アナウンサーの資格・試験とは?役立つ資格の特徴や試験の難易度、合格率などを解説

アナウンサーの資格・試験とは?役立つ資格の特徴や試験の難易度、合格率などを解説

華やかな職業のアナウンサーとして働く上で、資格や試験に合格していれば仕事に大きくプラスに働く可能性があります。今回はアナウンサーに関連する代表的な資格、アナウンス検定の試験の情報をご紹介します。

アナウンサーの資格、アナウンス検定とは?

相手にしっかりと伝えるための資格

アナウンス検定はNPO法人「日本話しことば協会」が主催する検定です。

発声や発音、共通語の正しいアクセントや一般常識などの幅広い知識が求められる資格で、アナウンサーとして取得するべき資格と言えます。

合格すれば、正しい発音や発声などの日本語力だけでなく、アナウンサーとして一般常識や表現力、読む力などを有するという証明にもなるでしょう。

正しく美しい日本語の話し手になれる

アナウンス検定の資格取得は、正しい日本語を美しく表現することが出来る証明となります。

アナウンサーとして話の内容の濃さや面白さ、発想の豊かさは大事ですが、正しく美しい言葉を使えること、分かりやすい感じの話し方も大事なポイントになります。

アナウンス検定を取得すれば大勢の前で話す影響力のあるアナウンサーにとって大きなポイントになると言えます。

アナウンス検定の難易度・合格率

3級と2級の合格率は高め。1級は十分な試験対策を

アナウンス検定は筆記テストとアナウンステストで成り立っていて、100点満点中3級は70点以上、2級は80点以上で合格になります。アナウンステストは受験者全員に共通のテストで1人あたり4分から5分ほどのテストになります。

発音や発声、リズムやメリハリの表現力を見るのがアナウンステストでトータルの合格率は3級で80%、2級でも高い合格率を誇っています。アナウンス検定の1級になると合格率もぐっと下がり、音声言語表現者としてプロフェッショナルな能力が必要になります。

要点を押さえて試験に臨めば、3級や2級はそれほど難易度は高くありませんが、幅広い分野で出題されるのでしっかりと学習することが必要になります。

アナウンス検定の試験概要

合格率 級によって異なる
受験資格
  • 3級・2級は誰でも受験可能
  • 1級は2級取得者または話し言葉検定2級以上取得者
受験費用
  • 3級 8640円
  • 2級 10800円
  • 1級 17280円
出題範囲 ■1級

  • アナウンステスト(発声・発音・共通語・発声表現・表現力・一般常識・敬語・構成・アドリブ)

■2級3級

  • 日本語の基礎知識
  • 共通語の基礎知識
  • 音声言語の基礎知識
  • 一般常識
  • アナウンステスト(発音・発声・共通語・読む・話す)

1級の合格はプロの教授を受けることがおすすめ

アナウンス検定は3級2級ともに様々なビジネスシーンで活用することができ、合格率も高い資格ですが、1級になるとアナウンサーを目指すことが前提になるのでプロに直接教授してもらうことがおすすめです。

1級はアナウンステストのみで15分から20分で常識力と文章の理解力や表現力を判定します。個性を出したり笑顔やアイコンタクト、身振りなども自然に出来ているかを見られるので、オリジナリティの有無も審査に影響します。

テキストと過去問で学習する

アナウンス検定は3級と2級は筆記があるので参考書と過去問で学習することがおすすめです。テキストで試験対策をして問題集に取り組み、実際の試験を事前に過去問で行うことで具体的にアナウンス検定の学習が出来ます。

1級についてはアナウンス検定のみなのでスクールに通ってプロに教授してもらうことが良いでしょう。アナウンス検定の1級の合格はとても難易度が高く、プロのアナウンサーとして活躍している人も取得しているのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

その他のアナウンサーの関連資格

アナウンス検定以外にもアナウンサーに関する資格はさまざま

アナウンス検定以外にも、アナウンサーの仕事に関連する資格はいくつかあります。

アナウンサーとして言葉を理解するためにも、難解な漢字が分かる事を証明する漢字検定なども視野に入れてみるのも良いかもしれません。

  • 日本漢字能力検定
  • 実用英語技能検定(英検)
  • TOEIC
  • 話しことば検定
  • 実用フランス語技能検定(仏検)
  • 社会人マナー検定
  • 日商簿記検定
  • 秘書技能検定

一覧にある英語検定やTOEICは英語に関する知識を評価する資格の事で、英語検定1級やTOEICは600点以上あればアナウンサーとして外国人と仕事をするときにも重宝されることも多いです。

アナウンサーはメディアに出る仕事で多くの人に見られているので、社会人としてのマナーは大きなポイントになります。社会人マナー検定や秘書検定を取得していれば、見られ方も異なり自然とマナーが守れる人として人気が出ることもあるでしょう。

アナウンサーに必要なスキルが身につく学校

専門学校東京声優アカデミー

専門学校東京声優アカデミーでは徹底した基礎教育と現場同様の実習が魅力的で、アナウンサーや声優になるための声の基本について学ぶことが出来ます。

卒業後すぐに現場に出られるように在学中から声についての仕事を経験できるインターンシップ制度もあります。

発声練習や発音などを基礎から学んで、アナウンサーに必要なスキルを磨いて資格取得を目指すことが出来ます。

プロの講師が現場の目線から指導してくれる

専門学校東京声優アカデミーでは、声優や演出家、ボイストレーナーやナレーター、アナウンサーなど現場の第一線で活躍しているプロから直接の指導を受けられるのが大きな魅力。

直接な指導はリアルに現場の緊張感や仕事の難しさや、やりがいなどを感じとることが出来ます。学内で行われるオーディションではナレーターやアナウンサー事務所の社長やマネージャーが来校して、ひとりひとりを審査します。

就職に強くプロデビューの道をスムーズに進めることも人気の一つです。

専門学校東京アナウンス学院

専門学校東京アナウンス学院ではアナウンサーや声優、歌手、リポーターなどの表現者を育てる学校です。幅広い科目やコースが魅力的で、それぞれの目標に合わせて個性を磨くことが出来ます。

選択科目は学科を超えた授業であるので、他学科の学生と仲良くなり同じアナウンサーを目指す人と切磋琢磨し情報を共有することで、良い刺激になり資格取得のモチベーションも維持できます。

業界関係者にアピールが出来る就職の強さも魅力

専門学校東京アナウンス学院では、芸能界との強いつながりを活かしたデビュー支援体制が大きな魅力。芸能プロダクションが集結するオーディションには自己アピールをしっかりと出来る環境が整っています。

アナウンサーとして学びながら資格取得を目指し、オーディションでアピールできる環境を利用して、将来の夢を叶える可能性が広がる学校と言えます。

アナウンス科で話して伝えるスペシャリストに

専門学校東京アナウンス学院では、アナウンサーを目指すアナウンス科があり将来テレビやラジオで活躍できる学びが魅力的です。

正しい日本語を習得できることや上手いインタビューの方法などを実技で学んでいきます。ファッションセンスや自分自身の個性を磨く表現力の分野まで学習することが出来ます。

多くのフィールドで活躍している講師も魅力的なアナウンス科ではお天気キャスターやナレーターが直接指導してくれるので、正しい話し方や立ち振る舞いが自然と身につきます。

アナウンサーの資格・試験まとめ

アナウンサーになるなら正しい日本語を使えるアナウンス検定の取得を目指そう

アナウンサーの仕事自体は、特別な資格を持っていなくても業務に就くことは可能ですが、第一線で活躍したいのであれば資格を持っていることがベターです。正しい表現が出来るアナウンス検定は1級に合格すれば一定の知識やスキルを証明するのに役立ちます。

アナウンサーに関する資格試験は、アナウンス検定以外にも多くの試験が行われています。まずはアナウンス検定の取得を目指しつつ、自分の理想のアナウンサー像に役立ちそうな資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

アナウンサーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

アナウンサーの参考情報

平均年収700万円~1200万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アナウンサーの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB