マーケティング職で働くには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

マーケティング職で働くには?必要資格や向いている人の特徴などを具体的に解説

専門的な分野で活躍するマーケティング職に就くには一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。今回はこの記事でマーケティングの仕事のための必要なスキルや持っていると役立つ資格、向いている性格的特徴などを紹介します。

マーケティング職で働くには何が必要

マーケティング職に就くには市場観察力が必要

マーケティングの仕事をするには自社商品や市場や競合の洞察力が必要になります。日常生活のなかでも市場の動きに目を光らせる必要があるので、金融業界のトレーダーと同じような洞察力がポイントになります。

マーケティングをするうえでは市場と顧客を取り巻く状況について早く理解して行動する仕事が求められるのです。

ユーザーへの理解力がマーケティングの仕事に役立つ

マーケティングにはユーザーへの理解が必要になります。顧客がどういう経路で商品やサービスに興味を持つかということがユーザーへの理解力になります。

感情的な思いやりではなく自分の商品やサービスがどうすればユーザーのメリットになるかということを市場調査やアンケートから分析していきます。

仮説を立てて実行する能力もマーケティングの大切な要素

仮説を立てて実行する能力はマーケティングを行ううえで経験やスキルを積むために必要な能力です。マーケティングの仕事は市場でのシェア率や何をすべきなのかということを常に仮設を立てて行動する必要があります。

間違った場合でも次の改善に生かす考え方も重要になり、仮説を立てて実行することがマーケティングの仕事に求められるスキルのひとつといえるでしょう。

体力も必要なマーケティングの仕事

マーケティングの仕事はかなりハードなので、基礎体力があることが重要です。マーケティングでは常に仮設を立てて考えることが必要で、夜遅くまで残業をすることもあるので、肉体的にも負担のかかる仕事といえます。

身体も頭も使う仕事なので、良いパフォーマンスを実現するためにも体が資本となります。ふだんから自己管理をしっかりして、体調を崩さないようにすることも大切です。

絶対必要ではないがマーケティングに関する資格がある方が有利

マーケティングの仕事をする際には、何か資格が絶対必要ということはありません。とはいえ、資格を持っていれば一定の知識やスキルがあるという証明になり、就職や待遇の面で有利になる可能性はあります。

マーケティングの仕事をする際に必要な資格で代表的なものとしては、マーケティングビジネス検定やWebアナリスト検定があげられます。

マーケティングに向いている人、適性がある人

マーケティングの仕事をするには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

コミュニケーション能力はマーケティングの適性のひとつ

マーケティングの仕事をするうえで求められる適性のひとつにコミュニケーション能力があげられます。働く場所にもよりますが、商品開発や営業、宣伝などと連携して仕事を進めることが一般的です。

マーケティングの仕事は各部署の意向をくみ、顧客目線で商品やサービスのコンセプトを提案したり、コンセプトに沿って行われるように管理も行います。マーケティングは人との関わりや大勢で力を合わせて物事を実現することが好きな人であれば難しい局面も乗り越えやすくマーケティングの仕事にも適性があるといえます。

人と会話することも多く、部署と連携することもあるマーケティングの仕事はコミュニケーション能力が大切になるのです。

マーケティングは数字の強さを生かせる仕事

マーケティングの仕事は華やかな職種というイメージがあると思いますが、地味な調査が仕事の始まりになります。消費者や業界動向についての市場調査をネットや電話で行い、対面で実施して情報を集めることが大切になります。

集めた大量のデータは数ある統計手法で分析して、解析ツールで解析も行い、数字を多く使う仕事です。数字を多く使って手間と時間のかかる仕事なので数字に強く細かな作業が苦ではない人が向いているといえます。

どちらかというと文系よりも理系の人がマーケティングの仕事をする人が多いようです。

ミーハー指数の高い人は向いている

マーケティングの仕事をするうえでの情報収集は市場調査だけではなく、普段の生活からも顧客の価値観や暮らし、社会の変化を知るために幅広く情報を集めることが必要になります。

流行りのスイーツやアクセサリーなどのトレンドをおさえて、広告のキャッチコピーや政治、経済の変化などすべてにおいてアンテナを立てて、新しい動きを捉えなければいけません。そのためにマーケティングの仕事をする場合には好奇心旺盛でミーハーな人ほど、マーケティング職への適性が高いといえます。

想像力が豊かであることもマーケティングの仕事に向く

集めた情報や調査結果を前に、顧客の好みや新商品のコンセプトを練ることもマーケティングの仕事です。現在流行っているものやキャッチコピーがなぜ心に響くのかを考えながら顧客や社会が求めているものを推し量ります。

求めているものを反映させた商品やサービスを作るとしたらどんなものができるかを思い描くことも必要になります。マーケティングの仕事をするにはたくましい想像力を持っている人が適性といえます。

マーケティングになるための学校

マーケティングの仕事をするために学校に通うことは、自分と同じようにマーケティングを目指す仲間に出会えるということです。お互い切磋琢磨し、励まし刺激し合うこともできるのが魅力です。

マーケティングの基礎が学べる専門学校

マーケティングの仕事をするために専門学校に通う人は多いです。顧客満足を最大限に提供できる販促手法を学ぶことができるので、時代の変化に対応できる戦略眼を養うことができます。

専門学校ではビジネス力を伸ばすワンランク上の授業でキャリアアップを狙うことができます。

カリキュラムやサポート内容を比較して学校選びを

マーケティングの仕事を目指すための専門学校は全国にあり、選択肢は豊富にあるといえます。専門学校のなかには現役のプロマーケターから直接の指導を受けられたり、自由にコース選択ができることもあります。

資格取得支援や就職サポートがしっかりしている学校であれば卒業後も安心して進むべき進路を決めることができます。全国に数あるマーケティングの仕事に就くために学べる専門学校ですが、カリキュラムやコース、サポートについての内容を比較して学校選びをすることがポイントといえます。

大学でもマーケティングの仕事をするための勉強が可能

マーケティングの仕事をするために学校を通う選択肢として専門学校以外にも大学で学ぶという選択肢もあります。マーケティングを学ぶには経済学部や経営学部、商学部などでマーケティングの分野が含まれる場合も多いです。

それぞれの大学の学部によってもマーケティングについての授業内容が異なるので、詳しく確認してからそれぞれの大学の学科を選択することが肝要です。

マーケティング職で働くには?まとめ

資格があればベター。数字の強さやコミュニケーション能力がマーケティングを続ける原動力に

数字に強いことやコミュニケーション能力に長けていることが必要です。また、マーケティングの仕事をするには、どんなに仕事がハードでも続けられる体力が必要です。加えて想像力が豊かであり、流行に敏感な人は、細かい分析が必要なマーケティングの仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でもできる職業ですが、資格や学歴があればベターです。専門学校や大学でマーケティングの知識の基本を学んだり、マーケティングビジネス検定やWebアナリスト検定などの資格を持っていれば就職や現場で有利になる可能性があるでしょう。

マーケティングへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

マーケティングの参考情報

平均年収500万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

マーケティングの関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB