不動産営業の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

不動産営業の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計

不動産営業ではどの程度給与がもらえるかご存知でしょうか。また年収も不動産営業で年収1,000万円以上稼ぐことは簡単なことなのでしょうか。このページでは、不動産営業に年収・給与について詳しく紹介していきます。ぜひこれから不動産営業の仕事を考えている方は参考にしてください。

不動産営業の初任給

不動産営業の初任給はどの程度稼ぐことができるのか紹介していきます。

初めての人でも稼げる

不動産営業の初任給は20〜25万円程度です。会社によって異なりますがこの程度の初任給を受け取ることができます。

初任給の後の給与は成果報酬で支給される会社も少なくありません。成果報酬の場合は、契約分だけ給与に加算される仕組みなので、不動産営業マンにとっては実績が収入に直接影響することになります。

もちろん初めの頃は簡単に契約することは難しいため、成果報酬をある一定期間設けていない会社もあります。入社仕立ての頃は実績よりも先輩たちの動きを見て仕事を覚えることに専念するようにしましょう。

不動産営業の平均給与

不動産営業の平均的な給与の統計をみていきましょう。

平均給与の統計

年齢別に表すと次のようになります。

年代 平均月収
20代 28~35万円
30代 39~44万円
40代 50~60万円

初任給の項目で紹介したように、20代前半は18〜25万円程度ですが、後半になると28万円〜35万円程度受け取ることができます。そこからキャリアを積み重ねていくと、40代には50〜60万円程度の給与を受け取ることが可能です。

しかしこれらはあくまで平均なので、20代でも多く稼いでいる不動産営業の方も少なくありません。通常の仕事であれば年齢ごとに給与が上がっていくのに、どうして不動産営業では20代でも高額な給与を受け取ることができるのでしょうか。

成果主義による報酬

不動産営業は、固定給よりもいくら売り上げを出したかが重要になる仕事です。そのため成果報酬で給与が決まるため、年齢に限らず実績で評価されるということを覚えておきましょう。

収入を上げるために必要なこと

不動産営業で収入を上げるためには、契約をどれだけ結ぶかということが大きく関係しています。ノルマを達成するだけでなく、目標の200%以上達成を実現していけば給与も飛躍的に高くすることが可能になります。それでは、契約数を伸ばすためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

顧客の期待に答える

契約をする上で必要なことは、顧客の期待をどれだけ応えることができるかということです。客が買いたいと思う物件をいかに揃えているか、客が希望する内容にどれだけ沿った物件を提案できるかで契約成立の可否が決まります。

契約前の見積書の作成〜下見などさまざまな点で客との信頼関係を築いていくことができれば、契約につながるので、客の期待している要望に応えるようにしていきましょう。

地道な交渉を行う

契約をする上では地道な交渉を積み重ねる必要があります。一回の交渉で契約まで行く営業マンはかなり稀で、地道な交渉を積み重ねてようやく契約にたどり着くという方がほとんどです。そのためどれだけ地道な交渉をすることができるかも不動産営業マンに問われます。

給与を少しでも上げたいのであれば、交渉が決裂しても諦めず誠心誠意を持った交渉を心がけて契約成立までこぎつけるようにしましょう。諦めない精神こそが不動産営業には大切な要素になります。

不動産営業の平均年収

ここからは、不動産営業の年数統計について紹介していきます。

年収統計

年収の統計を見ると、200~600万円が平均的な給与額になります。年齢別で見ると、20代は200〜300万円、30代〜40代が、400〜700万円程度になります。 50歳くらいになると、960万円程度になることも可能です。

年代 平均年収
20代 200〜300万円
30代〜40代 400〜700万円
50代 960万円

成果報酬の会社であれば、これよりも高い給与が期待できるので30代で年収1,000万円以上稼ぐことも難しいことではないといえるでしょう。

年収1,000万円以上になるためには

不動産営業で年収1,000万円以上は難しいことなのでしょうか。不動産営業は契約すればするほど給与に反映されるため、難しいことではありません。努力をすればするほど収入を上げることができる仕事なので、年収1,000万円は夢の話ではなく現実的に可能です。

しかも1000万円だけでなく、不動産営業の仕事に携わっている方の中には年収2000万円以上稼ぐ方もいます。それでは、どのようにすれば年収があがるのでしょうか。詳しく掘り下げていきましょう。

資格を取得しておく

年収1,000万円以上になると、それなりの実績を残さなくてはなりません。ただ物件を売るだけでなく、自分しかできないことがあれば収入も必然的に高くなります。

もし今の職場で評価されていなくても、資格を取得しておくことでヘッドハンティングされることも可能です。場合によっては会社を立ち上げることもできるので、やはり資格を取得した方が有利です。

不動産営業として資格を取得しておいた方が良いものは、契約時に必要不可欠な資格である「宅地建物取引士」、いわゆる“宅建”と呼ばれる資格を取得しておくと良いでしょう。またこれ以外の資格で持っておくと良い資格は、「マンション管理士」の資格です。

マンション管理士の資格を持っていると、マンションの物件を扱う際にどのような運用をすれば良いかマンションの管理人にアドバイスすることができます。このような助言ができることで、マンション経営を委託する契約を結ぶことができるため、実績を大きく広げることができます。

また直接的には影響がないものの、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば購入しようかどうかで迷っている方に対して的確なアドバイスを伝えることができるので、ファイナンシャルプランナーの資格を持っておくと良いでしょう。

信頼関係を築く

年収1,000万円以上になるためには、さまざまな人たちとの交流が必要不可欠です。色々な人たちとの人脈があれば不動産関連の仕事が舞い込むことも少なくありません。また著名人とプライベートでつながっておけば、高額物件の契約も夢ではないでしょう。

自分の人脈をフルに活用することができるので、日頃から色々な場所に顔を出して人脈を作るようにしましょう。

買い手に強要しない

良い不動産営業と悪い不動産営業の大きな違いは、「客に対して購入を強要するかどうか」です。ダメな不動産営業はなんとでも契約をさせようと、強引な方法で契約を進めようとします。

そのため、契約をその時成立させることができてもその後は契約に結びつかないことがあり、オススメできません。また強引すぎる契約方法が世間でも問題になっているため今後は難しいといえます。

一方、良い不動産営業になるとその人が本当に購入したい物件しか提案をしません。ダメな物件はオススメせず良い物件しか購入を勧めないので、お客さんにとっても良いため契約後も信頼関係を築くことができます。

年収1,000万円以上の不動産営業になりたいのであれば、購入を強要するのではない寄り添った提案ができる営業を目指すようにしましょう。

不動産営業の給与・年収まとめ

努力があれば年収が上がる仕事

不動産営業の給与は普通に働いていれば人並みくらいもらうことが可能な仕事です。しかし不動産営業として少しでも多く稼ぎたいのであれば、資格を取得したり人脈を作ったりと努力をし、「稼げる環境」を作るようにしましょう。

努力をすればするほど自分に還元することができる仕事なので、収入を上げたい方は努力を惜しまずやるべきことを取り組んでみましょう。努力をしてもなかなか給与が上がらないような場合には、インセンティブがある職場に環境を変えることも考えてみると良いでしょう。

不動産営業の参考情報

平均年収200万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

不動産営業の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB