映像作家になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

映像作家になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

映像作家という職業は、映像ディレクターや映像クリエイターなどと呼ばれる場合もあります。映像関連の職に就きたいと考えている方は、この映像作家という仕事を目指している方も少なくないでしょう。このページでは、映像作家になるためには、どのようなことが求められるのか、向いている人の特徴などを解説していきます。

映像作家になるには何が必要?

「映像作家」という職業名を聞いて、どのような仕事であるのかをはっきりイメージできるという方は意外にも少ないかもしれません。同じ映像を作る仕事でも、カメラマンならカメラを回す人、音響担当なら音声やSEを製作したり挿入する仕事、というイメージがつきます。

一方で「映像作家」というのは、映画やテレビ番組、果てはCMやDVDの映像など、あらゆる映像作品について、その企画や制作進行を行う仕事であると考えるとわかりやすいでしょう。では、その映像作家の仕事を遂行するには、どのようなことが必要となるのでしょうか。

映像作家の仕事は映像制作の統括

近年では、技術の進歩により、単に映像を制作するだけであれば個人が所有するコンピュータだけでもその制作を行うことは不可能ではなくなりました。

しかしながら、動画広告や映画、映像作品などの制作は必ずしも個人単位で行うというものではなく、多くの専門家が集まってプロフェッショナルな品質の仕事をするケースもあります。

このようなときに、映像作家は、ときには自ら映像を制作するプレイヤーとして、またそれだけではなく、各分野・各方面の専門家たちの統括をしたり、それぞれの制作スキルや進捗状況を統括することが仕事となります。

映像作家が統括する映像制作の現場とは

一口に「映像」といっても、様々な専門スキルがあります。近年では動画投稿サイトなどに自分で撮影した動画をアップロードしているクリエイターもいますが、それもひとつの映像制作の形です。また、テレビ番組や映画などの告知映像(PV)やCM動画、インターネット上の広告動画などの制作も映像制作の仕事です。

規模の大小や映像の種類に違いがありますが、映像制作にはまずどのような映像を制作するのかという企画・脚本といったスキル、映像をよりよく見せるための音響や演出、美術、照明などのスキル、そして適切なカメラワークが求められる撮影スキル、撮影した映像をどのように見せるかという編集スキルなども映像制作の現場で求められます。

映像作家としての仕事は映像だけではない

映像作家としての仕事は、まさしく映像を制作することと思われがちなのですが、実は映像制作だけが映像作家の仕事ではありません。

むしろ映像作家の仕事は、映像の制作そのものよりも、どのような映像をどのように作るのか、という仕切りの部分や、映像制作に必要となる資料や根拠集め、情報収集、そして機材や人員の手配など、むしろ事務方の仕事がメインとなることもあります。

もちろん、一人で実際の映像制作にまで打ち込む映像作家も存在しますが、多くの場合の映像作家は、映像を制作する現場の俯瞰がメインの仕事であるといえます。もちろん、映像制作の現場においての調整能力や予算管理など、「数字」を扱うのも映像作家の仕事の一部です。

フリーとして動く映像作家はすべて自分でこなす

映像作家は、映像制作会社、映画会社などに勤めているというケースが多いものですが、なかにはフリーランス・個人事業主として活動している映像作家も存在しています。

こうしたフリーランス・個人事業主として活動している映像作家は、先に挙げたようなそれぞれの専門家が活躍するエリアのすべてを自分でカバーしてしまうというケースもあります。

撮影する映像の種類によっては、多くがCGデザインなどで制作されているような場合には、音響や美術など、ある程度人員の調達を削減できるというケースもありますが、それでもカバーするべきスキルは多く、自分が活躍するためにカバーしているスキルの幅が広いと、それだけ多くの仕事を得られるケースがあるということです。

映像作家に向いている人、適性がある人

では、実際のところ映像作家に向いている人や、映像作家として活躍するうえで求められるような適性といったものはあるのでしょうか。

もちろん、映像作家として働いている方にはそれぞれ個性がありますが、なかでもある程度共通して求められるような適性やスキルといったようなものというのもあります。

以下には、映像制作会社として求められる映像作家としての適性、また個人として活躍する映像作家としてのスキル・適性について解説していきます。

チームや組織で動く映像作家はなにより調整能力が重要

先にも述べたように、映像作家が働く現場である映像制作の現場というのは、それぞれの専門家が集まり、スキルを出し合って映像作品を制作していくという現場です。

その中で、映像作家はそれぞれのスキルを持つ専門家の統括・責任者として活動します。そのため、映像作家に求められるのは「調整能力」です。それぞれの専門家の個性やスキルの傾向を見極め、必要があればスケジュールの調整や管理、人員や機材の手配など、つぶさにケアしていくような能力が求められます。

全体を俯瞰し、適切なコミュニケーションを取りながら、必要な調整ができるというタイプの人物が映像作家への適性が高い可能性があるといえるでしょう。これらの能力や適性は、人々とかかわりながら働いていくうえで鍛えられる能力であることも事実です。

フリーの場合には人脈や実績を作れること、そしてセルフプロデュースできること

個人事業主やフリーランスとして映像作家になるという場合には、先に述べたような制作現場での調整能力に加え、さらに個人として活動するための適性や能力が必要になります。たとえば、自分自身を制作現場に売り込むためのセルフプロデュース能力や営業能力、そして制作現場の人選を決定するスポンサーなどとの交渉能力も求められます。

多くの場合、制作現場の人員を決定するのは映像作家本人よりもまず映像制作会社などであり、そこで自らが選ばれるように自分自身をプロデュースをしていく能力というものが求められるといえます。

こうした個人で活動している映像作家の多くは、はじめからフリーランスで活動するというよりは、映画会社や映像制作会社などでの実務経験を経て、それらのノウハウを活かしてフリーでの活躍を成し遂げています。

共通して求められる能力としては、映像作品への情熱

映像制作という仕事は、表面的には美しい・心に残る映像を作ればいいというものに見えてしまいます。

しかしながら、人々の心に残る映像を制作するというのは決して簡単なことではなく、綿密なリサーチと、映像が伝えたいものに対するマーケティング、予算や人員との兼ね合い、スケジュールなど、様々な制約と条件とを比較・検討し、適切な決断をすることが求められます。

このような決断をしたり、適切な仕切りをするためには、表現したい映像作品へのこだわり、言い換えれば情熱が必要です。

自身が制作する映像作品への思い入れが強いからこそ、綿密なリサーチや緻密な調整ができるということもあるでしょう。このことは、その映像作家が映像制作会社で勤めているケースでも、フリーランスの場合でも同様といえるでしょう。

映像に対するトレンドや新しい技術への造詣が深い

映像制作を行う機材や技術は、常に進歩し続けています。そうしたいわゆるトレンドとされるような技術の情報を常にキャッチしている映像作家は、やはり時代が求める作品を提供できるという側面があることは否定できないでしょう。

このようなことから、映像作家は映像作品に対する情熱はもちろんのことながら、今自分が持っている既存の知識や技術だけではなく、新しい技術やトレンド要素に対しても、常に関心を持ち続けて必要があれば取り入れるという姿勢が求められるといえます。

もちろん、常に新しいものを取り入れることが正解とはいえませんが、知っている、学んでいることで取り入れられる要素の引き出しは確実に増えていくことが想定されるため、このようなポイントも映像作家の適性として考えられます。

映像作家になるための学校・教室

「映像作家」という仕事には、何か資格や特定の学科を卒業している必要があるというような、いわゆる「資格職」ではありません。しかしながら、映像作家として成功したり勤務し続けるためには、専門的な知識、特に映像制作の分野に対しての適切な知識は必須であるといえます。

専門知識を学び映像作家となるためには、どのような学校や教室の選択肢があるのでしょうか。以下には、映像作家になるための学校や教室などについて解説していきます。

映像系の専門学校

東京など都市圏を中心として、映像系の技術や知識を学ぶことができる専門学校が多数存在しています。このような専門学校は、映像制作に関するスキルやノウハウ、実践を経験することができます。

映像作家に限らず映像制作を生業とすることを目指す学生は、こうした専門学校に通うことも多く、映像作家の下地となる素養や適性を得るためには最適の選択肢といえるでしょう。

また、目指す職業が映像作家でない学生もいるでしょうが、そうしたクリエイターたちとの情報交換は、より制作スキルに深みをもたらすことも期待できます。

テクノロジー系の専門学校

映像系の専門学校以外にも、様々な専門学校が世間には存在します。なかでも、コンピュータグラフィックスやIT技術に関連する専門学校は、時代の要求もあり日本各地に存在しています。

このような専門学校では、直接映像制作に関連するものももちろんですが、それ以外にもコンピュータを中心とした機材に関するハードウェア・ソフトウェア両面での知識やノウハウを得られることが期待されます。

こうしたベースとなる知識があることで、実際に映像制作の現場において活躍するための下地づくりをしておくには、テクノロジー系の専門学校も良い選択肢といえるでしょう。

映像作家になるには?まとめ

映像制作のスペシャリスト。機器と映像の知識も身につける

映像作家の仕事は、主にテレビ局や広告制作会社が主なところです。とはいえ最近では、映像制作技術を持っている個人がフリーランスや起業という選択肢をとることもあり、こうした活躍のしかたも、近年では注目されています。

いずれにしても、高い映像制作が求められること、そして常に最新のトレンドや見る側の求める映像を提供する能力が求められていることは間違いありません。

映像作家への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

映像作家の参考情報

平均年収300万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映像作家の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB