グリーンコーディネーターの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

グリーンコーディネーターの資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

グリーンコーディネーターは、資格や試験が必要な職業ではありません。このページでは、グリーンコーディネーターとして業務を行う上で、取得しておくと役立つ資格や試験などについてご紹介します。

グリーンコーディネーターの資格とは?

グリーンコーディネーターは資格がなくてもできる仕事です。グリーンコーディネーターとしての試験もありません。

著名なグリーンコーディネーターのなかにも、資格を一切持ってないまま十分な活躍ができている人も多くいます。しかし、資格がないからといってグリーンコーディネーターに求められる資質やスキルはないというわけではありません。

グリーンコーディネーターに求められるスキルとはどのようなものか、紹介していきましょう。

グリーンコーディネーターに求められるスキル

グリーンコーディネーターとして活躍をしたいと考えているのであれば、コミュニケーション能力、コーディネートするデザインのセンス、植物の知識など園芸を扱う上で必要なスキルが必要です。しかし、豊富なスキルを身につけていても、園芸ショップなどでグリーンコーディネーターとして働いていくには給与面での限界があります。

そのため多くの方がフリーランスでの活動を検討します。しかし、フリーランスとして活躍するためには、知名度がなければ仕事の依頼がこない可能性があるので、知名度を上げる必要があります。

グリーンコーディネーターとしてキャリアップを目指しているのであれば、知名度を上げてグリーンコーディネーターとして活躍することができる環境を整えるようにしましょう。

グリーンコーディネーターに役立つ資格

必須の資格ではないですが、グリーンコーディネーターとして持っておいた方が役に立つ資格もあります。スキルを磨く上で余裕がある場合は取得することを検討してください。

園芸装飾技能士

園芸装飾技能士の資格を持っていれば、植物の扱い方を正しく扱えることを証明することができるので、クライアントからも信頼して仕事を受けることができる可能性があります。

園芸装飾技能士には3級・2級・1級があります。3級は実務経験がなくても受験可能で、2級は2年以上、1級は7年以上の職務経験が必要ですが、学歴によって短縮される場合もあります。

実際の植物を用いてバランスよくディスプレイを行うだけではなく、その維持管理について尋ねられるなど、植物全般に対する知識が求められる資格です。

園芸装飾技能士の試験内容

園芸装飾技能士の資格は1.2級の試験が9月に行われ、3級は7月に行われます。学科試験と実技試験があるので、筆記試験の対策をするだけでなく、実技試験に向けての準備を行いましょう。実技試験では、インドアガーデンの製図などを行う計画立案、鉢植え作業、選定、清掃作業といったインドアでの作業も含みます。

3級は課題図を基にしたインドアガーデンを仕上げる基礎的な内容ですが、上級資格になるにつれて、要求される課題内容も難しくなるので、独学だけでなく園芸ショップや専門学校などで試験対策をしっかり行いましょう。

園芸装飾技能士の合格率

園芸装飾技能士の資格は1級が受験者のうち5割が合格をしています。実務経験が7年以上必要になるので、実務経験をしっかりこなし、出題される課題に対してしっかり試験対策を行うことができれば、難しい試験でもありません。

また、園芸装飾技能士は筆記試験、実技試験のいずれかが不合格になっても翌年は不合格のみの試験を挑戦し合格すれば合格と認められるので、万が一不合格になった場合は試験だけの資格対策を翌年以降は行いましょう。

グリーンコーディネーターに役立つ資格やスキルを学べる学校

グリーンコーディネーター自体の資格が取れる学校は、基本的にありません。

園芸に関する知識やスキルは専門学校などで学ぶことが可能ですが、園芸の基礎を知ることができるだけであるため、実際にグリーンコーディネーターが求められるスキルは独自で身につける必要があります。

園芸の専門学校に通う

ブライダルや生花祭壇のノウハウを学ぶことができる専門学校に通うことで、グリーンコーディネーターに求められるスキルを身につけることができます。

園芸学校の専門学校は2年間のカリキュラムで設計されている学校が多いので、無理なく通うことができる専門学校を選びましょう。専門学校の中には夜間コースを設定している学校もあるので、社会人の人でも仕事をしながら通うことが可能です。

実践的な知識を学ぶことができるだけでなく、園芸装飾技能士をはじめとした資格の試験対策を行うことができるので、グリーンコーディネーターとして確かな知識を得たいと考えている方はぜひ前向きに検討してください。

園芸ショップで働く

スキルを身につける上で最も勉強になるのが、園芸店で働くことです。なかには造園会社で働きながらスキルを学ぶ人もいます。このような場所で働くことで、自分のスキルを身につけることが可能になるだけでなく、どのような植物を多用しているのか、今のトレンドを知ることができます。

実践的に学ぶことができるので、少しでも早くグリーンコーディネーターになりたい方は、園芸ショップや造園会社に就職することをオススメします。

グリーンコーディネーターの資格・試験まとめ

グリーンコーディネーターは資格よりもスキルが求められる

グリーンコーディネーターという職業は、資格を取得するよりもその人が持っているスキルがどの程度あるのかがとても大切になります。優秀なグリーンコーディネーターは、資格がなくてもスキルが高く芸術的センスが高い方が多いです。

一流のグリーンコーディネーターとして活躍するためには、ぜひ自身の植物の知識、センスやスキル、を高めるよう努力を重ねましょう。

グリーンコーディネーターの参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

グリーンコーディネーターの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB