商品企画の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

商品企画の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

新しい商品の開発を行う商品企画ですが、具体的な仕事内容をしている方は少ないのではないでしょうか?商品企画への就職や転職を考えている方であれば、どのような仕事を行うのかを事前に知っておきたいものです。今回は、そんな商品企画の仕事内容についてご紹介していきます。

商品企画とはどんな仕事?

新しい商品の企画・開発を担当する仕事

仕事内容を簡単に説明すると、新しい商品の企画・開発が商品企画の仕事になります。これまでになかった新しい商品のアイデアをスタッフ全員で考え、商品化させることが主な仕事となっています。

また、新商品の開発だけでなく、既存商品の改良を行うのも商品企画のお仕事です。利便性や実用性などのさまざまな視点から既存商品の見直しを行い、より良い商品の企画・開発を行うのも仕事の1つとなっているようです。

アンケートやモニタリングを行う

商品企画の主な仕事は新しい商品を生み出すことなので、消費者に対してアンケートやモニタリングといったリサーチは欠かせません。アンケートやモニタリングでは消費者のリアルな意見を集めることができるので、新商品の開発には必要な情報となります。

また、このようなリサーチを行うことで、既存商品の欠点を解消することもできます。そのため、より良い商品の企画・開発を行うためにも、アンケート調査やモニタリングは非常に重要なお仕事となっています。

類似商品を調査してオリジナル商品を開発する

デザインや機能性が同じアイテムでも、販売元が異なる商品はたくさんあります。そのような類似商品の調査を行い、自社ならではのオリジナル商品の開発を行うのも、商品企画が行う仕事の1つです。

似通った商品でも何らかの違いがあれば、そこに魅力を感じて購入してくれる消費者が増えていきます。ニーズに合った商品を生み出すことができれば売上向上にも繋がるので、他社が販売する類似調査はとても重要な仕事です。

また、類似商品を調査することで他社が開発したアイデアを参考にすることもできるため、新商品の開発にも役立ちます。

企業によっては企画部門と開発部門に分類されている

企業によっては、どんな商品を生み出すのかを考える「企画部門」と、企画した商品をどのように作るのかを考える「開発部門」の2つに分類されているところもあります。とはいえ、連携を取りつつ役割分担によって商品の企画・開発を行うため、それぞれが独立しているというわけではないようです。

また、商品の基礎から研究を行い開発の担当する「研究開発部門」など、その他にもいくつかの部門に分かれている場合もあります。部門によって担当する細かい仕事内容が異なるため、商品企画を目指して就職・転職をされる方は、入社する企業にはどのような企画・開発系の部門があるのかを調べておくことをおすすめします。

商品企画の具体的な仕事内容

あらゆるところから情報を集める

今までにない新しいアイデアを求める必要のある商品企画は、あらゆるところからの情報を集めることが大切です。アンケート調査や類似商品の調査はもちろんですが、市場調査やトレンドの分析も行う必要があります。

そんな情報収集で最も重要となるのは、やはり消費者のリアルな意見です。複数の方に試作品を提供して、実際に使用した感想や要望を集め、多くの方に求められる商品の企画・開発を行います。

また、消費者が好む商品は国内だけとは限らないため、海外の人気商品を調査するところもあります。さらに、人気商品はSNSで広まりやすい傾向があるため、企業によってはネット上からの情報収集を行っているところもあるでしょう。

数多く出されたアイデアの中から厳選する

かき集めた情報を元に数多くのアイデアを考え出し、その中から実際に商品化できるものを厳選します。「実用性はあるのか?」「類似商品は販売されていないか?」「競合商品と比較して違いはあるのか?」など、さまざまな意見を出し合いながらいくつかのアイデアに絞っていきます。

このようにアイデアを厳選することで、消費者の求める優れた商品の企画・開発に近づけることができます。とはいえ、たくさんのアイデアの中から少数に絞るのはとても大変ですので、場合によってはコンセプト立案にかなりに時間をかけることになる場合もあるようです。

プレゼンテーションにて商品化を決める

商品のコンセプトが決まったら、社内でプレゼンテーションにて商品化を決めます。しかし、プレゼンテーションでは厳しい意見が飛び交うため、参加している社員たちを納得させるだけの説得力が求められるようです。

企画した商品によっては既存商品と類似している場合もあるため、商品化させるためには明らかな違いを提示する必要があります。1つの商品の企画・開発から商品化するまでには複数回のプレゼンテーションを行うこともありますが、立案したコンセプトが認められれば、ようやく商品化へと移行することができます。

製造部門と連携してスケジュールやコスト調整を行う

商品化が決定したら、製造部門と連携して商品の制作に取り掛かります。まずは制作のスケジュールや制作コストなどの調整を行い、企画した商品が実際に形となって作られるのを待ちます。企業によって企画と開発で部門が分かれている場合は、この時点で開発部門の仕事となります。

開発した商品を世に広めるための戦略を考える

開発した商品がいくら優れたものであっても、販売や広告などの戦略をしっかりと考えていなければ売上に繋がりません。そのため、こういった戦略を考えるのも商品企画の重要な仕事になります。

新商品の発表会を開催はもちろん、どういった方法で広告を出すのかなど、多くの消費者に手に取ってもらえる戦略を入念に考えます。

商品企画の仕事のやりがい

企画したアイデアが商品化された

商品企画の仕事をされている方の多くからは、企画したアイデアが商品化されたときに一番やりがいを感じるという意見が聞かれます。自分たちで考えたアイデアが形となって販売され、多くの方に使用されるのはとても嬉しく感じるようです。

人気商品になり売上が向上した

企画したアイデアの商品化だけでなく、人気商品となり売上が向上したときにやりがいを感じるという意見も多かったです。販売開始後はクレームや評価に対する緊張感があるそうですが、企画した商品が人気を集めるだけでなく、売上にまで繋がったときの喜びはとても大きいようです。

商品を購入した人の良い反応が見られた

「こんなのが欲しかった!」「購入して良かった!」など、商品を購入した人の反応が見られたときにやりがいを感じるといった意見も多かったです。商品化や売上向上のときとは違ったやりがいを感じるといわれ、「この仕事をやっていてよかった」という喜びを感じられるそうです。

商品企画の仕事内容まとめ

商品企画の仕事は情報収取が重要!やりがいを求める方にピッタリの仕事

商品企画の仕事は新商品の開発や既存商品の改良ですが、それらを実現しつつ売上を上げるためには、あらゆるところからの情報収取が重要になります。アンケートやモニタリング調査、試作品の感想などを元に、より良い商品を生み出すのが商品企画の仕事です。

また、自分たちで立案したアイデアの商品化や消費者が満足している反応が見られたときは、やりがいと喜びを感じることができるようです。アイデアを形にしたい、やりがいを感じる仕事をしたいと考えている方は、ぜひ商品企画の仕事を検討してみてはいかがでしょうか?

商品企画の参考情報

平均年収400万円〜700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

商品企画の関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB