ユーチューバーの資格・試験とは?Youtuberが動画作成するのに役立つ可能性がある資格などを紹介

ユーチューバーの資格・試験とは?Youtuberが動画作成するのに役立つ可能性がある資格などを紹介

ユーチューバーとして活動をする上で、どのような資格を持っていると良いのでしょうか。このページでは、ユーチューバーが取得しておいた方が良い資格について紹介します。ユーチューバーを志す方の中で、どの資格を取得するべきか迷っている方はぜひ参考にしてください。

ユーチューバーの資格とは?

ユーチューバーは、どのような資格を持っていれば良いのでしょうか。

結論を言えば、資格がなくてもユーチューバーとして活動をすることができます。しかし、資格を持っていることでのメリットもあるので、まずは、ユーチューバーが資格を持っておくメリットについて、詳しく紹介をしていきましょう。

ユーチューバーが資格を持つメリットとは

ユーチューバーは、資格がなくても自分のチャンネルを開設すればどんな人でもユーチューバーとして活動することができます。しかし、ユーチューバーとして活躍するためには、資格を持っていた方が自分のチャンネルページの動画再生を増やすことができるというメリットがあります。

そのため、活動の幅を広げたい、少しでも再生回数を増やしたいのであれば、資格を手にいれるようにしましょう。資格を手にいれることで次のようなメリットがあります。

専門的な動画を作ることができる

ユーチューバーが投稿する動画はあらゆるジャンルの動画があります。そのため、誰もが投稿する動画を投稿しても再生されないことがあります。しかし、特定の人に絞った動画を作る時に専門的な知識を活用して、動画を作ることも可能です。

例えば、行政書士、宅建、会計士といった専門的な知識がなければ話すことができないような内容でも、このような資格を持っていれば、動画で初心者に対してわかりやすく紹介することができます。

そのジャンルで、専門的な動画がなければあなたが投稿する動画が市場を独占し、再生回数をたくさん稼ぐことも可能になるので、やらない手はありません。

動画以外の仕事でオファーがくる

ユーチューバーとしてある程度の知名度があり、なおかつ特定の資格を保有していると、イベントを開催した時に講師として呼ばれる、ワイドショー番組の専門家として意見を求められることもあります。このような状況になるためには、資格を保有していなければなりません。

資格を持っていることで、仕事の幅が増えることもあるので、資格を持っているに越したことはないでしょう。

ユーチューバーがとっておきたいオススメの資格

ユーチューバーになる上でとっておきたいオススメの資格はあるのでしょうか。ユーチューバーに必要な資格について紹介していきます。

どのような資格を狙うべきか

ユーチューバーとして資格を取得するなら、どのような資格を保有していれば有利に活動をすることができるのでしょうか。さまざまなジャンルの動画があるため、どのような資格をとっても動画に反映させることができます。

しかし、ニッチすぎる資格を取得したとしても、需要がなければいくら完成度の高い動画を投稿しても、視聴者が限られてしまうので、再生回数は伸び悩んでしまうことが考えられます。そこで、取得すべき資格は、再生回数を稼ぐことができ、なおかつその資格がはっきり活用することができるものと明確にしておくことをオススメします。

たとえば、「資格取得が難しいもの」「世間的に需要のあるもの」はどのような資格なのか、文章ではなく動画でわかるものがあれば、多くの視聴者が再生する可能性があります。あるいは、動画再生に影響はないものの、撮影で役立てることができるものであれば資格を取得しておくだけで、自分にしか作ることができない動画を作成することも可能です。

このような点を意識した上で、これから資格を取得するのであれば資格の選定をしっかり行うようにしましょう。それでは、どのような資格がユーチューバーとして活用することができるのか、詳しく紹介していきます。

自動車免許

自動車免許を持っていると、車内での映像も撮影することが可能です。また、行動範囲が広がるので取得しておくようにしましょう。また、知名度が高くなれば自動車のレビュー動画なども作成することが可能なので、取得していない方は取得しておくことをオススメします。

また、自動車免許の他に船舶免許、自動二輪免許などもオススメです。取得している人は自動車免許よりも少ないものの、市場規模は大きいので有名ユーチューバーになればイベントに呼ばれることもあります。興味があるなら取得をするようにしましょう。

調理師免許

YouTubeの動画の中には料理を作る動画も多くあります。そのため、調理師免許を持っていれば、料理動画を作成した時にプロ目線の視点が入った動画を作ることが可能です。料理動画は、言語が不要なのでうまく編集すれば、日本の食文化を世界に発信することが可能です。

すでに持っている資格が武器になることもある

もちろん、資格をこれから取得しなければならないということではありません。すでに資格を取得しているのであれば、その資格を活用した使い方も可能です。例えば、すでに持っている資格が行政書士、宅建の資格などであれば、次のような活用方法も可能です。

資格取得のポイントを解説できる

取得難易度の高い資格であれば、資格を取得する際のポイントを解説するだけでも、再生回数を多く稼ぐことができます。資格対策はもちろんのこと、取得をしてからではないと分からないことを中心に発信をすれば、動画としても支持を受ける可能性があります。

これらの動画は、取得しているからこそ作成することができる動画なので、自分の長所として活用することも良いでしょう。

経験談を紹介する

資格を取得して実際に仕事で活用していた経験があるのであれば、経験談を語るだけでも良いコンテンツになります。これらの資格は、どのような資格でも構いません。うまくいけば動画再生回数を稼ぐことができるので、ぜひ活用してみましょう。

ユーチューバーに使えそうな資格

ユーチューバーとして使えそうな資格は、どのようなものがあるのでしょうか。詳しく紹介していきます。

動画関連の資格

動画関連の資格があれば、撮影に活用することもできます。例えばCGクリエイター検定に挑戦している方であれば、高度な映像編集を行うことが可能です。さらに、映像編集のHOW TOを紹介する動画も作成可能なので、動画の質をあげるコンテンツとして作ることができます。

無人航空従事者試験(ドローン検定)

特殊な撮影といえば、ドローンパイロットの資格もユーチューバーとして持っているとそれだけで有利な動画作成を行うことができます。ドローンの撮影は資格がなければできない場合もあるため、保有しているだけで撮影の幅が広がります。

国土交通省に飛行許可を出すなどの際に添付して使用できる証明書がもらえるメリットがあるので、今後のことを視野に無人航空従事者試験(ドローン検定)の資格を取得しても良いでしょう。

資格取得までを動画にすることも

ユーチューバーの良い点は、資格を取得するまでの過程を動画として作成することができるという点です。通常であれば、資格を取得してから初めて仕事として使えるというケースが多いのではないでしょうか。

しかし、ユーチューバーは身の周り全てのものがネタになるため、資格を取得するまでの道のりをコンテンツとして作成することができます。初心者から上位の資格を取得するまでの過程を動画で紹介すれば、これから資格を取得しようと検討している視聴者にとってはとても参考になる動画へと変化させることができます。

このような点では、ユーチューバーはメリットしかないので、資格を取得するためにはもってこいの機会であると言えます。もし、これから資格を取得するのであれば、どのような資格を取得すれば視聴者が喜ぶかを考えて、その戦略にマッチする資格を取得するようにしましょう。

資格を取得すれば、動画だけでなくイベントや資格を取得していないとできない仕事のチャンスも広がるので、これらのことを考えて様々な資格の取得を検討してください。

ユーチューバーの資格・試験まとめ

ユーチューバーはさまざまな資格が仕事につながる

ユーチューバーは、資格が不必要な仕事でありながら、資格を取得しているとさまざまな仕事の幅が広がる変わった仕事です。

そのため、ユーチューバーとして活動している最中に資格を取得したいと思えば、その様子を動画にすることも可能です。もちろん、すぐに再生回数につながるかはやってみないとわからないところがありますが、全てを武器にすることができる仕事でもあるので、ぜひユーチューバーとして幅広い活動を検討している方は資格を取得してみてはいかがでしょう。

YouTuber(ユーチューバー)の参考情報

平均年収800万円~1億円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

YouTuber(ユーチューバー)の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB