アナウンサーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

アナウンサーになるには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

華やかなメディアの世界でアナウンサーになるには、いったいどんなスキルや資格が必要なのでしょうか。今回はアナウンサーになるための必要なスキルや持っていると役立つ資格、向いている人の性格的特徴などをご紹介します。

アナウンサーになるには何が必要?

アナウンサーになるにはいくつか必要な要素が考えられますが、笑顔で対応できる明るさが必要になります。基本的にアナウンサーはネガティブな思考は避けて、いつも元気で明るく振る舞えることが大切になります。

アナウンサーはテレビに映って多くの人に見られる仕事なので笑顔を絶やさずにいることが大事です。テレビに映るアナウンサーが暗い顔や怒った顔をしていたらチャンネルを変えたくなると思います。

ポジティブな気持ちで明るく振る舞うことがアナウンサーには必要になってきます。

日本語が正しく話せることが必要

テレビに映る番組の顔のアナウンサーになるには日本語が正しく使えることが大切です。日本語は難しく様々な言葉の使い分けをしなくてはいけないですし、相手に伝わる正しい発音も必須になります。

アナウンサーはニュースの原稿を読むことが仕事なので、読み間違えをしないように聞き取りやすい声で話すことを心がけます。難しい漢字や表現もアナウンサーとして読み、伝えなければいけないので基本的な日本語能力を身につけなければいけないのです。

滑舌やイントネーションもアナウンサーの大切な要素

アナウンサーは日本語力が大事ですが、ただただ読めれば良いだけではなく、滑舌良く発音する必要があります。滑舌が良くないと発音が悪くなり、聞き取りにくく感じてしまうので、伝わりやすい話し方が大切です。

発音における注意点としては、正しく発音できることは同時に正しいイントネーションで話せることに繋がります。標準語でしっかりと発音できることが大事なので、普段からのイントネーションに気をつけておくことがポイントです。

特に地方出身で、方言のクセが強い人などは標準語に直していくことが肝要なのです。

体力も必要なアナウンサーの仕事

アナウンサーの仕事は意外とハードなので、基礎体力がしっかりあることも重要です。華やかに見えるアナウンサーの仕事ですが、朝の番組の仕事であれば夜中に起きて準備して、原稿の読み上げやチェックをして仕事に臨むことになります。

朝であればとてつもなく早起きが必要ですし、夕方や夜のニュースを担当することもあり、時間によってルーティーンが大切なのです。ニュースをしっかり読むことも体が資本です。アナウンサーとして体調を崩さないようにすることも大切です。

絶対必要ではないがアナウンサーに関する資格がある方が有利

アナウンサーになるには、何かの資格が絶対に必要というわけではありません。とはいえ、資格を持っていれば一定の知識やスキルがあるという証明になり、就職や待遇の面で有利になる可能性はあります。

アナウンサーとして働く人が取得する資格で代表的なものは、アナウンサー検定や漢字検定があげられます。アナウンサーとして活躍している人ほど資格を持っているものです。

一般的なマナーを身につけることも大切

アナウンサーとして一般常識と、きちんとしたマナーが身についていることが大切です。加えてその場の雰囲気を読み取る柔軟性や予想外の出来事にも対処できるマネジメント能力も大切になります。

アナウンサーはサポート役に回れる臨機応変さも求められる仕事です。

アナウンサーに向いている人、適性がある人

アナウンサーになるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

負けず嫌いさはアナウンサーの適性のひとつ

アナウンサーに求められる適性として、まずは負けず嫌いさがあげられます。アナウンサーとしての仕事には失敗がよくあることで、特になりたての人は生放送で内容が飛んでしまったり、言葉が出なくなることもよくあります。

失敗することで心が折れてしまうこともあるでしょう。先輩アナウンサーやスタッフに怒られることもありますが、へこたれず次のことを考えられる負けず嫌いの人は失敗をふまえて上達も早いといえます。

プレッシャーのかかる責任感のある仕事なので、気持ちとしては強気でいることが大切になります。

冷静に物事を対処できる人

アナウンサーの仕事として冷静に立ち回れる人が適性があるといえます。生放送中にトラブルがあった場合にもあたふたせずに冷静にその場の状況を判断して立て直すことができる人が向いているといえます。

プライベートで嫌なことがあっても本番にはしっかり笑顔で冷静に立ち振る舞える人がアナウンサーに向いています。

責任感も重要なアナウンサーの適性

アナウンサーはプロ意識が特に求められる仕事で、不特定多数に日々見られているという心構えが大事になります。責任感はどの仕事にも必要ですが、アナウンサーとして自分が番組の看板としてやっていくという気持ちが大切です。

体調が良くない時でも簡単に休むことができない仕事であるため、それらを感じさせないように仕事をこなす姿勢が大切になるのです。アナウンサーとして活躍している人のなかには、おちゃめで面白い人もいると思いますが、そういう人こそ基本的には真面目な性格の人が多いようです。

表現力が豊かなこともアナウンサーになるには求められる

自分を表現することがうまい人もアナウンサーに向いている人の特徴で、特別な個性が必要なわけではないですが、自分を表現して自分らしさを出せることが大事になります。

ただ原稿を読むだけでなく自分の個性を活かして感情をのせたりすることが大切になります。自分を表現することでアナウンサーとして人気を獲得するには大切なことですし、真面目に振る舞いつつも、自分らしさを出せる人は適性があるといえます。

男性なら端正な顔立ちと女性なら誰もが惹かれる笑顔

アナウンサーの仕事はテレビに露出する仕事なので、多くの人に見られる仕事になります。多くの人に見られることからルックスに魅力があることも大切で必要な要素になります。

男性であれば端正な顔立ちと清潔感のあるルックス、女性は柔らかい笑顔で可愛らしいなど、好感を持たれるタイプの人が求められます。顔立ちは男女で決まっているものなので、どうしようもない部分もありますが、髪型を変えたり、体重をしぼったり、メイクを変えたりなど清潔感を出す工夫はする必要があります。

アナウンサーになるための学校・教室

アナウンサーになるために学校に通うことは、自分と同じようにアナウンサーを目指す仲間に出会えるということです。お互い切磋琢磨し、励まし、刺激し合うこともできるのが魅力です。

アナウンサーとしての基礎が学べる専門学校

アナウンサーになるには専門学校や大学を卒業してアナウンサーの採用試験に合格する必要があります。アナウンサーになるという強い意志があっても合格できるとは限らないので、専門学校でしっかりと学ぶ必要があります。

専門学校に通うことによって専門的なコースを選択して学ぶことができますし、業界に繋がりがある専門学校も多いので就職にも有利に働くことがあります。

大学でもアナウンサーになるための勉強が可能

アナウンサーになるために学校に通う選択肢として、大学を卒業して目指す人も多くいます。アナウンサーの出身大学ランキングとしては青学や早稲田、慶應、上智など名門の大学からランクインしています。

大学のなかではミスコンが女子アナの登竜門として知られていて、ミスコン出場者のなかから多くのアナウンサーが輩出されているのです。見た目のルックスと頭の良さが必要になるアナウンサーの世界ですから目指す人は名門の大学を目指すこともひとつの方法であるといえます。

アナウンサーになるには?まとめ

資格があればベター。日本語力や一般的なマナーがアナウンサーを続ける原動力に

どんなことがあっても明るく振る舞うことと、日本語を正しく使えること、アナウンサーになるにはどんなに仕事がハードでも続けられる体力も必要です。加えて、良い意味で負けず嫌いであること、責任感のある人は、人に見られるアナウンサーの仕事で強い武器になると考えられます。

資格がなくても仕事に就くことは可能な職業ですが、資格や学歴があればベターです。専門学校で専門的なアナウンサーとして学び、大学のミスコンなどから就職を目指すことも可能でしょう。

アナウンス検定や漢字検定などの資格を持っていれば就職にも有利となる可能性があると考えられます。

アナウンサーへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

ユーキャン

アナウンサーの参考情報

平均年収700万円~1200万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アナウンサーの関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB