お笑い芸人の給与・年収は上と下で格差が大きい!年収億単位の達成実績もある世界

お笑い芸人の給与・年収は上と下で格差が大きい!年収億単位の達成実績もある世界

お笑い芸人の給与・年収は上下にとても差が大きい特徴があります。特に初任給は低額な傾向があり、多くのお笑い芸人はアルバイトなどで兼業して生計を立てています。しかし、成功すれば高額な年収が狙える夢のある報酬体系です。

お笑い芸人の初任給

お笑い芸人の初任給は約1万円

お笑い芸人の初任給は約1万円と他の職種における初任給と比べかなり低めとなります。初任給の分布においても10万円以上貰う方の割合がとても少なくなっています。

新人のお笑い芸人は劇場で出演することが中心となります。しかし、1回の出演に対する報酬がとても低額であると言われます。極端な時には数百円となり、劇場までの交通費も足りないケースがあるくらいです。

営業と呼ばれる各地で開かれる催しに呼ばれる仕事も大切です。こちらは劇場への出演と比較すると支給額が高めと言われます。多くの営業を行いたい所ではありますが、実績のない新人お笑い芸人にとって選抜されるまでが大変です。

出演数を増やすことが大事

お笑い芸人の雇用形態は固定給ではない形が大半です。仕事を引き受けた実働部分に対する報酬となります。このため、劇場や営業にて出演数を増やすことが収入増加への流れとなります。

しかし、新人お笑い芸人は毎年多く誕生します。その中で自分を選んでもらうための働きかけが必要です。お笑い芸人としての特徴や笑いを生み出す持ちネタをアピールしていくことが大切です。

また、1度出演させてもらった所から再度オファーを頂けるかどうかも大切です。複数回の出演が可能となる事は一定の評価を頂けています。当該箇所のみならず、仕事仲間の口コミで他のオファーに繋がる事もあります。それだけ複数回の出演ができるという実績は大切となります。

アルバイトなどを兼業して生計を成り立たせる

多くのお笑い芸人は初任給で生計を賄えないため、アルバイトなどを兼業します。しかし、お笑い芸人の仕事は曜日や時間も固定されていません。深夜や早朝にわたる撮影から海外へ長期間ロケがある仕事もあります。

このため、お笑い芸人の兼業アルバイトはシフト勤務の飲食店や期間限定のアルバイトを好むと言われます。シフトに融通が利く形で、本業のお笑い芸人の仕事へ力を注げる体制として好まれています。

ギャラと支給額の違い

お笑い芸人の給与ではギャラという表現がよく使われます。法人間での取引における売上高のようなイメージです。ギャラは1出演あたりに頂ける金額ではありますが、通常お笑い芸人は芸能事務所に所属しています。

ギャラから芸能事務所における取り分を引いた額がお笑い芸人の手元に配分されます。この芸能事務所に控除される率が所属先によって異なります。通常、仕事の手配が多い事務所は控除率も高くなると言われます。

お笑い芸人の平均給与の統計

お笑い芸人の平均給与は20万円前後

お笑い芸人の平均給与は20万円前後となり、他の職種に比べかなり低めです。なぜならば、初任給と変わらない位置づけのお笑い芸人が大多数であり厳しい収入面となっております。

しかし、有名お笑い芸人は収入の桁がいくつも変わると言われています。テレビ出演における1番組あたりのギャラが数百万円という高額になる方もいます。

それだけ上下差の大きい給与形態でありますが、駆け出しのお笑い芸人にとって先輩芸人の高報酬実績は今後への希望とも言えます。

出演単価を上げていくことが大事

新人のお笑い芸人は仕事自体が少ないため、仕事数を増やすことが大事です。しかし、物理的に出演できる本数は限られています。人気が上昇してきたお笑い芸人は出演単価を上げていくことが大切となります。

出演単価の上昇は実績を出すことによって叶えられます。出演実績から現場における笑いの反響まで実力が認められると出演単価も上がっていきます。高い出演単価になっても、依頼でスケジュールが埋まるという流れができれば最適な形となります。

また、お笑い芸人として活躍できる媒体を見定める事も大切です。すべてのお笑い芸人がテレビ出演に適する訳ではありません。劇場でのネタに定評がある方や営業にてその場にあったネタが得意な方もいます。得意分野を見定めて力を入れていくことが大切です。

年齢や経験による昇給はない

お笑い芸人は上下関係に厳しい世界として有名です。お笑い芸人としての経験年数も芸歴と呼ばれ、芸歴の上下において先輩後輩関係が生まれます。

しかし、給与においては年齢や経験における差はありません。人気次第の完全実力主義となっています。このことから、後輩が先輩の数倍年収を稼ぐという事はお笑い芸人では珍しくありません。

他の職種では年齢が上がるにつれて定期昇給による給与増加という形も多いです。増加幅も年齢と共に大きくなります。年齢水準に追いつくには、お笑い芸人の人気を上げて対応する必要が出てきます。

人気の持続が大切

人気が出るまでも大変なお笑い芸人の世界ですが、この人気を維持する事はより困難と言われます。忙しい中でも新しいネタを考えるなど相応の努力が求められます。

お笑い芸人は憧れの職業であるため、毎年才能豊かな新人が多数登場します。人気がある新人が出てくるとその分、先行者に影響が出ます。

それでは、一時期だけ人気が出たお笑い芸人は低収入に逆戻りするのでしょうか。いわゆる一発屋と呼ばれるお笑い芸人です。こちらは実際、営業で活躍されているケースが目立ちます。

営業現場では新ネタを求めるというよりも往年のヒットしたネタが好まれます。一発屋という誰でも知りえるくらい人気が出たネタはとても喜ばれます。このことから営業現場では人気の持続とも取れる効果があり、一発屋芸人の方が活躍されています。

お笑い芸人の年収統計

お笑い芸人の平均年収は250万円前後

お笑い芸人の平均年収は250万円程度であり、平均値で考えると低めです。しかし、注目されるのは年収が高いお笑い芸人の人数が多めという事です。

他の職業では年収1,000万円台も数えるほどの人数となる職種もあります。しかし、お笑い芸人ではトップ層は億単位であり、年収1,000万円台も相応にいる形です。

年収について限りなく低い方も人数では多い実情があります。逆に、年収上限も高くなる傾向となっています。お笑い芸人にとっては高収入も狙える目標設定が行いやすい形となります。

年収1,000万円以上のお笑い芸人も多い

定期的にテレビ出演を行っているお笑い芸人は年収1,000万円を超える傾向があります。出演単価も上がり、営業先でもメインゲストとして呼ばれます。

また、テレビCMや新商品発売のイベントなど仕事の範囲が広がることも特徴としてあります。テレビ出演の知名度から一定の人気が担保されているとみなされます。特にテレビCMは年収増に大きく寄与すると言われています。

トップ層では億単位の年収も可能

お笑いに詳しくない方でも知っているような有名お笑い芸人では年収が億単位となります。しかも、1人や2人ではありません。多くのお笑い芸人における目標となっています。

特徴として長期にわたり高年収帯を維持している点もあげられます。1年おきに入れ替わるというよりも1度到達すると固定されているようなイメージがするくらい長期にわたり維持しています。

これはブームに左右されない本当の実力があるからこそと言えます。お笑いブームは過去何度もあり、その追い風によって人気が出ているという訳でもありません。あまりお笑いに注目が集まらない時期でも安定して力が出せているからこそ年収を保てています。

新しい収益化の流れ

お笑い芸人の収益構造も従来からある形とは少し違った方向性も出てきました。例えば、youtubeにおける展開や地域密着型として住み込みながらPR活動を行うという展開です。

笑いを生み出せるという能力を適した媒体で生かしていこうとする動きです。この形が成功することにより、様々な分野でお笑い芸人のポテンシャルが見直され、平均年収も底上げされていく事が予想されます。

お笑い芸人の給料・年収まとめ

年収格差はチャンスの表れでもある

お笑い芸人の給料・年収は平均額がとても低めとなっています。お笑い芸人は初任給がとても低いため、多くがアルバイトなど兼業によって生計を立てています。

厳しいスタートとなりますが、成功すれば年収億単位も可能です。お笑い芸人は人気による完全実力主義であるため、チャンスは誰もがあります。実力次第で高い年収が可能であり、やりがいにもつながる年収構造と言えます。

お笑い芸人の参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

お笑い芸人の関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB