海外営業の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

海外営業の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

海外営業は、海外顧客に対して日本の商品やサービスを販売します。世界各国を訪問して営業を行うので、さまざまな出会いや経験をできるやりがいのある仕事です。今回の記事では、海外営業の具体的な仕事内容ややりがいについてご紹介します。

海外営業とはどんな仕事?

日本の商品を海外顧客に広める仕事

海外営業は、日本企業が製造した商品やサービスを、海外の顧客に販売したり広めたりする仕事です。つまり、一般的な国内営業職との違いは顧客が外国人であるということだけで、基本的な仕事内容は国内営業職と同じになります。

海外顧客に対して電話やメールでアポイントを取って営業をしたり、顧客からの問い合わせに対して営業をしたり、新規開拓のために海外で飛び込み営業をしたりします。さらに、商品やサービスの説明や提案を行って商談を進め、契約してもらえるように交渉します。

外国人相手に商談を行う

海外営業は海外顧客に対して営業を行うため、当然外国人相手に話をする必要があります。顧客の国の言葉や文化なども事前に知っておくとスムーズに交渉を進められるでしょう。

日本語を話せる海外顧客も多くないため、海外営業の仕事の多くは外国語で行われます。日本語だけでなく外国語も堪能に話せるようになっておきましょう。

勤務体系は主に2種類

海外営業の勤務体系は2種類あり、「国内勤務型」と「海外常駐型」です。国内勤務は、普段は日本国内で業務を行い、商談などで海外に行くときは海外出張という形を取ります。そのため、普段は日本国内で生活をし、海外顧客との仕事が入ったときだけ海外に行きます。

一方、海外常駐型は日本国内で仕事を行うことは一切なく、海外で生活します。現地で生活できるため、現地の文化も体感でき、営業を行う際に役に立つこともあるでしょう。

営業以外の仕事も幅広く行う

海外営業の仕事は、顧客に日本の商品やサービスを販売するだけではありません。その商品やサービスの販売方法を考えたり、どんな相手に販売するのかを考えるマーケティングや、顧客に商品やサービスを販売したあとのアフターサポートも行う場合が多いです。

企業によっては、営業、マーケティング、顧客サポートがしっかりと区別されていて営業がマーケティングやサポートに携わる機会が少ない場合もありますが、基本的にはマーケティングから販売、サポートまで一貫して海外営業が携わることが多いです。

顧客に商品やサービスを販売して終わりではないのが、営業職の特徴です。これは国内営業、海外営業どちらにも共通していることで、自分の担当する顧客とは長く付き合っていくことになります。

海外営業の具体的な仕事内容

海外営業の仕事内容は、基本的には国内営業と変わりはありません。しかし、海外顧客を相手に営業するので、事前準備はより念入りに行うと良いでしょう。

顧客との商談・交渉

海外営業の主な仕事は顧客との商談です。日本の商品やサービスを海外でも使ってもらうために、日本の商品やサービスのプレゼンテーションを行います。現地の文化や顧客のニーズに合わせた提案を行い、契約まで進めていきます。

営業前に電話やメールでアポイントを取る場合もあれば、新規の飛び込み営業を行う場合もあり、企業の戦略によって営業方法も異なります。

海外マーケティング

効率よく海外営業を行う上で欠かせないのがマーケティングです。「日本の商品やサービスを海外に広めていくにはどのように売ると良いか」など、営業戦略や企画を考えます。

ただやみくもに営業をしていても、うまくいかないことは予想できると思います。どれほど日本の商品やサービスが良いものであっても、顧客のニーズにマッチしていなければ契約を断られてしまうため、ニーズの把握や市場調査は事前に必ず行わなければいけません。

顧客のアフターサポート

海外営業として商品やサービスを売り込み、顧客に販売するだけでなく、販売後の顧客からの問い合わせにも対応します。商品やサービスの使い方や不具合など、顧客から連絡が来ることも多いです。

海外営業は商品やサービスを販売して終わりではなく、長く商品やサービスを使ってもらうためのアフターフォローも必ず行います。

企業によっては、顧客のアフターフォローを行う専門部署が存在し、顧客からの問い合わせは営業ではなくサポート担当者が対応する場合もあります。そのような場合は営業に直接問い合わせがくることは無いので、問い合わせ対応はほとんど行いません。

問い合わせ内容によって、必要であれば海外営業が顧客先に訪問したり電話やメールで連絡を取ったりします。

会議に参加

海外営業は顧客との商談だけでなく、さまざまな取引先の会社や仕事で関わる人との打ち合わせにも参加します。情報共有や進捗報告、営業戦略や企画立案の会議など、多くの会議を行いながら顧客との商談を進めます。

海外営業の仕事のやりがい

コミュニケーション能力の向上

日々の顧客や関係者とのコミュニケーションを通して、自分のコミュニケーション能力の向上につながるでしょう。どんな話し方をしたら相手に伝わるのか、契約したくなるのか、を考えながら仕事をするため、自然と会話が上達します。

自分の提案に顧客が良い反応を示してくれたり、契約をたくさんとれるようになったり、プライベートでの人間関係も良好になったりと、やりがいや自分の成長を感じられる場面が増えるでしょう。

語学力の向上

海外営業は外国語で話すことが多いので、語学力の向上もできます。日本語だけでなく外国語もペラペラに話せるようになり、現地の人とスムーズにコミュニケーションが取れるようになると、やりがいを感じられます。

人脈が広がる

海外営業として日本だけでなく海外でもさまざまな人と関わるので、日本国内だけでなく海外にも人脈を広げることができます。日本と異なる文化の国で生活する人々と関わることで、視野が広がったり、新しい発見を得られるかもしれません。

営業先によっては、先進国の大都市に訪問することもあれば、発展途上国の貧しい地域を訪問することもあります。なかなかプライベートでは行かないような地域を訪れ、さまざまな人と関わることで貴重な体験をすることもできます。

異文化交流ができる

国内営業では経験できない異文化交流を楽しむことができます。日本と異なる文化や慣習を理解する必要があるため、最初は戸惑うことも多いかもしれませんが、その違いを乗り越えて現地の人と密な交流ができたときは、海外営業ならではのやりがいを感じることができます。

海外顧客とのスムーズなコミュニケーションを取るためにも、異文化理解は欠かせません。海外営業として海外に訪問するときは、事前にその国の文化や慣習を調べておくと良さそうです。

日本にいるだけでは経験できないさまざまなことを、海外営業という仕事を通して経験する事ができるところにもやりがいを感じられるでしょう。

契約獲得をしたとき

自分の提案によって顧客が契約してくれたときは、とてもやりがいや達成感を得られるでしょう。自分の力で契約を取れたという事実が、やる気アップや自信にも繋がります。

自分が提案した商品やサービスを、顧客が使ってくれて仕事がうまくいったと報告をいただいたときは、顧客の役に立てて嬉しい気持ちになれます。また、日本の商品やサービスが海外で広まっていく過程に携われるやりがいも感じられます。

海外営業の仕事内容まとめ

海外顧客を相手に営業するやりがいのある仕事

海外営業は、海外顧客への営業だけでなく、マーケティングやサポートなど幅広く仕事をこなします。日本と言葉も文化も違う国の顧客を相手に営業する分、契約獲得が難しい場合もありますが、契約を獲得できたときは達成感を感じられるでしょう。

海外営業は、国内営業では経験できない仕事を経験できる素晴らしい仕事です。海外で仕事をしたい人は、ぜひ海外営業も検討してみてください。

海外営業の参考情報

平均年収400万円〜700万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種オフィス

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

海外営業の関連記事

オフィスに関する他の職業KANREN JOB