ユーチューバーの給与・年収は?Youtubeからの広告収入で、どのくらい稼ぐことができる?

ユーチューバーの給与・年収は?Youtubeからの広告収入で、どのくらい稼ぐことができる?

ここ数年、子どもたちの憧れの職業でもあるユーチューバー。彼らはどの程度稼いでいるかご存知でしょうか。このページでは、ユーチューバーの年収、給与に注目して詳しくご紹介します。どのようにすれば、給与・年収があがり、有名ユーチューバーになるとどのようなメリットがあるのにも触れているのでぜひ参考にしてください。

ユーチューバーの初任給

ユーチューバー(YouTuber)の初任給はどの程度なのでしょうか。一般的な社会人とは異なりユーチューバーの収入は動画の広告収入です。

YouTubeでの広告とは、本編の動画再生前に再生される広告動画を全て閲覧するか、動画再生中に登場するバナーをクリックして広告主のサイトへ飛んだ場合に発生する広告収入を指します。

これらがなければ、広告収入とは言えません。それでは、初めの頃はどの程度受け取ることができるのでしょうか。

ユーチューバーの初収入はかなり厳しい

最初の頃に受け取ることができる広告収入は、多いとは言えません。数円がほとんどで、場合によっては暫くの間0円ということも当たり前でしょう。

うまく行く人であれば最初の月から10万円以上受け取ることができますが、これはあくまで動画再生をかなり多く再生されているケースです。通常は、最初の半年くらいは広告収入を受けることができず、無料で動画を投稿し続けることになります。

なぜ、このような最初の頃は全く収益にならないかというと、YouTubeの仕組みが大きく関係しています。

広告収入を受けるための条件をクリアする必要がある

YouTubeで広告収入を受けるためには、YouTubeが定める規定をクリアしなければなりません。ここでの規定とは、広告収入を受けることができるパートナープログラムに加入することが条件になります。

しかも、パートナープログラムに加入しても、再生回数10,000回未満のチャンネルでは、広告が動画に再生されないため、そもそも収入を得ることができません。なので、最初は再生回数10,000回の壁を突破する必要があります。

8000円以上から受け取ることができる

広告が再生されるようになってから初めて収益を受けることができますが、8,000円以上からでなければ口座に振り込まれることはありません。8,000円というとすぐに到達することができるというイメージですが、そうではありません。

初めの頃の広告費は1回につき0.01円程度なので、8,000円受けとるためには80万回以上再生されないと到達できません。そのため、少しでも収益を稼ぐためにユーチューバーが多く動画を投稿し続けるのはこういった背景があるためです。

動画が多く再生されれば初収入でも10万円以上可能

もちろん、悪いことばかりではありません。ユーチューバーとして経験が浅くても、動画再生数が多ければ1ヶ月目からかなりの収益を得ることができます。そのため、中には初めの月から10万円以上獲得するユーチューバーもいます。

ユーチューバーの平均月収

ユーチューバーの平均月収を紹介していきます。

ユーチューバーは全く稼げないユーチューバーから、かなり稼いでいるユーチューバーもいるため平均すると収入も高めという傾向があります。

ユーチューバーの月収を平均すると、70万円くらいになります。

平均収入を高くするためにはチャンネル登録者を増やすこと

平均収入を高くする上で大切なことは、少しでも多くの人が自分のチャンネルのファンになってもらうということです。

ファンになってもらうために重要になるものが登録者数です。登録者数が多ければ、自然と動画再生の数も多くなります。それでは、登録者数によってどの程度違いがあるのか紹介していきます。

登録者数1万人未満

登録者数1万人未満は収益があまりありません。しかし、登録者数が少なくてもコンスタントに10万回数以上の動画を再生することができれば、収益が得られることもあります。そのため、1万人未満で得られる収入は8000円〜5万程度です。

登録者数10万人以上

10万人以上になると、再生回数が少なめな動画でも1万回以上は再生されます。また中には再生回数100万回超えの動画も出てきたりするので、比較的安定した収入を得ることができます。

10万人以上を超えると、20万〜50万円程度の収入が期待することができます。もちろん、10万人になったから必ずこの額を稼ぐことはできないということは気にしておきましょう。

登録者数50万人以上

50万人以上になると、動画再生数が安定するだけでなく、広告視聴も強制的に行われる動画が多くなるため、かなりの収入が期待できます。月収100万円も夢ではなく、さらに稼ぐYouTuberであれば、それ以上に収入を期待することができます。

登録者数が多くなると動画再生数が多くなり、比例して収入が増える

このように、ユーチューバーは自分のチャンネルページの登録者数が多ければ多いほど動画再生数も多くなり、それに伴って収入も増えていきます。

ユーチューバーで少しでも稼ぎたければ動画を多く投稿し、1人でも多くのファンがつくように努力しましょう。

ユーチューバーの年収統計

ユーチューバーの年収統計はどの程度になるのでしょうか。有名になればなるほど年収も高くなります。

統計をとると、約800万円程度になります。この数字は、有名ユーチューバーからあまり稼げてないユーチューバーまで合わせた統計になるため、YouTubeの動画投稿が軌道に乗ってしまえば800万円を超えることも夢ではありません。

有名YouTuberになれば、高額所得者に

売れっ子と言われる有名ユーチューバーになれば、どの程度収益が期待できるのでしょうか。1000万円以上稼ぐことは可能で、中には1億円以上稼いでいる人もいます。

ユーチューバーのよい点は日本だけでなく海外でも評価をされるため、世界を相手にするユーチューバーになれば高所得も夢ではありません。さらに、有名ユーチューバーは動画で稼ぐだけでなくさまざまなメリットがあります。

企業とタイアップした動画を作成できる

動画再生数が多いユーチューバーになると、企業から動画を作成してほしいというオファーが舞い込みます。企業の案件をこなせば、一回の動画を作成するだけで100万〜300万円程度の報酬が期待できます。しかも、動画の広告収入にもつながるので、ユーチューバーにとってはメリットしかありません。

広告費以外でも稼ぐことができるという点も、有名ユーチューバーのメリットであると言えるでしょう。

副収入が増える

動画作成以外での副収入も増えます。人気ユーチューバーになれば、グッズやイベントなどを企画してもファンが参加し、グッズを購入してもらうことができます。そのため、動画以外にも安定した収益を得ることができるので、動画以外にもさまざまな仕事を行うことができます。

有名ユーチューバーになるためには

昔はユーチューバーを始めたばかりでもある程度稼ぐことができましたが、今や人気職業となってしまったため、ユーチューバーになってもすぐに収益を得ることができません。しかし、有名ユーチューバーになるためにどのようにすれば動画再生回数が増えるのかを日々研究していれば、動画が評価されることもあります。

もちろん、絶対に収入が増えるという保証はないため、ユーチューバーとしてどこまで本気で取り組むことができるのか? ということがとても重要になります。有名ユーチューバーを本気で志しているのであれば、最初の数年はうまくいかなくても、絶対に成功するという強い意志を持って取り組むようにしましょう。

ユーチューバーの給料・年収まとめ

知名度が出て、一発当たれば夢が広がる仕事

ユーチューバーとして成功すれば、年収1000万円以上は夢ではありません。しかも、収入だけでなく世間からも注目を集め動画だけでなく、さまざまな場面で活躍をすることができる仕事です。

もちろん、ここまで到達するためには、地道な努力と継続する力が必要です。継続を続けていればいつか評価される仕事でもあるので、諦めずに強い目標を持って取り組むようにしてください。

最初からユーチューバーとして食べていくことはとてもハードルが高いので、数年間は趣味として始めてみると気負わず楽しんで取り組むことができます。ユーチューバーを目指すのであれば楽しむという気持ちを忘れずに取り組むことも重要です。

YouTuber(ユーチューバー)の参考情報

平均年収800万円~1億円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

YouTuber(ユーチューバー)の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB