住宅メーカー社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

住宅メーカー社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

住宅メーカー社員として働く上で、資格や試験に合格していれば就職や転職の際に有利に働く可能性があります。今回は住宅メーカー社員に関連する宅建士や不動産鑑定士の試験の情報をご紹介します。

住宅メーカー社員の資格、宅地建物取引士とは?

売買や賃貸の重要事項説明が出来る

宅地建物取引士は不動産業界では有名な資格の一つです。宅建と呼ばれ多くの人が受験する国家資格で、不動産契約をするにあたり重要事項の説明が出来る資格です。

重要事項の説明に資格が必要となっているのは、不動産の取引は何千万、何億という金額なので、不正な契約を結ばないために必要なのです。

住宅メーカー社員として住宅の購入の際に契約を結ぶことになるので、重要事項説明が出来る宅地建物取引士の資格が必要になります。

宅地建物取引士の試験概要・難易度・合格率

難易度は高め。十分な試験対策を

宅地建物取引士試験は、筆記試験が中心で、四者択一の50問出題されます。合格ラインは毎年異なりますが、6割〜7割になることが多いです。

宅地建物取引士の合格率は毎年異なりますが、約20%とされています。法律についての学びが必要になるので、普段見慣れない言葉を覚えないといけません。

難易度は高い国家試験ではありますが、毎年多くの人が受験している人気のある資格の一つです。

宅地建物取引士の試験概要

合格率 全国平均 約20%
受験資格 特になし。誰でも受験可能
受験費用 7,000円
出題範囲 土地の形質、地積、地目、構造及び種別、権利、法令、法令上の制限、宅地及び建物についての税、需給に関する法令及び実務、価格の評定に関すること、同法の関係法令

反復して知識を定着させることが合格のカギ

宅地建物取引士の資格取得には、反復して知識を定着させることが大切になります。宅地建物取引士の試験では、範囲が広く不動産だけでなく、法律についても理解していなければいけません。

テキストを利用して独学で学習している人も多いですが、テキストもジャンルによって何冊も出ていて、数冊購入して学習する必要があります。テキストで学習する場合には、その年によって法律が細かく変わる場合が多いので、最新の情報で学習することが大切です。

宅地建物取引士は、通信講座やスクールに通って学習することもできます。自分の好みの学習方法を選択して、効率よく学習するようにしましょう。

登録講習を受ければ合格しやすくなる

宅地建物取引士の試験には登録講習を受けることができます。不動産業界に一定期間従事する必要がありますが、5問免除というアドバンテージをもらえます。

全体的な合格率にも影響しているので、5問免除の登録講習はうまく活用しましょう。

住宅メーカー社員の資格、不動産鑑定士は?

土地・建物へのスキルを認定する資格試験

不動産鑑定士は、3大国家資格の一つです。土地や建物の評価や活用法のコンサルティングなど幅広い仕事内容があります。

不動産の利用価値と経済の環境や影響を考えて評価をする仕事なので、不動産鑑定士は幅広い知識が必要な仕事になります。

不動産鑑定士の試験概要・難易度・合格率

試験の難易度は高め。合格すれば信頼度も高い資格

不動産鑑定士は試験の難易度でいうとかなり難しい部類に入ります。マークシート試験と論文が試験内容で、どちらも合格してはじめて資格を取得できます。

合格率はマークシート試験が33.3%、論文式が14.8%となっています。不動産鑑定士の試験では論文式の方がウエイトは大きいと言えます。

不動産鑑定士の試験概要

合格率 約15%
受験資格 特になし。誰でも受験可能
受験費用 電子申請の場合:12,800円
書面申請の場合:13,000円
出題範囲 ■マークシート
不動産に関する行政法規(土地基本法、都市緑地法)、不動産の鑑定に関する理論、民法、経済学、会計学、不動産の鑑定に関する理論

不動産鑑定士試験は暗記力が勝敗を分ける

不動産鑑定士試験は難易度が高く、法律に関する範囲が広い特徴があります。都市計画法や建築基準法などをメインに学習すると良いでしょう。

覚えることは多いので、長期的な学習が必要です。マークシート試験だけでなく論文試験もあるので、文章が書けるように練習しておく必要があります。不動産鑑定士の論文試験は時間がタイトなので、じっくり考えている余裕はありません。

覚えていることを頭の中でイメージして、論文を書き続けることが大切です。不動産鑑定士試験は暗記力が勝敗を分けると言っても良いでしょう。

その他、住宅メーカー社員に関連する資格

国家資格以外にも住宅メーカー社員に関する資格はさまざま

宅地建物取引士や不動産鑑定士の資格以外にも住宅メーカー社員に関する資格はいくつかあります。

  • インテリアコーディネーター
  • 土地家屋調査士
  • 建築士
  • ライフスタイルプランナー

一覧にあるインテリアコーディネーターは、住宅メーカーや工務店で設計や商品の選択相談などが出来る資格です。女性に人気の高い資格ではありますが、住宅メーカー社員としては取得しておくと仕事の幅が広がるでしょう。

一覧にある土地家屋調査士は、土地の境界に対するスペシャリストです。不動産において土地の境界ということはとても大切なポイントです。土地や建物がどこにあるのかを登記簿で明確にする資格です。

住宅メーカー社員の資格が取れる学校

京都建築大学校

京都建築大学校では住宅メーカー社員を目指す人のために建築科建築コースが設けられています。建築に対する基礎的な知識を習得するために、実習メインのスタイルが特徴的です。

初心者でも一から学ぶことが出来るカリキュラムで、資格取得しやすい環境。住宅メーカー社員に必要な資格やスキルを短時間で凝縮されたカリキュラムによって習得することが出来ます。

就職に強いサポート体制が魅力

京都建築大学校では、就職に強いサポート体制が魅力です。数多くの資格を取得出来る環境で、就職の実績も優秀です。

進路指導室が就職をしっかりとサポートしてくれるので、就職の不安は軽減されるはずです。Uターン就職や就職保証制度などきめ細やかなサポートが魅力です。

大阪工業技術専門学校

大阪工業技術専門学校では住宅メーカー社員を目指す人のために建築学科が設けられています。デザインや構造、現場監督など建築に対する知識を身につけることが出来ます。

技術力の向上に加えて、プレゼンテーションや企画力を身につけることができるので、住宅メーカー社員として営業でも設計でも活躍に繋がるでしょう。適性の分野を探りながら幅広く学習できる環境なので、資格取得もしやすいと言えるでしょう。

大阪工業技術専門学校では、業界のプロを招いた授業が魅力的です。プロによる指導によって実践的な学びが可能、就職による不安も軽減されるはずです。

働くことの理解を深める就職サポートが魅力

大阪工業技術専門学校では、自分の進路を決めるために働く理由を考えることから始まります。働くという理解をすることで、就職した後でも続けられる力を身につけられます。

進路支援は生徒1人1人個別に対応します。それぞれ目標は異なりますので、目標に向けてのサポートを行っています。

インターンシップも充実

大阪工業技術専門学校では、幅広い学べる魅力がありますが、理論で学んでも実際の現場で活用できるとは限らず意味がありません。

実践力を身に付けられるプロジェクトを取り入れています。インターンシップを活用することで就職した後もストレスなく仕事に取り組めるでしょう。

住宅メーカー社員の資格・試験まとめ

住宅メーカー社員になるなら2つの国家資格、宅地建物取引士と不動産鑑定士の試験合格を目指そう

住宅メーカー社員の仕事は特別な資格がなくても業務に就くことは可能です。ですが、就職や転職を考えている場合には、資格を持っている方が良いでしょう。

国家資格である宅地建物取引士や不動産鑑定士試験に合格すれば、一定のスキルの証明に役立つでしょう。住宅メーカー社員に関する資格は国家資格以外にも多くの試験が行われています。

まずは宅地建物取引士と不動産鑑定士の資格取得を目指しつつ、理想とする住宅メーカー社員像に役立ちそうな資格を取得してみたらいかがでしょうか。

住宅メーカー社員の参考情報

平均年収500万円〜700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

住宅メーカー社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB