印刷会社社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

印刷会社社員になるには?求められることや向いている人の特徴などを具体的に解説

印刷会社社員になるには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。書籍、雑誌、チラシなど様々なもの印刷する印刷会社に勤めるためには、印刷物・紙媒体に対しての興味関心が大事です。本記事では、印刷会社社員になるために必要なこと、向いている人の特徴などについてご紹介します。

印刷会社社員になるには何が必要?

印刷会社社員になりたい方は次のようなスキルを身につけるようにしましょう。印刷会社社員は資格よりも、人間性豊かな人が活躍することができる場です。印刷会社社員を志す方は次のようなスキルを身につけるようにしましょう。

コミュニケーション能力

印刷会社社員は出版社、企業、イベント主催者、芸能事務所などさまざまな業種の人たちと仕事を行うことになります。それぞれ求めていることも異なるので、その業種に合わせて求められることを考えながら業務を行う必要があります。

また印刷を実際にする際には業者との綿密な打ち合わせも必要で、コミュニケーションがしっかり取れていないとミスをしてしまうこともあります。

コミュニケーション能力が欠けていると、さまざまなミスが考えられるので、印刷会社社員を目指すのであれば、コミュニケーション能力が必要不可欠であることを認識しておきましょう。

責任感

印刷会社社員には責任感も求められます。印刷物の中には、会社の運命を左右する出版物を担当するケースもあります。クライアントにとって大事な印刷物の担当者になった場合は、ミスをすることなく丁寧に仕事を行う必要があります。

また、ミスをしてしまうと取引が途絶えてしまうこともあります。出版業界が衰退している中で仕事の取引が減ってしまうことは、会社の業績に大きく影響を与えてしまう可能性があるため、印刷会社社員は依頼された仕事をしっかり責任を持って行う必要があります。

専門性

印刷会社社員には、印刷をする上での専門的な知識も必要になります。印刷をする上で、できないことをクライアント側にはっきり伝えることも大切な仕事です。

また、印刷物に関する知識を最低限持っていないと、クライアント側から信頼されない可能性があります。印刷会社社員になってから知識を覚えれば良いですが、入社するまでは書店でに置かれている雑誌や書籍がどのようなサイズのものが存在し、どのような加工がされているのかを把握しておくようにしましょう。

事務職と技術職の違い

印刷会社社員は事務職と技術職が分かれています。事務職と技術職では専門性も大きく異なります。

特に技術職では、印刷に使う機械やインクの成分について学ぶ必要があるので、技術職を目指す人であれば、インクには現在どのようなものが使われているか、最低限知っておくようにしましょう。

印刷会社社員に向いている人、適性がある人

印刷会社社員に向いている人や適性がある人は、一体どのような人物なのでしょうか。それぞれの人物像を紹介していきましょう。

向いている人

印刷会社社員に向いている人は、次のような人物です。次のようなスキルや特性があれば、印刷会社社員として働いても活躍することができる可能性があります。

書籍が好き

印刷会社の中でも依頼が多い仕事は、雑誌、小説などをはじめとした書籍関連の依頼です。書籍にはさまざまなサイズのものがあり、印刷をする上でそれぞれの特徴を知っておく必要があります。

雑誌の印刷では、データ上の色と印刷された書籍の色味が異なることもあります。出版物によって、求められることも異なるため、雑誌だけでなくさまざまな出版物を見たことがある人であれば、印刷会社社員になってからも知識を活用することができるでしょう。

アイデアを考えることが好き

印刷会社社員は、ただクライアントから言われた通りのものを印刷しているだけではありません。時には印刷会社側から提案をすることもあります。

場合によっては、書籍を売るためのアイデアや、広告でインパクトを与えるための素材の提案などを行うこともあります。クライアントからアイデアを求められることもあるので、柔軟な発想ができる人は活躍できる可能性があります。

交渉能力が高い

印刷物によっては、うまく印刷することができないケースや、失敗してしまうケースも考えられます。このような印刷物に対して、失敗してしまう恐れがあることをクライアント側に伝えなければなりません。また、価格面で交渉を行うこともあります。

交渉力がある人であれば、クライアントが納得しかねない状況でもうまく話を進めることができる可能性があるので、交渉能力が高い人は印刷会社社員として活躍することができるでしょう。

適性のある人

印刷会社社員として適性がある人物は次のような人物です。

作り手目線で考えられる

印刷会社社員は、クライアント目線で依頼された仕事を考えなければならないケースが多くあります。

特に、写真集などでは、印刷した時にどのような出来になるのかを考えなければいけません。作り手目線で考えると、どのようなことを印刷会社に求めているのかを想像することができるので、トラブルなく仕事を行うことが可能になります。

技術職であれば、どんな出版物であればクライアントが喜ぶのかを考えながら開発をすることができます。リアルな色に近いインク、耐性の強いインク、出版業界で表現が弱い色など、さまざまな課題をイメージしながら研究することができ、クライアントが喜ぶような開発を行うことができる可能性があります。

印刷会社社員になるための学校・教室

印刷会社社員になるための学校や教室は存在していません。印刷会社社員として必要なスキルを学びたい方は、次のような方法で役立つスキルを身につけるようにしましょう。

独学で学ぶ方法

印刷会社社員として独学でスキルを学ぶ方法として、次のようなものがあります。学校や教室の代わりとして、自分に合った学習方法を身につけましょう。

パソコン系の学校に通う

印刷会社社員になると、データ上でのやりとりをクライアントと行うことになります。パソコンの知識がないと、印刷をする上でどのような操作が必要なのか、パソコンの操作で苦労をしてしまうことがあります。

パソコン系の学校に通い、最低限のパソコンスキルを学ぶようにしましょう。特にフォトショップやイラストレーターは、クライアントとやりとりをする上で必要なソフトになるので、これらの使い方を学ぶようにしましょう。

デザイン系の学校に通う

パソコン系の学校以外でも、フォトショップやイラストレーターの使い方は学ぶことができます。レイアウトを学ぶという意味で、デザイン系の学校を選択しても良いでしょう。

デザイン系の学校に通えばパソコンの使い方だけでなく、カラーコーディネートスキルも学ぶことができるため、クライアントの要望に対して専門的な立場からアドバイスをすることも可能です。

同人誌を作る

同人誌を手がけることになれば、原稿から出版までの流れを体感することができます。出版する上で何が必要になるのか、どのようなことが苦労するのかをクライアント目線で考えることができます。

クライアントの気持ちを理解しておけば、クライアントとの打ち合わせをスムーズに行うことができます。初めて書籍、雑誌、チラシを印刷するクライアントに対して、ポイントを抑えてアドバイスすることができるので、トラブルなく仕事を行うことができます。

印刷会社社員になるには?まとめ

印刷物に興味を持つことが第一歩

印刷会社社員になるには、さまざまなスキルが求められます。その中でも最も大切なことは、印刷物への関心です。紙媒体への関心があれば、出版をする上でどのようなことが大切になるのか理解を深めることができます。

印刷会社社員を本気で志したいのであれば、まずは書店などに足を運び、どのような印刷物があるのかを知るところから始めましょう。

印刷会社社員の参考情報

平均年収400万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

印刷会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB