撮影監督の給与や年収は?能力や経験次第だがヒット作を出せれば高収入の可能性も

撮影監督の給与や年収は?能力や経験次第だがヒット作を出せれば高収入の可能性も

経験と実績を積むことが大切になってくる撮影監督という職業。平均給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?その多くは、経験や能力、実績で給与の変動があるようです。本記事では、撮影監督の平均的な給与・年収など収入面についてご紹介します。

撮影監督の初任給

撮影監督の初任給は平均15万~20万前後

撮影監督の初任給は初任給は15万円~20万前後が相場と言われています。特に下積み時代になると、さらに下がる傾向にあります。

覚えることが多く、機材の管理やスタッフ達との話し合いに参加するなど、肉体的・精神的な負担が大きい割には給与面に関しては厳しい現実が待っているようです。

撮影監督としてスタジオや制作会社に就職の道に進む場合、会社にもよりますが、サード、セカンド、チームと、経験を積みながら撮影監督として認めてもらう必要があります。

特に一番下っ端は肉体労働の方が多いので、給与という面での対価の期待は低めと考えおくべきです。

会社の実績と規模によって給与面も変わる

有名な映像制作会社であるなら、給与面も20万前後を貰える可能性や安定した待遇も考えられるでしょう。しかし、ほとんどの会社が下積み時代は15万前後という所が多いと言われています。

できる限り学生の間に、会社の規模が大きいもしくは実績を残している会社とのコネを作っておく事もしておく方が良いと考えられます。

他の仕事を兼業している人も多い傾向に有り

有名な撮影監督として認めてもらえるには、かなりの時間がかかります。特に海外に比べると日本の撮影監督の世界はそこまで高待遇ではなく、生活の為にも兼業で違う仕事を人もいます。

撮影監督の仕事の傍らで、撮影に関する仕事以外にも関係のないアルバイトをして食いつないでいく人が多い傾向にあります。また駆け出しの頃は体力的にも大変なため、生活の為に撮影監督を辞めてしまう人も多いです。

撮影監督として名をあげるという強い情熱がある人は、最低限の生活ができるように両方掛け持ちの様な状態で他の仕事と兼業という道を選び、諦めずに挑戦し続けているようです。

異業種から撮影監督への転職は給料の確認が大事

異業種からの転職の場合、年齢に関わらず、新卒と同じ給与の場合が多いです。また、転職前よりも給与が下がるケースもあるので、転職の前には給与形態がどうなっているのかをちゃんと確認しておく事が必要になるでしょう。

しかし、前の職場で何かの役職をつけていた場合や、能力や実績によっては給与面に関しても考慮してくれる場合もあります。

撮影監督の平均給与

撮影監督の平均給与は、初任給に比べると経験や任される仕事が増えていくにつれ、上がっていきます。平均的給与は約40万円まで上がる可能性が高いです。しかし映像制作業界でも、大手の制作会社、スタジオや、海外、広告代理店など会社によって平均給与が変動します。

学歴も少なからず関係してくる

フリーで働く場合や、最初から撮影監督としてコンクールに応募してのし上がっていこうと考えてる場合はあまり関係がないですが、会社に正社員として就職するのでれば、大学卒業か専門学校卒業かで若干の給与の差が出てきます。

資格を持っている事で給与や年収が変動する可能性も

撮影監督は色んな人と関わりを持つことが多い職業なので、撮影に関する照明、音響などの詳しい知識をもっている事で、会社によっては昇給してくれる場合もあるでしょう。任される仕事が増える分、役職もあがり、給与が上がる可能性もあります。

興行成績も監督の給与に関係してくる

撮影監督の世界は、撮影監督として実績をだしていかないとフリーになった後も依頼される事は難しいです。そのかわり実績が認められ、興行成績もよく、DVDなどになって販売も伸びていけば、収入面も比較的安定してきます。

求人を探す際には手当やボーナス、福利厚生も確認しておく必要有り

手当やボーナスについても出るかどうかは確認しておきましょう。正社員として雇ってもらう場合、福利厚生も含めて給与以外の点も入念に調べておきましょう。

過去に撮影現場でのアルバイトやインターンシップなど、現場について詳しい、あるいは自主制作をしていたなど、実績があれば経験者として採用されやすくなります。

撮影監督の年収統計

撮影監督の年収は約200万円~500万前後

撮影監督の平均年収は、約200万円~500万前後です。経験年数が上がるにつれ年収もあがってきますし、製作した作品の出来によって年収が上がる可能性はあります。

人気が出てDVDとして発売されるかによっても年収が変わってきます。

経験を積むことにより、年収も上がることも

平均的には200万が多いですが、それ以上のギャラや年収を獲得できるのには5年、もしくは10年以上かかる事もあります。長い年月とヒット作を生み出すセンスやアイデアがないと、生活するだけで苦しい現実があります。

独立する事で高収入を狙える可能性がある

正社員に比べると安定した収入を得られるのが難しいですが、コンクールやコンテストに応募して人気が出れば、高収入を得られる可能性があります。

さらに映像制作でも、独立してフリーで活動している場合、有名になるほど報酬も高めに契約してもらえる可能性があるので、高収入も狙えるでしょう。

また日本に比べると海外、ハリウッドなどの撮影監督の場合は億越えも人もいます。

撮影監督の給料・年収まとめ

撮影監督の給与・年収レベルは比較的低め

撮影監督の平均給与・年収は比較的低めです。特に下っ端時代の場合は、精神的にも肉体的にもハードな生活が待っているため、仕事内容と比べると低いと感じる人も多い傾向にあります。

実力主義な世界でもあるので、自分のアイデアと経験を活かしてコンクールなどで賞を得られれば、高収入も夢ではないでしょう。

撮影監督の参考情報

平均年収250万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職業職種テレビ・映画・映像

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

撮影監督の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB