば、舞台やライブハウスで扱う機材を使用しながら実践的な知識を学ぶことが可能になります。

音楽系の学校に通うメリット

音楽系の学校のメリットは、ただ専門的な機材があり資格を取得しやすいだけではありません。このような学校では、定期的に学校主催のイベントを企画していることもあります。

このようなイベントに舞台機構調整技能士として参加をすることで、模擬的に舞台機構調整技能士の仕事を体験することができます。定期的に参加することで知識を実践的に学ぶことができるので、劇場やライブハウスに就職をした時に即戦力になりやすいという傾向があります。

舞台機構調整技能士の資格・試験まとめ

資格を取得するためには積み重ねの努力が必要

舞台機構調整技能士の資格は、実務経験をしっかり積んで知識をしっかり身につけていれば、難しい上位資格でも取得することができます。また国家資格のため「手に職」といった意味でも安定的な資格だと言えるでしょう。

舞台機構調整技能士は、アルバイトで劇場やライブハウスに舞台機構調整技能士に従事していれば取得することができる資格なので、これから舞台機構調整技能士として働こうと考えている方は取得を検討しましょう。

舞台機構調整技能士の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格
  • 舞台機構調整技能士
資格区分 国家資格
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

舞台機構調整技能士の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB