不動産営業の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

不動産営業の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

不動産営業にはどのような資格があればできるのでしょうか。不動産営業が持っておいた方が良い資格や、資格に関する試験はどのようなものかを詳しく紹介します。このページを読めば不動産営業に必要な資格がわかるので、ぜひ参考にしてください。

不動産営業の資格とは?

不動産営業の資格にはどのようなものが必要なのでしょうか。不動産営業に求められる資格について詳しく紹介していきます。

資格がなくてもできる仕事

不動産営業の資格は資格はいりません。会社で不動産営業の仕事を任命されたら、誰もが取り組むことができる仕事です。実際に無資格で不動産営業を取り組んでいる方も多くいます。それでは、不動産営業では、どのようなスキルが必要なのでしょうか。

営業努力でなんとかなる

不動産営業の仕事で最も必要なことは、情熱と努力です。契約をこぎつけるためにどこまで努力することができるかが重要になります。努力ができない方は不動産営業には向いていないと言えます。営業スキルを高めるためには、コミュニケーション能力も求められます。

不動産営業は、コミュニケーション能力と熱意で優秀な成績を収めているという方もいるほど、資格よりも熱意が求められる仕事です。資格を持っていたからといって成績に直結するようなことはないため、シビアな部分もあります。

大手の不動産会社では資格が必要なことも

大手の不動産会社になると、資格が必要なケースもあります。このような場合はマンション経営をしている会社や、不動産の豊富な知識を得るために資格取得を会社で推奨していることがあります。

このような会社に就職をすると、入社して研修期間中に資格取得をすることになるので、初めの頃は現場ではなく知識を得る期間であると認識しておく必要があります。

不動産営業に役立つ資格「宅地建物取引士」

宅地建物取引士の資格とは?

宅地建物取引士(たくちたてものとりひきし)とは、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者であり、宅地建物取引業者(一般にいう不動産会社)が行う、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務(重要事項の説明等)を行う、不動産取引法務の専門家である。

一部の会社では、宅地建物取引士の資格取得を推奨されることがあります。この資格を保有していると、不動産営業を幅広く展開することができます。

取得しておくとそれだけで信頼関係を作ることができます。もちろん、資格がなくても営業をすることができます。しかし取得しておくと、お客さんとの取引がスムーズになるほか、安心して売買することができるので、優秀な成績を収めたい方は取得を心がけるようにしましょう。

宅地建物取引士はつぶしのきく資格

宅地建物取引士の資格は、不動産営業以外にも活用することができます。不動産会社では資格を持っているだけで色々な場所で活用することができるので、取得をして損をするということはありません。不動産営業だけでなく、不動産業界の仕事をするうえで宅地建物取引士は大いに役立つ資格であるため、転職などをする場合にも有利に働きます。

また、資格を取得していると特別手当として給与にも反映するため高い給与で働くことができます。不動産営業として活用するだけでなく、自分のキャリアを助ける資格にもなるのでぜひ取得しておきましょう。

宅地建物取引士の資格難易度・合格率

宅地建物取引士の資格難易度・合格率はどの程度なのでしょうか。宅地建物取引士の資格試験について詳しく紹介していきます。

宅地建物取引士の取得難易度

宅地建物取引士の資格は、毎年3万人程度の受験者がいます。その中でも合格できるのは15%で狭き門であるということがわかります。宅地建物取引士の良い点は、年齢や学歴に関係なく試験を受けることができるため、しっかり勉強すれば誰もが資格を取得するチャンスがあるという点です。

問題内容

問題内容は、マークシート方式で50問出題されます。その中から、民法、宅建業法、法令上の制限などが出題されます。全体で31〜37問正解する必要があります。毎年合格ラインが変わるので、最低点をとるのではなく、40問正解をするように目指しましょう。

具体的な勉強方法は

宅地建物取引士の資格に必要な学習時間は400時間程度が必要です。その気になれば半年程度で猛勉強をすれば資格を取得することができますが、詰め込みの勉強方法では仕事で活用することができない可能性があるので、資格を取得する際は1年近く計画を立てて取得するように心がけましょう。

試験の日程について

宅地建物取引士の試験は、6月上旬頃から募集を開始します。試験は10月の中旬〜下旬にかけて行われ、発表は12月になります。資格を実際に活用することができるのは、1月以降になります。

その他の不動産営業に関連する資格

不動産営業で宅地建物取引士の資格があると交渉を有利に進めることができます。この資格以外にも取得しておくと良い資格はあるのでしょうか。

司法書士

不動産営業では、売買などの業務を行うなかで不動産登記関連の雑務が生じますが、多くの場合は司法書士などの専門家に依頼しています。不動産登記自体は誰でも行なえますが、高額取引であることが多い不動産業界ではプロの司法書士に依頼するのが主流です。

そのため、司法書士資格を所有していれば不動産取引で外部に投げていた作業を行えるようになる上、会社から資格手当なども得られるでしょう。実際に売上成績が良いトップの不動産営業には、元司法書士の方もいます。

宅地建物取引士とあわせて取得すると、ほぼノンストップで業務を行えるため、スムーズな取引が行なえますし、相手方からの信頼も高くなりますので、両資格の取得を検討しましょう。

フィナンシャルプランナー(FP)

フィナンシャルプランナーの資格を持っていると、その人の人生設計をお金目線で分析することができます。

不動産を購入する・売却することは人生にとって大きな変化をもたらすことなので、フィナンシャルプランナーの資格を持っていれば、不動産を購入する方、売却する方それぞれにメリットがどのようなことがあり、どのような不動産の購入をすれば良いかをアドバイスできます。

FP資格を持っていると営業もしやすくなるので、不動産営業の仕事でスキルアップを目指しているのであれば、資格取得を検討してみましょう。

マンション管理士

マンション管理士の資格を持っていると、マンションの維持・管理のコンサルティングができます。そのため、マンションを専門に扱っている不動産会社で働けば、マンション管理士の目線でアドバイスをしながら、マンションの賃貸経営が可能になります。

日本の将来的にもマンション管理士の需要は高まっていくので取得を心がけるようにしましょう。

不動産営業に役立つ資格が取れる学校

宅地建物取引士の資格など、不動産営業に役立つ資格はどこで取得することができるのでしょうか。独学でも取得することが可能ですが、やはり専門的な知識を必要とする資格であるため専門学校などに通って受験することをオススメします。

専門学校

士業関係の資格を扱う専門学校に通って勉強をしても良いでしょう。資格の専門学校の良い点は過去問を考慮した上で何が問題に出題されやすいのかを独自で分析しています。出題される分野からどこを重点的に勉強すれば良いかを教えてもらうことができるため、効率よく学習が可能です。

また、分からないことがあれば講師に聞くことで疑問を解消することができるため、自分のものにすることができます。大学生や比較的時間がある方は資格の専門学校で勉強をするようにしましょう。

通信教育で勉強する

社会人の方の中には勉強する時間が取れず専門学校にコンスタントに通うことが難しいという方もいます。そのような方は自分の勉強することができる通信講座がオススメです。宅地建物取引士は、筆記試験の点数で合否が左右するので、しっかり勉強をすれば合格は難しいことではありません。

通信講座で送られてくる資料を元に勉強をしても、十分資格を取得するために必要な知識を得ることができるので、自分で好きな時間に勉強したい方は通信教育で勉強するようにしましょう。

不動産営業の資格・試験まとめ

熱意があれば資格がなくてもできる仕事

不動産営業の資格はこれといった資格は必要ありません。しかし、熱意があれば資格がなくても十分できる仕事です。もちろん、不動産関連の資格を持っていれば、不動産営業成績に結びつく可能性があるので、キャリアの幅を広げたい方は資格を取得するようにしましょう。

不動産営業はやる気さえあれば仕事の幅を大きく広げることができる仕事でもあるので、資格取得を前向きに検討してみましょう。

不動産営業の参考情報

平均年収200万円~600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種建築・不動産

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

不動産営業の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB