映画宣伝になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

映画宣伝になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

新規公開される映画の宣伝を多種多様なメディアなどを用いて行う「映画宣伝」担当。そんな映画宣伝になるには、いったいどのようなことが必要となっているのでしょうか?本記事では、映画宣伝になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

映画宣伝になるには何が必要?

まずは映画配給会社に就職する

映画宣伝になるためには、まず業界に入ることが大切だといわれているので、映画配給会社へと就職してみましょう。入社方法は正社員だけでなく、契約社員・派遣社員・アルバイトといった方法があり、映画宣伝で働く方の多くは元々派遣やアルバイトをされていた方が多いそうです。

また、映画宣伝の会社によっては人手不足が理由となり、定期的に人材の募集を出しているところもあります。そのため、中には全く異なる業界から映画業界へと入ってきたという方も少なくありません。

ですが、業界での経験を積んでいる方が映画宣伝の仕事にも役立つスキルを身に着けられるので、まずは業界での仕事に就くことを考えましょう。

就職するなら新卒での入社がおすすめ

映画宣伝への就職を考えているのであれば、大学を卒業した新卒での入社がおすすめされています。というのも、新卒で入社した方が他の人に比べて第一線で仕事をさせてもらえるケースが多い傾向があるからです。

第一線で働くことができれば、業務内容の把握や仕事に必要なスキルを誰よりも早く身に付けられる可能性が高いです。大学卒業後に映画宣伝を目指している方は、業界入りのために映画配給会社への就職も良いですが、新卒として映画宣伝の会社に就職してみてはいかがでしょうか?

スキルとして高い人間性を身に着けておく必要がある

映画宣伝はさまざまな仕事に対して柔軟な対応が求められるため、スキルとして高い人間性を身に着けておく必要があるようです。

社会人としてのマナーをきちんと守ることができる、人の話をしっかりと聞くことができる、周囲への気遣いが自然にできるなど、このようなスキルが求められるといわれています。

また、人間性の高い人は人脈を作りやすくなるため、業務を行う上で必ず役立つスキルとなるでしょう。人によってはフリーランスで映画宣伝を行っているので、多くの人脈を作ることができれば、業務委託という形で仕事の依頼を受けやすくなるようです。

常に採用情報を確認しておくことが重要

映画宣伝を含む映画業界は狭き門といわれているため、就職や転職が難しい職業となっています。また、他の職業に比べて人材を募集している会社も少ない傾向があるので、映画宣伝になるには常に採用情報を確認しておくことが重要だといえるでしょう。

ちなみに、上記でもご紹介したように、映画宣伝はアルバイトなどの非正規雇用から正社員になって働く人も多いです。そのため、映画宣伝を目指している学生の方は、日頃からアルバイトの募集情報を確認して、募集があれば応募してみるのも1つの方法といえます。

映画宣伝に向いている人、適性がある人

不規則な生活でも体調管理をきちんとできる

映画宣伝の仕事は早朝から夜遅くまで撮影が行われることが多く、他の職業の比べて不規則な生活になってしまいがちです。さらに、撮影する映画の公開が近くなると、夜中まで仕事になる場合もあります。

不規則な生活は体調不良の原因になるので、どんなときでもしっかりと体調管理ができる人は、映画宣伝に向いているといえるでしょう。また、仕事で溜まったストレスも体調不良の原因になるので、自分に合ったストレス解消法をきちんと把握している方も向いているかもしれません。

逆に自分がストレスを溜めていることを自覚しにくい人、生活習慣や不規則な生活スタイルがすぐに体調不良へと繋がってしまう人などは、映画宣伝の仕事に慣れるまでに大変かもしれません。

映画が好きな人

映画宣伝の仕事をする上で大切なのは、多くの人にたくさんの映画作品を伝えたいという気持ちを持つことです。心から映画が好きな方でなければこの職業は務まらないので、映画が好きという方は映画宣伝になる適正があるといえるでしょう。

映画宣伝の仕事ですから「映画好きは当たり前でしょ」と思われるかもしれませんが、自分の好きなジャンルや好きな出演者の映画以外にも鑑賞してその作品の良さを把握しなければならないため、先述通り“心から映画が好き”ということが重要となってきます。

実際に映画宣伝の仕事をされている方は、これまでにいろんなジャンルの映画をたくさん観ている映画好きの方が多いようです。ジャンルを問わずどんな映画でも観るのが好き、映画の最新情報は必ずチェックしているという方は、ぜひ映画宣伝を目指してみてはいかがでしょうか?

気配りができる人は映画宣伝に向いている

常に状況を把握して周囲への気配りができる人は、映画宣伝に向いている人だといわれています。映画宣伝の仕事は新作映画の宣伝だけでなく、映画監督や出演する俳優・女優への取材、スタイリストやヘアメイクなどの手配など、仕事量の多い職業です。

予定通りに仕事が進まなければ苦情を受けてしまう可能性があるので、気配りによって常に先回りをする行動を行わなければなりません。そのため、いつも気配りができる方であれば、映画宣伝になれる素質を持っているといえるでしょう。

映画宣伝になるための学校・教室

専門学校や芸術学部を設けた大学

映画宣伝を目指すのであれば、専門学校や芸術学部を設けている大学に通うことをおすすめします。業界で働くために必要な専門的な知識を学ぶことができるので、将来的に「映画宣伝になりたい」と考えている学生さんは、ご紹介した学科のある学校へと進学してみるのも一つの手です。

しかし、映画宣伝で働く人の全てが映画業界の知識を学べる専門学校や大学を出ているというわけではありません。中には一般的な学部を出ている人や、高校を卒業して就職している方もいます。

つまり、映画宣伝になるにはさまざまなルートから目指すことができるので、現在一般的な学部に入っている、または別の職種で働いている方でもなれる可能性はあるといえるでしょう。

転職で目指すなら通信講座もおすすめ

すでに社会人として働いている方の中には、「今更学校に通うのはちょっと…」と考える方もいるのではないでしょうか?そのような方は、映画業界に入るための勉強ができる「バンタンデザイン研究所 キャリアカレッジ」や「映画学校のニューシネマワークショップ(NCW)」などの通信講座がおすすめです。

受講資格を取得するには定期的に講習を受ける必要がありますが、普段行う勉強は自宅でもできるので、通学する必要はありません。働きながらでも映画宣伝になるための勉強ができるので、転職を考えている方には通信講座の受講も選択肢の一つです。

参考リンク:バンタンデザイン研究所 キャリアカレッジ
参考リンク:映画学校のニューシネマワークショップ(NCW)

派遣やアルバイトで経験を積むのも勉強になる

学校に通うのではなく、派遣やアルバイトで映画業界での経験を積むのも勉強になるでしょう。新卒で就職しなくても、派遣やアルバイトから映画宣伝の社員になる方も少なくありません。

上記でもお伝えしたように、映画宣伝になるにはさまざまなルートがあるので、自分に合った方法で目指してみるのもなるための方法といえるでしょう。

映画宣伝になるには?まとめ

映画宣伝になるにはまず業界に入ること

映画宣伝になるには、まず映画業界に入ることが重要なポイントとなっています。新卒で就職するのはもちろん、業界に入る方法には派遣社員やアルバイトといった方法があるので、学生のうちから映画業界に携わることも可能です。

映画宣伝になるには決められたルートがなく、さまざまなルートからこの業界に入り働いている方が多いです。社会人の方であれば別の業界で働いている方や学校に通えない方もいると思いますが、決してなれない職業ではないので映画業界で働きたい方はぜひ目指してみてください。

映画宣伝への就職・転職に役立つ講座が見つかる!

映画宣伝の参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種テレビ・映画・映像

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映画宣伝の関連記事

テレビ・映画・映像に関する他の職業KANREN JOB