内部監査になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

内部監査になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

専門的な分野で活躍する内部監査になるには一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。今回はこの記事で、内部監査に必要なスキルや持っていると便利な資格、向いている人の性格的特徴をご紹介します。

内部監査になるには何が必要?

内部監査という職業は企業の中で独立した立場で企業経営や業務の状況を確認する役割があります。主観的な視野や先入観を含めずに物事を広い視野で捉えて第三者的立場で判断することが大切になります。

1つの考えではなく、幅広い見方をする事が内部監査には重要な要素になります。

人の話をしっかり聞けるかが内部監査の仕事に役立つ

内部監査という仕事はそれぞれの会社の働き方を把握して社員と関わりを持つこともあります。各部門の業務内容や働き方を把握するために社員の話を聞くこともよくあります。内部監査には立場関係なく対等に人と話せて人の話をしっかりと聞ける人が求められるのです。

内部統計知識も内部監査の大切な要素

業務の中に統制の仕組みがあるか、決められた通りに運用されているかを業務内容としている内部監査では、内部統制の仕組みについての深い知識が必要とされます。

統計環境や権限分類、承認など専門的な知識が必要になるので、監査の定義や役割としっかりと理解して予備調査から監査報告までのプロセスを素早く習得することが必要になります。監査手続きである確認や観察、質問の取得にも努めることが大切になるのです。

体力も必要な内部監査の仕事

内部監査の仕事はとてもハードなものです。頭を使う仕事であるため精神的にも負担がかかり残業で日をまたぐ場合もあります。加えて内部監査に必要な知識やスキルや経験が仕事に影響を与えやすい仕事であるので、初めて内部監査の仕事に就く人は続けることを躊躇う人も多いのです。

専門的な分野だからこそスピーディーに仕事を理解する必要がありますが、同時に心が折れないように自己管理をしっかりと行い、体調を崩さないようにすることも大切です。

監査のスキルは内部監査に大きく求められる

内部監査の仕事では監査のスキルがとても大事になります。一定の基準やルールが存在しているので、そのルール通りに業務が運用されているかを保証します。内部監査は監査の定義や役割を理解して、予備調査から監査報告まで一連を熟知しなければいけません。

監査のスキルを持っていればスムーズに事を進められるのでとても大切になるといえます。

絶対必要ではないが内部監査に関する資格があるほうが有利

内部監査になるには、何かの資格が絶対必要というわけではありません。とはいえ、資格を持っていれば一定の知識やスキルがあるという証明になり、就職や待遇の面で有利になる可能性はあります。

内部監査として働く人が取得する資格で代表的なものは、内部監査士が挙げられます。

内部監査に向いている人、適性がある人

内部監査になるには、持って生まれたセンスや性格的な要素も影響することが多いです。

観察力は内部監査の適性のひとつ

ルールに基づいてしっかりと事業が営まれているかを確認する業務が中心の内部監査ですが、間違いを見つけ出すことも非常に大事なことで、それには観察力が必要になります。

監査中に少しでも違和感があれば徹底的に調べていくことになります。うやむやにせず、注意深く物事を見ることができる観察力に優れている人は内部監査として適性があると考えられます。

経営にも興味がある事も大事

内部監査の仕事では長期的な目線でこれからの組織をしていくかを考える時間が多くあります。裏方的なポジションではありますが経営に近い役割の仕事をしていくので、縁の下の力持ちとなって会社をより良くしようという思いがある人は内部監査の適性があるでしょう。

細かい作業が好きな人

内部監査の仕事はとても細かい作業が求められます。内部監査の実施から完了までは監査計画、予備調査、本調査で評価報告の後にはフォローアップとなります。

監査計画では監査する要員の選定をしますが、成功を大きく左右するものなので細かく決めていく必要があります。予備調査では目的や手順とリスクを丁寧に認識することが大事で、時間と労力が無駄にならないように注意します。本調査では識別や分析、評価を行いますが、内部監査の仕事は全ての段階で細かく作業しなければいけませんす。

普段から細かい作業をしている人や細かい作業が苦にならない人は内部監査として向いています。

メンタルが強い人も内部監査向き

内部監査の仕事で辛いのが、社内の問題点を見つけて指摘することになるので間違いなく嫌われ役になり疎ましがられてしまうということです。年齢が若い内部監査の担当者は、自分よりも上の年齢の社員に対して指摘する必要があります。

相手によっては嫌味も言われることも多い仕事なので、それを関係なく指摘しなければいけないメンタルが必要になります。誰になんと言われようとブレずに内部監査の仕事を全うできる人が内部監査としての適性があると考えられます。

地味な作業でも苦にならない人

内部監査は営業や広報に比べると地味で目立たない印象が大きいです。健全な企業経営に欠かせない重要な役割を担うにも拘らず、いつも社内の粗捜しをしているといった目で見られてしまうこともあるのです。

内部監査の仕事は成果が見えづらかったり、直接クライアントと関わるようなことがなかったりするので地味な仕事でも耐えられることがとても大事。

内部監査になるための学校

内部監査になるために学校に通うことは、自分と同じように内部監査を目指す仲間に出会えるということ。お互い切磋琢磨し、励ましあい刺激しあうこともできるのが魅力です。

語学力の基礎が学べる専門学校

内部監査の仕事には国際的に商業取引のある企業や組織を対象とすることも多いので、語学力に優れたグローバルな感覚も求められます。英語の資料なども含め、調べて問題がある場合には速やかに訂正を指摘する仕事だからこそ専門学校に通う場合には語学力を学べる学校を選ぶことがポイントになります。

カリキュラムやサポート内容を比較して学校選びを

内部監査になるための専門学校は全国にあり、選択肢は豊富といえます。学校によっては、語学力を学べる留学コースが用意されていることがあります。広い分野を学習した方が良い内部監査では語学力を含めて会計学や商学、経営学や経済学などを学べるカリキュラムがある専門学校を選ぶことが大事になります。

その他、資格取得支援や就職サポートが手厚い学校なら卒業後の進路に対する不安も軽減されるはずです。それぞれ学校によってカリキュラムやサポート内容は異なるので、自分の目指す内部監査像に近づけるよう、じっくり比較して自分に合った学校を選ぶことが大切です。

大学や短大でも内部監査になるための勉強が可能

内部監査の仕事に就くためには専門学校に通う選択肢以外に、大学で金融学部や経済学部などに通うこともおすすめです。

内部監査の仕事では実務経験やビジネス経験が求められることが多く、学歴だけで採用や配置が決まるわけではないですが、内部監査部門は基本的に規模の大きな上場企業に設置される事から大卒以上の学歴を持っておくほうが将来的に有利になると考えられます。

以下のような学部・学科名の場合は、内部監査を目指す人のためのカリキュラムが用意されていることがあるので詳しくチェックしてみるといいでしょう。

  • 経済学部
  • 経営学部
  • 商学部
  • 金融学部

内部監査になるには?まとめ

資格があればベター。まずは広い視野と豊富な知識が内部監査を続ける原動力に

広い視野と豊富な知識に加えてメンタルの強さ。内部監査になるにはどんなに疎ましく思われていても続けられる力が必要です。加えて、細かい仕事や地味な仕事が苦にならない人は専門的な内部監査の仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就くことは可能ではありますが、資格や学歴があればベターです。専門学校や大学などで内部監査としての知識の基本を学ぶことや、内部監査士の資格を持っていれば就職や現場で有利になる可能性があるでしょう。

内部監査の参考情報

平均年収500万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

内部監査の関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB