執事の仕事内容とは?サービス業の最高峰と言える仕事のやりがいや魅力について解説

執事の仕事内容とは?サービス業の最高峰と言える仕事のやりがいや魅力について解説

お屋敷に仕え上質なサービスを提供する執事はどことなく高貴な雰囲気で、一般人とは無縁のようにも思えます。最近ではアニメやドラマなどでも執事がテーマになっている作品が多いため、見かけることが多くなりましたが、実際の仕事内容はどのようなものなのでしょうか?

執事とはどんな仕事?

富裕層に仕えることが多い

全体的に質の高いサービスを提供することから、富裕層と呼ばれるお客様に仕えることが多い執事の仕事。実際に関わるお客様は、お屋敷や多数の土地を所有している大富豪や資産家がほとんどです。

お客様自身が日頃から上質なサービスに慣れており、そのようなVIPな方にも満足してもらうため、執事としても徹底したサービスを提供する必要があります。

お客様1人1人の要望に応える仕事

執事として働くうえで大事なのはお客様の要求にできる限り応えることです。お客様の要望は日々の生活の中の些細なことから、一般人には想像しがたい無理難題を強いられることも多く、お金で解決しようとする人が多いものです。

「お金ならいくらでも払うから絶対に叶えてほしい」と言われても、できる限りその要求を受け入れてサービスを提供しなくてはなりません。

急な要望にも対応できるように常日頃から世の中の情勢に詳しくなっている必要がありますし、色んなことに精通していることが大切です。人脈を広げ、横のつながりを利用することで幅広いサービスを提供しながら働く執事もいます。

マナー・教養などをレクチャーすることも

執事の仕事は大富豪に仕えることだけではありません。時にはマナーをレクチャーする講師として講座を開くことや、高いサービス力が求められる職業の方に基本のマナーや所作を教えることもあります。

もちろんお客様のお子様の将来のために、小さいうちから教養を身に着けさせ指導することもあります。富裕層のお子様は幼稚園や小学校から名門校を受験することも多く、その対策として、合格するように執事が尽力することもあります。

名門校の受験は保護者の面接もあるため、親も一緒に受験対策をすることが多く、そのような場合は親にもマナーや教養をレクチャーしなければなりません。

サービス業の最高峰と言える仕事

執事の仕事は関わるお客様1人1人の生活レベルが高く、そのため自然と求められるものもレベルが高いものとなっています。

富裕層には多忙を極める人も多く、限られたプライベートの時間をより豊かに過ごすために執事を手配する人が多いです。執事を手配することは一般的な生活をしている人にとっては高額な金額になりますが、富裕層に属する人にとってはお金より、忙しい中で少しでも充実した毎日を過ごすことが大事なのです。

お客様のこだわりも大切にしながら、そのような特殊な人に対して満足のいく対応をする執事という仕事はサービス業の最高峰といっても良いでしょう。

執事の仕事の具体的な内容

お客様の生活をサポート

執事の仕事はお客様によって要望が異なるため業務内容としては実に様々です。しかし基本的な内容としてはテレビドラマや映画などで見るような、お客様の自宅で生活の大部分をサポートし、上質なおもてなしをすることといって良いでしょう。

その内容は、食事の手配や来客対応、教養・マナーの指導、資産管理など多岐に渡ります。

家事や食事の提供

執事として働くうえで重要な業務が家事、食事の管理です。執事を手配するような家庭にはたいてい、執事以外にも他の使用人や家政婦、料理人、ハウスキーパーなども在籍しているため、それら他の使用人を取りまとめるリーダー的な役割を担っていることも多いでしょう。

富裕層の顧客は少々クセの強い人も多く、食の好みなど強いこだわりを持つ人もいます。そんなお客様の食事の決まりや使用する食材なども全て把握しておくのが執事の仕事です。あらかじめお客様をよく観察し、または要望を聞き、料理人に忠実に伝えることで満足する食事を提供します。

さらに家事の面でも気を付けることは多いでしょう。お客様の自宅にある家具や家財道具など、一つ一つのものが高額であることが多いため、破損がないよう注意して管理することも執事の大事な仕事です。家政婦やハウスキーパーとも連携を取り、徹底した管理を行います。

お子様や奥様の送迎をする

お客様のお子様や奥様の送迎をします。お子様の送迎では犯罪対策として、あえて庶民的な車を使用するなんていう工夫もします。富裕層の方やその家族は犯罪に巻き込まれやすいリスクがあることから、執事が工夫して家族を守ることも立派な業務の一つとなっています。

来客の対応、お茶出し

毎日、その日の朝に来客の確認をします。来訪したお客様への対応も質の高いサービスを心掛けます。富裕層と関わる人も同じく富裕層であることが多く、上質なサービスに慣れているものです。そのため来客対応も誠心誠意、失礼がないように心を込めてサービスします。

急な来訪でも対応できるように、常に喜ばれるおもてなしを日頃から準備しておくことも執事の仕事です。

資産管理

顧客によって違いはありますが、顧客が所有する土地などの管理を行うこともあります。お客様のあらゆる資産を管理するのも執事の仕事です。執事を手配するほどの富裕層の人は、自宅だけでなく別荘地を所有していることも多く、執事がそれらの土地なども管理します。

執事の仕事のやりがい

お客様にとって唯一無二の存在になれること

執事として働くうえでやりがいを感じる点はお客様にとって特別な存在になれることでしょう。顧客の生活の大部分をサポートし、お互いに信頼関係を築いていくため、家族に近い絆が生まれ、お客様にとって執事が必要不可欠な存在になることもあります。

どんなに難しい要望でもできるかぎり対応するということは、時に大変な苦労をすることもありますが、達成できたときはお客様から喜ばれることでしょう。お客様に真摯に尽くし、感謝された時にはやりがいを感じる仕事です。

執事はマニュアルがない仕事

執事という仕事はマニュアルが通用しない難しさがあります。世の中にはあらゆるサービス業であふれていますが、その中でも特に執事は富裕層や資産家、いわゆる「お金持ち」に分類される顧客と関わることが常日頃です。

そのような特殊な方たちに満足してもらえるような対応を常に考え、実行することはたやすいことではありません。ただ言われた要望をこなすのではなく、顧客に喜んでもらえるようにするためには何が必要か?という洞察力、観察力も大事です。

いつでも丁寧に対応し、お客様一人一人に合わせたサービスプランを立て、時には臨機応変に動かなければならない執事の仕事は苦労も多いですが、そういった大変さが大きなやりがいにも繋がります。

繋がりが増えて人生が豊かになる

執事として顧客に対応する中で、色んな人との出会いも増えていきます。富裕層の知り合いには同じく富裕層が多いため、そのような社会的な位の高い方たちと知り合い、繋がりができることがあります。

そうして働くうちに人脈が増え、執事自身の人生も自然と豊かなものになっていく仕事です。

顔が広いと仕事にも役立つ

色んな業界に人脈を作ることで顧客からの急な要望にも応えやすくなります。繋がりを利用して色んな人に協力を得られるからです。大変な仕事ではありますが、色んな人と知り合い仕事に役立てられることはやりがいにも繋がります。

執事の仕事内容まとめ

執事という仕事は高いサービス精神とどこまでも尽くすという努力で成り立っている

執事の仕事は顧客の生活をより充実したものにするために上質なサービスを展開するものです。基本的にお客様には高い金額を払って手配してもらっているため、生半可な気持ちではできない仕事でしょう。

顧客の想像を超えて満足してもらえるような高いサービス力が必要とされる大変な仕事ですが、要望を叶えられたときにはやりがいも感じることが多い仕事です。

普通に生活していく中では馴染みのない職業ですが、少なからず富裕層が存在する限りは執事の活躍の場も増えていくことでしょう。

執事(バトラー)の参考情報

平均年収300万円~1000万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種その他

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

執事(バトラー)の関連記事

その他に関する他の職業KANREN JOB