ドルフィントレーナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

ドルフィントレーナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

イルカを調教してイルカショーを成功させるのが仕事のドルフィントレーナーという職業は、どれくらいの給与・年収をもらえるのでしょうか。忍耐力が必要な業務内容のわりに給与水準はあまり高くないようです。本記事では、ドルフィントレーナーの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

ドルフィントレーナーの初任給

新人トレーナーの給与は平均15~17万円

ドルフィントレーナーとして働く場合に初任給は15〜17万円前後が相場といわれています。男女問わず人気か高いドルフィントレーナーですが、給与面を考えると厳しい現実が待っているようです。

ドルフィントレーナーとしてどこで働くかによっても初任給の差はありますが肉体労働が多く専門的な知識も必要なるので、得られる対価は低めと考えておく方が良さそうです。

転職したときの給与は経験や役職で左右されやすい

ドルフィントレーナーは、レベルの高い場所で経験を積むために規模の大きな水族館に転職する人が多いです。転職をした場合の初任給は、いままでのドルフィントレーナーとしての経験によって決まると言われています。

ドルフィントレーナーとして5年以上働いているなど一定の経験年数があれば新人と同じ給与になることは少ないようです。前職の給料の水準を保証してくれるかは勤務先によって異なることを覚えておきましょう。

場合によっては新人と同じ給料を提案されるケースもあるので、いままでの経験をアピールするようにしましょう。

異業種からドルフィントレーナーへの転職は給与の確認を

異業種からドルフィントレーナーに転職をする場合には年齢を問わず新人扱いになり給料は新人と同じになることが多いです。

転職前の仕事内容によっては給料が大幅に減ってしまう可能性もあるでしょう。異業種からドルフィントレーナーを目指す際には慎重な判断が必要です。

ドルフィントレーナーの平均給与

ドルフィントレーナーの平均給与は約21万円

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータによると、ドルフィントレーナーの平均給与は全国平均が約21万円になっています。

ドルフィントレーナーはイルカの調教から餌作りから清掃まで全般のお世話も行います。力仕事も多く1日中動きっぱなしで慣れるまでは特にハードです。ハードな仕事内容と比べるとドルフィントレーナーの給与レベルは低めかもしれません。

ですが、イルカとの信頼を築けたり、ショーが成功してお客様から拍手をもらったりとやりがいも大きい仕事です。給料だけに捉われて心が折れないようにすることも大切になりそうです。

勤務期間に応じて給与もアップすることが多い

ドルフィントレーナーの給与は、勤務期間によってアップします。資格としては潜水士の資格があれば業務に就くことは可能なので、学歴によって採用時の給料が変動することは少ないと言われています。

求人を探す際は給与以外の手当もチェック

ドルフィントレーナーの統計によると給与とは別に支給される賞与も年間平均約70万円という結果が出ています。

ドルフィントレーナーはイルカの状況によって残業をしなければいけません。勤務する水族館によっては基本給以外の手当や残業代が出ない場合があるので注意が必要です。

転職をする場合には求人票で残業代が出るかどうか、賞与や各種手当が充実しているかをしっかりとチェックすることが大切です。

ドルフィントレーナーより水族館スタッフのほうが給料は高め

ドルフィントレーナーと同じで場所で勤務する仕事としては水族館スタッフがあります。水族館スタッフは展示されている海洋生物の管理をするのが仕事です。

同じ厚生労働省のデータによると水族館スタッフの平均給与は約30万円と、賞与は平均112万円といずれもドルフィントレーナーの平均を上回っています。

専門学校によってはドルフィントレーナーの知識以外にも水族館スタッフの資格を取得できるケースもあります。同じ職場で働くことが多いので、ドルフィントレーナーだけでなく水族館スタッフも選択肢に入れておくと良いかもしれません。

経験や実績によっては給料アップにつながることも

ドルフィントレーナーの給与は一般的に高い方でありません。ですが、経験を積むことで給料アップを見込める仕事と言われています。規模の大きい水族館で働いていた経験があれば給料に実績を考慮してもらえる可能性が高いでしょう。

資格取得が給料や手当に反映されるケースも

ドルフィントレーナーは、スキルのレベルが給料に反映されやすい特徴があります。資格取得は就職で有利となるだけでなく、給料アップに繋がる可能性もあります。ドルフィントレーナーとして資格を取得することは将来的に有意義なことになると考えられます。

資格の中で給料への評価に繋がりやすいのは飼育技師資格認定試験や愛玩動物飼養管理士です。イルカだけに関係する資格ではありませんが、動物全般の飼育や管理に関連する資格なので取得しておけば十分なスキルの証明に繋がるでしょう。

せっかく資格を取得したらその資格を活かしたいと思うものです。転職を検討する際には資格手当が出る勤務先を探すことも大切。求人票をチェックすることで資格手当の有無が記載されています。

ドルフィントレーナーの平均年収

ドルフィントレーナーの年収は200~350万円前後

ドルフィントレーナーの平均年収を、厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると、約320万円になります。

新人の場合月々の給料が15〜17万円であれば年収は200万円台になることも考えられますが、経験を積んでいくことでドルフィントレーナーの年収は200〜350万円前後と予想されます。

一日中動いていることも多く、ハードな仕事内容に比べると年収レベルは低めな傾向にあると考えられます。

ドルフィントレーナーとしてアルバイトを選ぶ人も

ドルフィントレーナーとして正社員で働く以外にアルバイトいう立場で多くの水族館を渡り歩く人もいます。

アルバイトとして働く利点は、それぞれ異なる水族館で経験を積めることです。アルバイトという点で雇用面での不安定さはありますが、残業代のでない正社員よりも勤務した分の給料が出るアルバイトが良いと考える人が多いのです。

ドルフィントレーナーの時給についてですが、1,000円程度が一般的です。水族館の規模や経験によって時給は変動しがちですが、900円から始まる場合もあります。アルバイトで働く場合の年収は時給や働いた時間に左右されるので、年収150〜250万円と幅があります。

ドルフィントレーナーとして独立や開業を目指すならアルバイト以外の働き方も

アルバイトに近い働き方として契約社員もあります。アルバイトよりも雇用の安定がしていて、時間も自由に使いやすい特徴があります。給与も固定ですし、場所によっては社会保険への加入が出来る場合もあります。

自分の時間を大切にしたい人はドルフィントレーナーとして正社員以外の働き方も選択肢として良いかもしれません。

ドルフィントレーナーの給与・年収まとめ

ドルフィントレーナーの年収レベルは低め。やりがいが得られる仕事

ドルフィントレーナーの平均給与や年収レベルはハードな仕事内容と比較すると低めの傾向と言えます。手当や残業代が支給されるかどうかでも差が出やすいです。

ですが、経験を積むことで給料がアップも見込めます。資格を身につけて、コツコツと努力を続けてイルカとの信頼関係を築いていくことで、高待遇での転職が出来る可能性が高くなります。

ドルフィントレーナーという職業は、お金は気にせずイルカが好きで良いパフォーマンスをしたいという情熱を持つ人にとっては夢のある仕事と言えるでしょう。

ドルフィントレーナーの参考情報

平均年収200万円~350万円
必要資格
  • 潜水士
資格区分 国家資格
職種自然・動物

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ドルフィントレーナーの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB