マーケティングの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

マーケティングの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

日常生活の中で「この商品買いたい!」「このサービスは便利でいいね!」と思い、実際にその商品やサービスを購入、利用した方は多いのではないでしょうか。実は、その購買意欲を呼び起こさせているのがマーケティングの力なのです。この記事では、マーケティングの具体的な仕事内容をお伝えします。

マーケティングとはどんな仕事?

商品やサービスを売り出す戦略家

マーケティングの仕事とは、商品やサービスを多くの消費者に知ってもらい、購買意欲を高めることで売上アップに貢献する仕事です。つまり、マーケティング担当者は、モノやサービスを売り出す戦略家と言えます。

新しい商品やサービスを作り出した際、それが非常に魅力的なものであったとしても、ただ店舗に並べ、看板を掲げるだけでは大きな売上は期待できないでしょう。多くの消費者に商品やサービスを認知してもらい、消費に繋げるには効果的な戦略が必要なのです。

マーケティングの仕事は4種類

マーケティングの仕事は4つの役割に分けられ、実際にどの役割を担当するのかは企業規模や従業員数などによります。

■情報収集や分析

市場調査やデータ分析の結果をもとにレポートを作成する場合があります。

■企画

商品やサービスのコンセプトや売り出し方法を企画する仕事です。メディアを通じて消費者に広くPRする広報の役割も担う場合があります。

■コピーライター

コンセプトをもとに、多くの消費者の購買意欲をかき立てるキャッチコピーを考えます。

■消費行動の分析やWEB対策

実際に商品やサービスを利用する消費者の消費行動を分析します。最近では、WEB上での消費行動を分析し、WEB上での認知度を高めるSEO対策なども主流になっています。

マーケティングの仕事の具体的な内容

市場調査やデータ分析の仕事

市場調査や分析はマーケティングの基本と言われており、非常に重要な仕事です。特に、新しい商品・サービスを開発する場合、市場調査やアンケート結果を分析し、消費者の特性や嗜好を知ることで、消費者に求められているものを知ることができるのです。

また、消費者の潜在的なニーズを把握することで、新しい商品・サービスを売り出すためのコンセプトを明確にすることができます。「どのような消費者にどのような商品を売り出すか」というコンセプトが定まることで、ターゲットとする消費者に向けて効果的な宣伝を行うことができるのです。

この市場調査やデータ分析は、社内のマーケティング担当部署で行う場合もありますが、外部の調査会社に調査や分析を依頼し、社内のマーケティング担当者は分析結果をベースにコンセプトを検討するという場合もあります。

そのような場合であっても、マーケティング担当者は市場調査を全くしなくていいという訳ではありません。マーケティング担当者は、常に世の中のトレンドを把握しておく必要があります。日頃から、市場で求められているものは何なのか、これから何が売れるのかを肌感覚で掴んでおくことも重要です。

商品やサービスの「売り出し方法」を考える仕事

市場調査や分析結果によって得た情報をもとに、どのような方法で売り出すのかを考えるのもマーケティング担当者の仕事になります。時には、新しい商品・サービスだけではなく、既存のものを改良し、売上アップを図る場合もあります。

いずれの場合も、ターゲットとする消費者の購買意欲を高めることを目的として、どのようなアプローチ方法が良いのかを考える仕事です。最近ではCMやDMだけではなく、SNSなどのソーシャルメディアを活用するケースも増えています。最適なアプローチをするためにも、現在の市場や広告媒体を把握することが重要です。

コンセプトに沿っているかを統括する仕事

商品・サービスを売り出すコンセプトや売り出し方法が決まると、その商品・サービスを流通させるための計画が一気に動き出します。実際にそれらの商品・サービスが市場に流通するまでの間に、あらゆる事柄を判断しなくてはなりません。

その際、最初に決めたコンセプトや売り出し方法に沿った内容となっているかを確認するのもマーケティング担当者の仕事になります。一つの商品・サービスに数多くの人が関わることになるため、すべての決定事項が当初のコンセプトに沿っているのかを確認する必要があります。

売れる商品名や宣伝文句を考えるコピーライターの仕事

ターゲットとする消費者の心に届くキャッチコピーを考えるのもマーケティグ担当者の仕事になります。世代や性別、職業などの属性によって受け入れられる価値観が異なるため、どのようなターゲットにどの言葉が響くのかを表現する仕事になります。

マーケティング担当者として、市場調査の段階でターゲット層にアンケート調査をする場合もあります。例えば、子育て中の母親向けに化粧品を開発する場合、実際に子育て中の母親を集めて意見を募り、アンケート調査を行うことでターゲット層のニーズを明確にするのです。

そのときに、どのようなキャッチコピーがターゲット層に受け入れられるのかを意識して調査する必要があります。加えて、豊かな語彙力も必要になるでしょう。

WEB上で顧客の消費行動を高める仕事

最近では、スマートフォンの普及によってWEBサイト上で商品・サービスを購入する消費者が増えています。そのことから、WEBサイトへの集客を増やすための「WEBマーケティング」という手法が多く採用されています。

■WEBマーケティングの仕事
  • 検索順位が上位になる対策(SEO対策)
  • WEB上での広告を運用する

多くの企業は、WEBマーケティングの専門企業にSEO対策や広告を外部委託する傾向にあるため、WEBマーケティングの仕事内容に関心がある方は、専門の会社に就職するのが良いでしょう。

WEB検索順位の対策(SEO対策)

消費者がインターネット上で商品・サービスを購入する場合、検索順位が上位となるサイトで購入するケースが多い傾向にあります。検索結果が上位となるサイトほどアクセス数が良好となるため、SEO対策が重要視されているのです。

■SEO対策の手法
  • WEB上に新しいコンテンツの掲載を続け、サイトの質の高さを追求する仕事です。
  • 多くの人から紹介されるサイトとなる(外部からのリンクを貼ってもらう)工夫や企画をする仕事です。

WEB広告を運用する仕事

インターネット上で様々な広告をうち、消費者の購買意欲を高め、特定の商品・サービスのWEBサイトの閲覧者を増やす仕事になります。

最も代表的なものに、リスティング広告があります。インターネットでキーワード検索すると、検索結果ページの上部に広告が掲載されており、その広告のことをリスティング広告と言います。

このようなリスティング広告以外にも様々な広告の手法があるため、顧客の予算や要望などに応じて最適な広告を打ち出すのが、WEBマーケティング担当者の仕事になります。

■WEB広告の種類
  • リスティング広告
  • SNS広告
  • アドネットワーク広告
  • ネイティブ広告
  • アフィリエイト広告
  • リターゲティング広告

マーケティングの仕事のやりがい

社会や市場のトレンドを知ることができる

マーケティングの仕事の中で、市場調査や分析が重要であることを先ほどお伝えしました。

マーケティング担当者は、常に「次は何が売れるか」という感覚で仕事をする必要があります。また、実際に社会や市場の流行に触れる機会が多いため、最新のトレンドを知ることができるのは非常に刺激的で大きなやりがいとなるでしょう。

市場調査や分析の作業は、時間と労力を必要とする地道な仕事です。しかし、そこから見つかる社会の「リアル」を商品やサービスに落とし込み、「今求められているもの」を現実に作り出すことができるのはマーケティングの仕事の醍醐味と言えるでしょう。

企業の売上に貢献できること

マーケティングは成果の分かりやすい仕事です。売り出し方法が社会や市場とうまく合致していないと売上が伸び悩みます。しかし、質の高いマーケティングができた場合は、売上に大きく貢献することができるのです。自ら仕掛けた仕組みが成功し、売上が大きく伸びたときの達成感は大きなやりがいとなるでしょう。

新しい商品やサービス作りで創造力を活かす

マーケティングの仕事は自らの企画力が試される仕事でもあります。新しい商品やサービスを売り出す手法に正解はありません。過去と同じ手法を取ったとしても必ずしも成功するとは限らず、その時々によって社会情勢や消費者の志向も変化しています。

そのため、マーケティング担当者のアイディア次第で、ターゲットとする消費者の購買意欲を大きく高めることができるのです。自らの創造力を発揮できるため、マーケティングの仕事の中でも最も面白い仕事と言えるでしょう。

多くの人と出会える仕事

マーケティング担当者は、新しい商品・サービスを生み出す過程や既存のものを改良する過程において仕事をする機会が多いため、他の部署や社外の方々と交流する時間も長くなります。そのため、部門や会社の壁を越えた人々との交流をすることができ、人脈や見識が広がることも大きなやりがいとなります。

その結果、社会や市場の動向に関する知識も広がり、マーケティング担当者としての守備範囲も広がることが期待できます。

マーケティングの仕事内容まとめ

マーケティングの仕事は情報収集力と創造性を発揮できる仕事

マーケティング担当者の仕事は、商品やサービスの売上アップを最大の目的として、売り出す仕組みを考える戦略家と言えるでしょう。

まずは、社会のニーズや市場動向を探るために情報収集やデータ分析が必要となります。その上で、ターゲットとする消費者を定め、コンセプトや売り出し方法を決定します。

マーケティング分析には数字を多く扱う仕事ですが、想像力やコミュニケーション能力も発揮できるやりがいの大きな仕事です。

マーケティングの参考情報

平均年収500万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

マーケティングの関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB