お笑い芸人の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

お笑い芸人の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

お笑い芸人の仕事内容はライブで見せるネタだけではありません。事前準備も多岐にわたり、笑いの結果として何を達成したいか制作チームの一員として確認する事も大切です。憧れの存在になるなどやりがいも多いお笑い芸人の仕事内容をご紹介します。

お笑い芸人とはどんな仕事?

笑いの元となるネタをつくりあげる

お笑い芸人の仕事はテレビ収録や劇場でネタを披露することだけではありません。持ちネタとして披露できる内容を準備する事から始まります。

当然、番組収録の主旨に沿った形で構成作家の方からアドバイスをもらうこともあります。しかし、基本的にはお笑い芸人自身のネタづくりから始まります。

更に、ベースとなるお笑い芸人自身について振り返る必要もあります。例えば、発声が悪く声が籠ってしまうなど反省点も出てきます。ネタを披露する前に万全な状態へと整える事から仕事が始まります。

チームの方向性をつねに意識する

ネタを披露する場面で何が求められているかを意識します。いわゆるウケるという事ばかり追い求めることがすべてではありません。番組などを制作するチームとしてお笑い芸人に何が求められているかを確認する必要があります。

お笑いのネタでは破天荒な内容もあります。しかし、求められているチームとしての方向性を外しては仕事になりません。破天荒な内容はチームがゴールにたどりつくまでの手段であり、目的は何かを意識する必要があります。

笑いによって場の空気を変える仕事

考えぬいたネタを本番で披露する事により、場の空気を変えることが求められます。例えば、静かに演者を見ていた観客が一斉に笑い声がおこるくらいの変化です。

お笑い芸人の働きかけによって観客を笑わせることが大切です。この笑わせるという仕事はお笑い芸人の仕事の中でも目立つ部分です。結果が求められる部分でありますが、この結果に繋がる影の努力があってこそ形になります。

現場の状況把握が大切

お笑い芸人がネタを披露する状況は様々です。予期しないアクシデントが起こる場合もあります。例えば、ステージに立った時にマイクの電源が入らない状況もありえます。

このような変化する状況に対して適切な対応を取れることが仕事として求められます。いわゆるリアクションが上手にとれるかどうかです。適切に状況をつかみ、活かしてさらに笑いの質を上げる仕事ぶりが求められます。

求められるポジションも意識

常に観客がお笑い芸人を主役として見る環境ばかりではありません。近年ではひな壇芸人と呼ばれる番組全体を盛り上げる位置も重視されてきました。

明確に分けられていない場合もキャスティングの意図をつかんだ仕事が求められます。笑いという空気を変えられるアクションを取りながら番組全体の方向性を調整する役割も求められています。

お笑い芸人の仕事の具体的な内容

選考オーディションでネタを披露する

名指しで出演依頼が来る有名お笑い芸人以外はオーディションでネタを披露する所から始まります。いわゆる、ネタ見せと呼ばれる行動です。

これまでにつくりあげたネタを披露します。その上、本番で自分を配役してくれれば、どれだけお笑いにより空気を変えられるかをアピールします。オーディションに参加する方はネタを練り上げてきた方ばかりであり、競争も熾烈となります。

採用されなかった時にも大切なこと

芸風と呼ばれる芸の内容が、番組の求める方向と一致しない事も多いです。そのため、オーディションに落選する事もあります。しかし、落選時にも仕事に繋がる可能性は多くあります。

オーディションの審査は様々な番組制作に携わる人が大半です。つまり、他番組の制作にも携わります。今回、芸風があわなくとも記憶に残ってくれれば次回、声がかかるケースもあります。

様々なチャンスにつながる部分がネタ見せは大切とされる理由です。お笑い芸人にとって観客の前には出ない仕事ですが重要視されます。

前説を行う

お笑い芸人は番組収録などでメインの演者が行う前の環境整備に努める仕事を担います。前説と呼ばれる仕事です。

この前説は、経験の浅いお笑い芸人が鍛錬を積む場として、とても重要視されています。現場で観覧する方はお笑いに慣れている方ばかりではありません。拍手の方法や声のかけ方など教えておかなければならない事項もあります。

ただ、連絡事項を伝えるだけではなく、メインの演者がスムーズに仕事へ入れるように整える必要があります。前説で先に笑ってもらって、気持ちを前のめりにしてほしいなどの要望があります。

これらに沿って、場を整えることはメインの演者となった際も有効です。お笑い芸人に必要な対応力が磨かれるとして大切な仕事となります。

舞台、収録でネタを披露する

ネタの披露では主に2通りがあります。テレビ番組のように収録を行う形と劇場などやり直しのきかないライブ発信の形です。

収録では何度取り直しても最高な形を追求する事となります。実際は4回、5回と同じシーンを収録していても始めての気持ちで演じて、取り直し前よりもよい作品を求められます。番組として放映される内容よりも長時間の収録となります。長時間でもネタを披露できる体力が必要です。

ライブ発信ではやり直しが原則できません。何かアクシデントがあった場合でもその内容を含めて笑いに変えるくらいの対応力が求められます。また、うまく笑いが取れない事も現場ではあります。このような時に軌道修正できるアイデアを所持していなければなりません。

営業と呼ばれる現地活動

各地で開催される催しものにお笑い芸人が呼ばれることもあります。営業と呼ばれる仕事です。観客との距離も近く、芸人自身の出演時間も長めとなるため多彩なネタの準備が必要となります。

また、遠方よりお笑い芸人を企画の目玉として呼ぶケースも多くあります。現地における企画の意図を把握して求められる役割に沿った活動になるか意識して動く事が大切です。

お笑い芸人の仕事のやりがい

笑いという反応が返ってくる

笑ってもらいたいと考え抜いたネタで狙い通りの結果が返ってきます。達成感がとても高く、結果が明確にわかります。結果の伝わり方もデータではなく、笑いの声量などお笑い芸人に肌感覚で伝わってきます。

他の仕事と比べてもこのように直接反応が返ってくる部分は特筆できる箇所です。認められている事がわかり、行動も前向きになります。

チームとして達成感を味わえる

お笑い芸人が活動する仕事では、多くの裏方と呼ばれる方とチームを組んで取り組みます。この裏方と喜びを分かち合えるという部分も大きなやりがいです。

準備期間は、長時間の勤務など時間的にも肉体的にも苦労があります。さらに、方針の違いから対立する事もあります。これらを乗り越えて、本番を迎え、成功させた際には苦労した分の達成感が増してきます。

普段、お笑い芸人の打ち上げ光景がよく取り上げられます。これは、打ち上げが強調されるくらいチームとしての取り組みがあるからこそと言えます。

憧れの対象となる

テレビや舞台など人前でネタを披露する為、知名度が向上します。上昇してきた人気を実感することができます。

更に、知っているという知名度から憧れへと変化していきます。幅広い年代の方から憧れの対象として認められることに大きなやりがいを感じます。お笑い芸人はなりたい職業というアンケートで常に上位に位置します。それだけ、憧れの対象であり長年にわたり認識されている結果です。

高い金銭評価

駆け出しのお笑い芸人は給与も低く、金銭的に苦労する事も多いです。アルバイトなどを掛け持ちする形で生計を成り立たせています。お笑い芸人という本業がありながら兼業する事は体力的にもとても大変です。

一方、仕事が途切れない人気お笑い芸人となれば収入は桁がいくつも変わると言われます。実際、年収で億単位のお笑い芸人も多数います。苦労があった分、反動も含めて金銭的評価は大きなやりがいとなります。

お笑い芸人の仕事内容まとめ

笑いのゴールは何かを意識する事

お笑い芸人の仕事内容はネタから受ける印象もあり、自由奔放な仕事と思われがちです。しかし、チームとしての協力や企画元の主旨に沿うなど全員で達成したいゴールへの意識が求められます。

憧れの存在として認められるなどやりがいも多い仕事となります。お笑い芸人の仕事は、準備からネタ披露まで一貫して制作チームの思いを含めた方向性を見失わないことが大切とされます。

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

お笑い芸人の関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB

新着記事NEW ENTRY