印刷会社社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

印刷会社社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

印刷会社社員の仕事と聞くと、クライアントから依頼されたデータをただ印刷する仕事と思われがちですが、実際にはそのように単純ではありません。印刷にかかわる打ち合わせ・校正・検品、企画の提案、可能な印刷内容の提示、納期の調整など多岐にわたります。本記事では、印刷会社社員の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

印刷会社社員とはどんな仕事?

印刷会社社員は、どのような仕事に日々取り組んでいるのでしょうか。印刷会社社員の仕事内容を紹介していきましょう。

書籍の出版に携わる

印刷会社社員として花形とも言える業務が書籍の出版に携わる仕事です。企画段階から担当することもあります。

書籍は全国で流通するケースが多く、読者に手にとってもらうためにはどのような印刷をすれば良いのか、印刷会社社員が依頼された資料を元に形にする方法を業者やデザイナーと打ち合わせを行いながら検討します。

全国流通の書籍は失敗が許されない

全国流通する書籍は販売されたら文字が切れていた。色味がおかしかったという失敗は決して許されません。

印刷にかける前段階でサンプルをチェックし、誤字や色味が間違っていないかを確認しながら印刷を行うため、印刷会社社員としては最も緊張感を持って仕事を行わなければならない職業だといえるでしょう。

チラシなどの印刷

書籍以外ではチラシの印刷を行うことがあります。チラシも企画段階から携わることがあり、どのような大きさのチラシにするか、紙質はどのようなものにするかを検討しながらデザイナーと打ち合わせをしてチラシとして印刷を行います。

書籍と同程度需要がある

チラシの印刷はB to Bがメインですが、最近では個人で依頼するサービスを提供している印刷会社も少なくありません。

個人の場合会社と異なり、印刷に関して全く知識がない状態で依頼を行うことがあるので、会社側は利用者にわかりやすい説明を行うことが必要不可欠になります。

印刷会社社員の仕事の具体的な内容

印刷会社社員の具体的な仕事内容はどのようなものがあるのでしょうか。より詳しく仕事内容を紹介していきましょう。

書籍の印刷

書籍の印刷では企画~印刷まで印刷会社社員が担当するということは、先ほどの説明で理解することができました。それでは、一体どのような流れで書籍の形になるのか段階を追って説明していきましょう。

打ち合わせ

クライアントからどのような書籍を作りたいのか依頼を受けて打ち合わせを行います。この時、印刷するサイズや出版する書籍の種類をヒアリングした上で適切な方法を印刷会社社員が提案します。

提案後はクライアントからデータを受け取り、実際に印刷するまでに何が必要かデザイナーやクライアントと打ち合わせを行いながら資料を作成します。書籍は紙媒体にしなければいけないので、印刷できる範囲をはっきりと示しておく必要があります。

入念な打ち合わせを行うことでクライアントやデザイナーとの認識のズレを解消し、完成に向けてプロジェクトを進めていきます。

校正

データが揃ったところで校正を行います。この時に行うことは誤植や誤記の確認です。どのような書籍でも誤植が発生してしまいます。

間違ったデータを業者に依頼すると間違ったものがそのまま印刷されてしまうケースがあるので、本当に間違った箇所がないかをチェックします。

検品

校正で問題がなければ一度データを完成品まで作りあげて問題がないかチェックをします。サンプルをクライアントに提出し、思っていた書籍として完成されているかを確認してもらい、問題なければ実際に印刷します。

このように、印刷会社社員はチェックを何度も行い、クライアントのイメージとあっているかをチェックする仕事です。

企画の提案

印刷会社社員はチラシやポスターの際に企画を提案することがあります。依頼された仕事だけをこなしていくだけでは印刷会社も生き残ることが難しくなっているため、最近では企画の提案を積極的に行なっている印刷会社も多くあります。

可能な印刷内容の提示

企画を提案する際は、実際に印刷会社ではこのようなことができるとクライアントに示し、依頼をするか検討してもらいます。

技術力の高い印刷会社であれば、他の会社でできないような印刷を実現させることも可能なので、印刷会社の技術力で仕事を得ることもあります。

納期の調整

実際に依頼することが決まった場合は納期の検討を行います。商品によっては納期を急がなければならないケースもあるので、デットラインを決めてどのようなデータをどれくらいまでに欲しいのかクライアント側に提示して作業を進めることもあります。

印刷会社社員の仕事のやりがい

印刷会社社員の仕事のやりがいはどのような点にあるのでしょうか。印刷会社社員の仕事のやりがいを紹介していきましょう。

自分の苦労が目に見える形でわかる

印刷会社社員の仕事は、企画から印刷まで担当することもあるので自分の努力が形としてはっきり確認することができます。

特に自分が初めて任された仕事であれば、サンプルを印刷して何度も失敗しながらクライアントとの交渉を行う、イラストレーターと入念な打ち合わせなど印刷会社社員でしかわからない苦労が多くあります。

これらの大変な仕事でも印刷物として形になり、クライアントから「良い作品を作ってくれてありがとう」と言われたら自分の仕事が無駄ではなかったと達成感を感じることができるでしょう。

人に見えないところで行なった努力が印刷物という目に見える形ではっきり現れるので、仕事に一生懸命打ち込むことができます。

人から感謝される

印刷物の中には命運をかけた書籍、チラシ、同人誌などがあります。このような大切な印刷物を担当すると、依頼側から感謝されることがあります。

「あなたのおかげでプロジェクトが成功したありがとう」と言われることもあるので、この時はこの仕事を本当にやって良かったと心から感じるでしょう。

作り手目線で仕事ができる

印刷会社社員として印刷に携わっていると作り手目線で書籍、チラシなどをどのように作れば良いかを考えることができます。

このスキルを持っていることで、仕事でクライアントとの打ち合わせで役立てることができるだけでなく、プライベートでチラシや同人誌を作る時に役立てることができます。

パーティーの招待状をプライベートのイベントで引き受けることになった時は、一般人が作る招待状とは違うクオリティの作品を作ることができる可能性があるので、依頼された友達から感謝されるでしょう。

問題点を自分で発見する

印刷会社の業務の多くはルーティーン化された物が多いので、何も考えずに仕事をすると「作業」のように感じてしまいます。このような状況下でも意識を持って仕事をすれば、新たな問題点を発見し会社にたいして問題点を指摘し改善に向けて動くことも可能です。

下降線をたどっている業界だからこそ、働き方によっては自分の仕事の幅を広げていくことができるので印刷会社社員になったら高い意識を持って仕事に取り組むようにしましょう。

印刷会社社員の仕事内容まとめ

自分で業務の楽しさを再発見する仕事

印刷会社社員の業務は、チラシや書籍を形にする上で欠かすことができない仕事です。インターネットの発達などによって、現代ではペーパーレスでのやりとりが多くなってきています。

そのようなこともあり、印刷会社社員としての仕事内容が変化していると考えられますが、業界で生き残るためにはどのようなことが必要かを考えながら働けば、やりがいのある仕事だと感じることができるでしょう。

これから印刷会社社員として働きたいという方は、今回紹介した内容を意識した上で自分に合う印刷会社を探すようにしましょう。

印刷会社社員の参考情報

平均年収400万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

印刷会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB