ドルフィントレーナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

ドルフィントレーナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

イルカを調教してショーを行うドルフィントレーナーは、実際には地道な作業の積み重ねとなる仕事の上に成り立っています。イルカと一緒に泳ぐ姿は優雅で華やかなイメージがありますが、仕事内容はどのようなものになっているでしょうか。本記事では、ドルフィントレーナーの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

ドルフィントレーナーとはどんな仕事?

イルカを調教してショーを演出

ドルフィントレーナーは、イルカの飼育や調教をメインに行い、イルカショーでお客様を盛り上げるのが仕事です。

主に水族館に勤務して、お客様を湧かせるための技を訓練します。ドルフィントレーナーに限った求人は少なく、イルカがいる水族館で働くことがメインになります。

イルカとの信頼を築いて訓練する

イルカショーは見ていて圧倒的な迫力を感じますが、ドルフィントレーナーとイルカとの信頼関係の証であると言えます。

訓練は声や笛を合図にして演技が出来ればエサがもらえる関連付けから始まります。毎日一緒に泳いで訓練を行います。

新しい技の開発なども行いますが、上手くいかないこともあります。イルカは人の感情を理解する動物ですから、失敗を表情に出さないように気を遣いながら繰り返し訓練をします。

スピードや効率も要求される仕事

ドルフィントレーナーは訓練をしつつ、イルカショーに向けての調整を行います。イルカショーの時間は決まっているので、最高のパフォーマンスをするために健康状態のチェックや餌の準備など限られた時間を効率よく使う力も必要でしょう。

イルカの状態によって遅くまで仕事をすることも

ドルフィントレーナーは通常8時間の勤務が一般的で残業が少ないケースが多いです。ですが、イルカの体調によって勤務時間外での仕事をしたり、休みの日に出勤しなければいけなかったりするケースもあります。

ドルフィントレーナーはイルカと一心同体であることから、状況によって長時間労働になる場合もあります。何かあれば帰れないということを考えると、不規則になりやすく体力的にハードと言えるでしょう。

ドルフィントレーナーの仕事は意外とハード。体力が必要

ドルフィントレーナーは、イルカの上に乗って泳ぐ優雅で楽しそうなイメージがありますが、かなりハードな仕事です。

イルカは1日に20キロほどの餌を食べるために、重い餌を運んだり、訓練ではイルカと一緒に水に入って指導をしたりすることも多いです。

力仕事もあり、不規則な勤務体制になるケースが多いことから体力は必須であると言えるでしょう。

ドルフィントレーナーの給料レベルは低めの傾向

勤務場所によりますが、ドルフィントレーナーの給料は他の職業に比べると低めの傾向が多いです。一般的には15万円前後の給与からスタートして年収は200~300万円と言われています。

ただ自分のスキルがアップし、イルカショーに来てくれる人が増えれば年収がアップする可能性もあるので、夢のある仕事には違いないと考えられます。

ドルフィントレーナーの具体的な仕事内容

ドルフィントレーナーの仕事は、イルカを調教してパフォーマンスの高いショーを行うことに尽きます。

調教以外にドルフィントレーナーがする仕事

ドルフィントレーナーの仕事は、イルカの調教をするだけではありません。経験や実績によって任される業務範囲は幅広いです。

水質チェック・エサ作り・栄養管理

ドルフィントレーナーの仕事は、イルカの調教だけでなくイルカの世話全般を行います。

イルカに良い環境を作るためにプールの清掃や水質チェックを行います。イルカは水質に敏感な動物ということもあり、しっかりと管理された水質を維持しなければいけません。

餌作りもドルフィントレーナーの仕事で、イルカは毎日体重の1/10の食事をします。イルカのエサを用意してあげることも大切な仕事の一つ。

イルカショーはイルカがメインになっているので良いパフォーマンスをするためには栄養管理が大切です。こまめにイルカを観察することもドルフィントレーナーが行います。

水族館の清掃

ドルフィントレーナーが勤務するのは水族館ですが、水族館全体の掃除を行うのもドルフィントレーナーの仕事です。

水族館は多くの人が訪れるためにいつもキレイな清掃を維持していなければいけません。水槽はそのままにしておくと汚れてしまうので、大勢のスタッフで清掃を行います。

大型の水族館になればそれぞれ役割は決まっていますが、小さな水族館ではスタッフ全員で行うことが多い傾向にあります。

下積みからはじまるドルフィントレーナーの仕事

ドルフィントレーナーの仕事は、地道な下積みから始まります。基本的にドルフィントレーナーは専門学校や大学を出て就職することが多いです。学校で動物について学んだとしても本格的にイルカを調教するドルフィントレーナーの仕事はすぐにできません。

動物に関連する資格を取得していたとしてもドルフィントレーナーの仕事は、1年間は下積みとして学ぶ場合が多いです。

下積みでイルカとの信頼関係を繋げていくイメージ

ドルフィントレーナーの仕事は、なんといってもイルカと信頼関係を築かなければいけません。イルカは人の表情を判断できるほどに頭の良い動物と言われています。

イルカショーで最高のパフォーマンスを披露するためには、そのイルカに認められなければいけません。下積みでは清掃やイルカの餌の準備など雑用が多くなりますが、その中でイルカと触れ合い認めてもらうことが大切です。

地道にイルカとの信頼関係が出来ていくうちにイルカの調教が出来るようになります。

転職も3年が区切りになることが多い

ドルフィントレーナーは3年や5年を一区切りにして転職を考える人が多いです。

イルカがいる水族館が全国的に見てもあまり多くないため、求人数は少ないので、同業種に転職をする人は少ない傾向にあるようです。中にはイルカが多く、規模の大きい水族館に転職する人もいます。

ドルフィントレーナーの仕事のやりがい

イルカとの信頼関係を作るやりがい

イルカとの信頼関係はドルフィントレーナーとしてなにより大切です。イルカに飛んでもらうのは1日の練習で出来ると言われています。ですが、それをショーで行うには難易度は高くなるのです。

イルカショーではイルカに何度も飛んでもらい、回ってもらい繰り返しです。短い時間のショーではありますが、イルカは途中で飽きてしまうこともあると言われています。途中でイルカが飽きてしまうとショーとして失敗になってしまうので、イルカとの信頼関係が大切なのです。

イルカに認めてもらうために積極的に触れ合い、世話をして長期的な時間をかけてショーを成功させることがドルフィントレーナーとしての大きなやりがいと言えるでしょう。

イルカと触れ合える夢のある仕事

ドルフィントレーナーはイルカと誰よりも近くで触れ合えます。水族館を訪れるお客様の中にはイルカが好きで触れ合いたいと考える人も多いです。

なかなか普通の生活をしているとイルカとの接点はありませんが、ドルフィントレーナーは毎日イルカとのふれあいを楽しめます。イルカは好奇心が強く、時に甘えて寄ってくることも多いと言われています。

触れ合いはもちろんのこと、一緒に泳ぎ、仲良くなれるというのはやりがいと言えるでしょう。

お客様に喜んでもらえる

イルカショーを開催している水族館では、その水族館の人気のコンテンツの一つになっています。迫力あるイルカを観るために多くの人が集まります。

ショーを見てくれた人に感謝されることは盛大な拍手をもらえた際はドルフィントレーナーとして大きなやりがいに感じられるでしょう。

ドルフィントレーナーの仕事内容まとめ

ドルフィントレーナーは地道な努力や忍耐力が求められる仕事

ドルフィントレーナーは、毎日イルカと訓練を行い、ショーに向けてしっかりと調教するのが仕事です。

最初は餌作りやプールの清掃などの雑用が多いですが、慣れてくるとイルカの調教を任されるようになります。力仕事も多く、イルカの状況によっては遅くまで仕事をすることも。

体力的にハードな面があることも特徴と言えます。天候によっても左右されますが、イルカショーは毎日開催されるためにプライベートをゆっくりと過ごすことは難しいかもしれません。

ですが、ショーを観たお客様に感謝され、イルカとの信頼関係を築けることはドルフィントレーナーとして大きなやりがいに感じられるはずです。

ドルフィントレーナーの参考情報

平均年収200万円~350万円
必要資格
  • 潜水士
資格区分 国家資格
職種自然・動物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ドルフィントレーナーの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB