ペットシッターの資格・試験とは?認定ペットシッター・ペットシッター士など役立つ資格を解説

ペットシッターの資格・試験とは?認定ペットシッター・ペットシッター士など役立つ資格を解説

飼い主が不在のときにペットのお世話をするペットシッターの仕事には、何よりもお客様からの信頼が大切です。ペットとして飼われる生き物についてのプロであることが証明できる資格があれば、お客様からの安心と信頼が得られます。その資格とは、どのようなものでしょうか。

ペットシッターの資格

ペットシッター業者のスタッフの一員としてペットシッターの仕事をするためには、特に資格は必要ありません。社員やアルバイトの求人を見ても、応募資格には「資格をもっているか動物を飼ったり販売したりした経験がある人」と記載されており、ある程度動物と関わった経験があれば、働くことができます。

しかし、個人で開業してペットシッターの仕事を始めようとするときには「動物取扱責任者」として「動物取扱業」の申請を行うことが義務づけられています。そのためには、動物を取り扱うプロとしての何らかの資格を持っている必要があります。

認定ペットシッター・ペットシッター士

ペットシッターの資格で代表的なものは「認定ペットシッター」と「ペットシッター士」でしょう。

認定ペットシッター

「認定ペットシッター」はビジネス教育連盟ペットシッタースクールの登録商標で、全国ペットシッター協会が認定する資格制度です。

この資格を取得するためには、同連盟のペットシッタースクールが実施する認定ペットシッター養成講座を受講して、講習最終日の試験に合格、そして全国ペットシッター協会に登録することにより、認定を受けられます。

ペットシッター士

「ペットシッター士」は、NPO法人日本ペットシッター協会が認定するもので、環境省の定める動物取扱業「保管」「訓練」の登録申請要件を満たした資格です。

この資格も、同協会が主催する養成講座で学んで認定試験に合格することで取得することができます。

愛犬飼育管理士・愛玩動物飼養管理士

「愛犬飼育管理士」と「愛玩動物飼養管理士」は「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づく認定資格です。

これらの資格はペットシッターに特化したものではありませんが、ペットとして飼われる動物について専門の教育を受けた事を証明するもので、この資格を取得すればペットシッター業を開業する際に「動物取扱業」として申請することができます。

愛犬飼育管理士

「愛犬飼育管理士」は一般社団法人ジャパンケネルクラブによる公認資格で、同会が「動物の愛護及び管理に関する法律」の趣旨に基づいて作成したテキストによる講習会を受講し、その当日行われる筆記試験に合格した方が付与を受けられます。

愛玩動物飼養管理士

「愛玩動物飼養管理士」は公益財団法人日本愛玩動物協会が認定する資格です。

同協会によると「愛玩動物飼育管理士とは『動物の愛護及び管理に関する法律』の趣旨に基づき、愛玩動物(ペット)の愛語護及び適性飼養管理の普及啓発活動などを行うために必要な知識・技能を、公益社団法人日本愛玩動物協会の通信教育によって体系的に修め、所定の試験に合格し、協会より認定登録された者」と伝えられています。

各ペットシッター資格の難易度・合格率

認定ペットシッター

認定ペットシッターの資格は、ビジネス教育連盟のペットシッタースクールで学ぶことによって取得できます。通学や通信で決められたカリキュラムの学習を終えた後の修了試験に合格することで、取得できます。

合格率は93%とかなり高めです。志を持っている人がスクールできちんと学び、その上で受験しているので、このような合格率になるのでしょう。

ペットシッター士

ペットシッター士の資格は、受験資格が16歳以上となっています。認定ペットシッター養成講座終了後の認定試験に合格することによって受けられますが、その合格率は98%程度です。通学コース、通信コースとも、それまで学んだことをきちんと理解することによってほとんど間違いなく合格できる試験です。

愛犬飼育管理士

愛犬飼育管理士は、ジャパンケンネル協会が行う講習会を受講し、その当日行われる試験に合格することで取得できます。受講資格は18歳以上です。合格率は80%程度とのことですが、講習会では試験に出るポイントを解説してくれるので、きちんと集中して学べば合格できます。

愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士の試験を受けるためには、7カ月~10カ月程度の通信講座を学んで、年2回、2月と11月に行われる試験を目指します。11月に行われる試験を目指す人は2月~4月、2月に行われる試験を目指す人は6月~8月に通信講座と受験を申し込みます。この検定には1級と2級があり、合格率はどちらも80%程度です。

その他のペットシッター関連資格

パピーティーチャー

パピーティーチャーとは、社会化期の子犬をしつけることができる資格です。人間でいえば保育士のような仕事を犬に対して行うのが仕事です。この資格は、認定ペットシッターの資格を取得できるペットシッタースクールで「パピーの医療知識」「パピーティーチャー」「パピーのしつけ実習」の講義を受講すると、取得することができます。

パピーティーチャーとしてお客様のペットをお預かりし、上手にしつけることができればそこで信頼関係が生まれ、その後ペットシッターとして仕事をさせていただくといったつながりを持つことも可能です。

動物看護師

動物看護師は、主に獣医師のアシスタントとして働くための動物医療関連の資格ですが、ペットシッターとして働く際にも、動物の体調の変化に気づいたり対応したりしなければならない場面も出てくるので、取得していれば役立つ資格です。

ペットシッターの事業所の中には求人の際に動物看護師の有資格者を募集したり、無資格者には資格取得を義務付けて研修を行ったりするといった取り組みを行っているところもあります。

動物介護士(ペットヘルパー)

動物介護士(ペットヘルパー)は、全国ペットシッター協会が認定する資格です。人間の場合、ホームヘルパーとは介護を必要とする老人のサポートをする仕事を指しますが、それと同じようにペットとして飼われている犬や猫にも高齢化が進んでおり、やはりサポートするために必要な知識をもっている有資格者が求められています。

ペットシッターのお客様の中には、高齢のペットを飼っている方もいらっしゃる可能性もあるので、この資格を持っていることで信頼が得られます。また、ペットシッターの副業として動物介護の仕事をするなど、ペットに関する仕事の範囲を広げるためにも役立つでしょう。

トリマー

トリマーとは、ペットとして飼われる犬や猫の「トリミング」(毛を整えること)を主な仕事とする、いわばペットのための美容師さんです。ペットのトリミングだけでなく、耳垢を掃除したり、爪を整えたりするという健康管理面の役割も担っています。

トリマーの資格は、ほとんどが講座を開設する専門学校が認定する資格です。受講のための通学期間や費用は学校によってさまざまです。トリミングの技術だけでなく、動物との適切な接し方や健康管理など動物に関する基本的な知識も学びます。

ペットシッターも、お客様からトリミングを依頼されることもあるので、トリマーの仕事について学び資格を取得しておくことは、信頼を得るためにも有効でしょう。

ペットシッターのための資格を取得できる学校

ペットシッター関連の資格はそのほとんどが、協会などが認定する民間資格であり、協会が直接開講ている講習会や通学講座や、協会から認定を受けた専門学校で学ぶことによって得られるものです。

認定ペットシッターの資格は専門学校で

認定ペットシッターは、全国ペットシッター協会が認定するもので、ビジネス教育連盟のペットシッタースクールで学び、修了試験に合格して同協会に入会することでその資格が得られます。ペットシッタースクールには、通学コースと通信コースがあります。

通学コース

通学コースは、2か月の間に15日の通学が必要なカリキュラムになっています。業界で有名な講師から直接学べることで注目が高まっています。認定ペットシッターの他にパピーティーチャーの資格も取得できます。

通信コース

通信コースは、自宅での受講が可能なコースです。所定のカリキュラムを修了し、認定試験を受けて合格すれば認定ペットシッターの資格を取得することができます。

ペットシッター士の資格が取得できる3つの方法

ペットシッター士は、この資格を認定する日本ペットシッター協会が行う講座等の受講が必要です。それを受講して資格を取得するためには、次の3つの方法があります。

通信講座

通信講座は自宅で受講することができます。受講期間も6カ月と、自分のペースに合わせてゆっくりと学ぶことができます。規定回数の添削問題を提出終了した後に試験を受験し、合格して資格取得となります。

通学

通学講座は、日本ペットシッター協会の本校スクールでのみ行われます。受講期間は6日間と、スピーディーに資格を取得することができます。この通学講座は毎月開かれており、最終日に認定試験があります。

カルチャー受講

カルチャー受講は、全国各地のカルチャースクールのスケジュールに合わせて実施されます。各地域のカルチャースクールの教室が会場なので、自宅近くでも学ぶことができます。受講期間は、自宅学習+2日間の講習会です。定員に達しない場合は開催されないこともあります。

愛犬飼育管理士は1日で取得可能

愛犬飼育管理士は、ジャパンケンネル協会が行う講習会を受講し、その当日行われる試験に合格することで取得できます。講習会では試験に出るポイントを解説してくれるので、きちんと集中して学べば合格できます。

講習会の受講および受験は18歳以上であればだれでもできますが、合格して資格の認定を受ける場合は、協会への入会及び登録が必要です。

愛玩動物飼養管理士

愛玩動物飼養管理士の資格を取得するには、同協会が主催する受講方法による学びが必要です。

7カ月~10カ月程度の通信講座を学んで、年2回、2月と11月に行われる試験を目指します。11月に行われる試験を目指す人は2月~4月、2月に行われる試験を目指す人は6月~8月に通信講座と受験を申し込みます。

ペットシッターの資格・試験まとめ

きちんと学べば取得しやすいペットシッターの資格

ペットシッターが持っていると信頼につながる資格は、講座の受講やスクールへの通学であれば1日から2カ月程度、通信でも6カ月から10カ月程度と短期間の学びで取得することができ、しかも試験の合格率もほぼ80%以上と高い水準です。

ペットシッターを志す人が真剣に取得を目指して取り組むなら、必ず取得することができる資格だといえるでしょう。

ペットシッターへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

ペットシッターの参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ペットシッターの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB