ユーチューバーになるには?YouTuberに必要なスキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ユーチューバーになるには?YouTuberに必要なスキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

ユーチューバーになるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。YouTubeでチャンネルを開設すればいつでもユーチューバーとして活動ができますが、それだけでは生き残ることができません。今回は、有名ユーチューバーになるためにはどのようなことが必要なのかをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

ユーチューバーになるには何が必要?

ユーチューバー(YouTuber)には、どのようなことが必要なのでしょうか。ユーチューバーをこれから志している方に向けて、ユーチューバーにとって必要なスキルを紹介していきます。

特にユーチューバーには動画を投稿する上でさまざまなスキルが必要になります。ここからは、動画投稿をするためにはどのようなスキルが求められているのかを解説します。

動画を投稿するために必要なスキル

動画投稿といっても、さまざまなスキルが求められています。必要なスキルを詳しく紹介していきます。

撮影

YouTube動画では、撮影スキルが求められます。カメラマンに映像撮影をお願いするケースもありますが、スタッフを雇うためには費用が必要になります。そのため自力で撮影することをオススメします。もちろん、ここではプロのカメラマンのような綺麗な映像を撮影する必要はありません。

視聴者が見づらいと感じさせない動画を撮影すれば問題ないので、基本的なスキルがあれば良いでしょう。また、映像だけでなく音声も動画では重要になります。綺麗な映像を撮影できても音声がうまく録音されていなければ動画として成り立ちません。動画と音声収録に意識をしながら撮影するように心がけましょう。

編集

最近では、YouTubeの動画にもクオリティの高い編集技術が求められています。凝った映像を投稿したいのであれば、編集技術を磨いておくようにしましょう。もちろん、編集技術を学ぶためにはかなりの時間が必要になります。

最初から高度な編集を取り入れるのではなく、最低限の知識を覚えた上で色々と試して覚えていくようにしましょう。

PCでの作業

動画を編集し、YouTube上に投稿するためにはPCで作業をする必要があります。スマホからでも投稿することは可能ですが、操作に限界があります。そのため、高度な作品を投稿したければPCで投稿するようにしましょう。

ある程度PCの操作に慣れていないと投稿も苦戦するので、ユーチューバーになるための基本的なPCスキルを習得しておくようにしましょう。

企画を考案する上で必要なスキル

動画撮影だけでなく、企画を考案するためのスキルも求められます。ユーチューバーは最低でも1日1本は動画を投稿しなくてはいけません。そのためには、企画力も必要です。しかし、何でも投稿すれば良いということではないので、ある程度暗黙のルールに則った企画作りが必要です。

他人を傷つける内容ではないか

企画を考える上で必要なことは、他人を傷つけていないかということです。他人を傷つけているような動画を投稿していては再生数が稼げたとしても、長くは続きません。そのため誰もが傷つかず楽しむことができる動画作りを工夫する必要があります。

注目をしてもらうための作品づくり

ユーチューバーの数が増えたため類似した動画がたくさん登場しています。似た動画を投稿していても、再生数を多く稼ぐことができないため、差別化が必要です。そのためには企画力が必要になるため、アイデアを出すことがとても重要になります。

ユーチューバーに向いている人、適性がある人

ユーチューバーに向いている人や適性がある人とはどのような人なのでしょうか。ここからはユーチューバーとしての適性があると思われる人物像について迫ります。もし、次のような項目に当てはまるのであればユーチューバーの仕事を検討しても良いでしょう。ぜひ参考にしてください。

向いている人

ユーチューバーに向いている人はどのような人なのでしょうか。有名ユーチューバーをはじめとした特徴から、ユーチューバーに向いている人をまとめてみました。

地道な作業ができる人

ユーチューバーの仕事は華やかに見える反面、地道な作業が求められます。例えば、動画投稿に必要な編集作業はとても手間がかかり面倒な作業です。5分程度の動画を製作するために10時間要することがあります。もちろん、適当な編集で動画を投稿することも可能ですが、視聴者が離れてしまいます。

また、動画編集だけでなく画像を編集して良いサムネイルなどを作らなければなりません。この作業が365日あるため、めんどうな作業が苦手な方はすぐに根を上げてしまうでしょう。

パソコン作業が得意

ユーチューバーとしてパソコンを使いこなすことができなければ、動画を作ることができません。デジタル機器の操作が苦手であれば操作になれる必要があるため、最初の頃苦戦を強いられるでしょう。

人を楽しませることが好き

ユーチューバーは、自分の動画を投稿しても、視聴者が再生をしなければユーチューバーとして生計を立てることができません。動画を再生してもらうためには、視聴者の興味を引く内容を考える必要があり、継続的に発信していく必要があります。

人を楽しませることが好きな人であれば、この作業も苦しいものではないので容易に動画投稿が可能ですが、そうでなければ厳しいと言えるでしょう。

適性がある人

ユーチューバーとして適性がある人はどのような人なのでしょうか。次のような人はユーチューバーを始めてもうまく活動できる可能性があります。

YouTubeをたくさん見ている人

ユーチューバーの動画を普段から見ている人は、ユーチューバーとして始めても勉強をする必要がないので、今まで見てきた動画を参考にして活動をすることができます。また、ダメな動画から良い動画までさまざまな内容の動画を見ているので、自分が動画を作った時に自然と気をつけるべきポイントを意識しながら製作も可能です。

撮影、編集が好きな人

趣味で動画の撮影や編集を行なっている人はユーチューバーに向いていると言えます。動画編集や撮影が手間で外部に依頼しているユーチューバーもいますが、自分で編集、撮影することができるユーチューバーは自分でさまざまなことができるので、仕事の視野も広がります。

また、ユーチューバーの動画を編集、撮影する仕事もあるので、ユーチューバーとしてうまくいかなくても生き残る方法があります。

企画を考えることが好きな人

企画を考えることが好きな人は、ユーチューバーに向いています。ユーチューバーは企画を常に考える必要があり、ネタ切れ感が視聴者に伝わってしまうと飽きられてしまいます。日頃からアイデアを出すことが好きな人は、ユーチューバーに向いていると言えます。

このように、ユーチューバーはエンタメ力が求められるので、エンタメが好きな人、エンタメに関する知識がある人は有利であると言えるでしょう。

ユーチューバーになるための学校・教室

ユーチューバーになるための学校はあるのでしょうか。基本的にYouTuberは学校に通わなくてもなることができる仕事です。しかし、最近ではユーチューバーになるための書籍や養成学校が登場しています。果たしてこのような制度は活用すべきなのでしょうか。

ユーチューバー事務所の養成学校はオススメ

最近では、ユーチューバーを養成するために、大手のユーチューバー専属の事務所が養成学校を開講している場合もあります。このようなスクールに通いユーチューバーとして認定されるという方法もあります。

ここでは、スキルを学ぶことができますが一番のメリットは、チャンネル登録者数の多いユーチューバーと絡むことで自分のチャンネルを盛り上げることができるという点です。もし、学校に通うことを検討しているのであれば、このような制度を設けている事務所を探すようにしましょう。

ユーチューバーになるには?まとめ

有名ユーチューバーになることが大変

ユーチューバーになるためにはどのようなことが必要なのかまとめました。

ユーチューバーは昔とは異なり人気の仕事になったので、さまざまなスキルが必要になりました。また、独自の企画力がなければユーチューバーとしても生き残ることができません。

これからユーチューバーを目指す人はぜひエンタメ力を磨いてからなるようにしましょう。

YouTuber(ユーチューバー)の参考情報

平均年収800万円~1億円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

YouTuber(ユーチューバー)の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB