劇団員の給与・年収は?劇団四季・宝塚歌劇団をもとに収入を解説

劇団員の給与・年収は?劇団四季・宝塚歌劇団をもとに収入を解説

舞台で活躍する劇団員の給与は、どのくらいの金額なのかご存知でしょうか。このページでは、劇団員の給与や年収について、また劇団員の給与の仕組みについての情報を劇団四季・宝塚歌劇団をもとにご紹介します。

劇団員の初任給

出演することで給与が発生する

劇団員の給与は「ギャラ」と呼ばれており、1ステージ毎に決められた金額が設定されています。

この金額には幅があり出演するステージの規模や内容、役者自身の知名度、観客動員数などによって変動されます。劇団の中には1ステージ5,000円のギャラを支給する劇団もありますが、平均して1ステージ約1万円前後が平均して支払われます。

劇団員の初任給は自身が所属している劇団によって異なるため、劇団四季・宝塚歌劇団の初任給をご紹介します。

劇団四季に所属し舞台俳優を目指している方は研究生と呼ばれ、入団後の初年度は給与が発生しません。無収入ではありますが、無料で劇団四季の稽古を受けることができます。研究生の期間が終了し舞台に立つことができるようになり、初任給額は約17万円前後となっています。

宝塚歌劇団は阪急東宝グループのエンターテインメント・コミュケーション事業となるため、その事業の新卒採用基準と同様の初任給となります。各個人契約額が異なるため。宝塚歌劇団の給与額は「すみれコード」と呼ばれ、公表されていません。

経営が成功している団体は2つ

劇団員の仕事だけで生計を立てていきたいと考えている方は多いかと思います。しかし、日本国内で劇団として経営が成功している団体は「劇団四季」と「宝塚歌劇団」の2つのみです。

この2つの劇団に所属しない限り、劇団員として演劇のみで生活することは厳しい状況といわれています。

小さな劇団ではチケットのノルマもある

劇団四季や宝塚歌劇団などの大手の劇団ではチケットを売りさばくというノルマはありませんが、小さな劇団では劇団員がチケットを売らなくてはいけないことが多い傾向にあります。

多くの観客を動員することでやっと劇団員にギャラが発生することが多いため、チケットが売れ残るとその分チケット代を借金しなくてはいけないこともあります。

チケットを売りさばくことができなければ劇団からの収入は発生しないので、劇団員として仕事に従事しても無収入になってしまうことがある厳しい職業といえるでしょう。

では劇団員の平均給与額はどれほどなのでしょうか。劇団四季・宝塚歌劇団を基に平均給与額についてご紹介します。

劇団員の平均給与

劇団四季の平均給与額

劇団四季の平均給与額は約40万円前後となっておりますが、年代によって差があり20代では約23万円前後、30代では約40万円前後、40代では約50万円前後となっています。

劇団四季の給与額の計算方法は、俳優の出演回数と俳優単価をかけて計算されています。主役級になると給与額は高くなる傾向にあります。

宝塚歌劇団の平均給与額

劇団四季とは異なり、宝塚歌劇団は7年間ある研修期間も給与が支給されます。その給与額は一般的なOL並みの支給額とされており、研修生から舞台デビューまでの給与額は約15~18万円といわれています。

トップクラスのスターになると、1回の公演で約100万円前後の報酬を受け取ることができるようになります。しかし舞台衣装は劇団から支給されますが、かつらやアクセサリーは自身で用意しなくてはいけないため、自費の部分が多くなります。

稽古中は給与が発生しない

劇団員はステージに立つことで給与が発生します。そのためステージ以外の稽古の時間には給与をもらうことができません。稽古の期間が1か月にも及ぶことがありますが、その間も劇団員としての収入を得ることができないため、アルバイトをすることで生計を立てる方も多くいます。

中小規模の劇団での収入は期待できない

劇団四季や宝塚歌劇団の劇団に所属し、研修期間を終え舞台に立つことができる役者になることで劇団員としての給与で生活することができる可能性がありますが、中小規模の劇団では使用する劇場の規模も小さく、そのため公演回数も少なくなります。チケットの単価も安くなるため収益を得ることが難しいとされています。

公演しても赤字になることも珍しくなく、赤字になると出演してもギャラを支払われないこともあります。そのため劇団員はアルバイトや別の仕事をしながら舞台に立つ生活スタイルになる方が多い傾向にあります。

次に劇団員の平均年収額について劇団四季・宝塚歌劇団の年収額を基にご紹介します。

劇団員の平均年収

劇団四季の平均年収額

劇団四季に所属すると最初の1年間は研究生となるため給与は支給されません。そのため初年度の年収額は0円となります。研究生期間後の劇団四季の平均年収額は、役者によって変動があります。

年間218公演に出演する12年面の役者では年収約980万円前後となっており、所属3年で年間165公演に出演する準主役では年収約580万円前後となっています。

所属15年目の主役となり年間212公演に出演する役者の場合は、年収約1,132万円前後となっており、劇団四季の所属年収と役の内容によって年収額に差があることがわかります。

劇団四季の俳優である保坂友寿さんの場合、年間200~300公演に出演し年収約3,000万円となりこれまでの最高額の年収が支給されています。高額な年収が支給されていますが、公演だけではなく合間に稽古も欠かさず行わなければならないので、休日はほとんどないことが伺えます。

宝塚歌劇団の平均年収額

宝塚歌劇団のトップクラスのスターになると年収約500~900万円前後の報酬が支給されることがあります。トップクラス以外の劇団員は年収約300~500万円前後となるとされています。

宝塚歌劇団の男役としてトップスターになると年収が約1,000万円以上になることもあります。さらにグッズの売り上げや企業のスポンサー契約を結ぶこともできるようになり、ファンクラブも結成されることもあるため、様々な差し入れやプレゼントを贈られることがあります。

トップスターになるまでの道のりは険しい

宝塚歌劇団のトップスターになるための道は緩やかではありません。トップスターになるためには条件が設けられています。

新人公演での主演またはヒロインとなり、バウホールなどの小劇場において単独で主演またはヒロインとなりその公演が成功すること。男役のトップスターになるには2番手と呼ばれる準トップを経験する必要があります。機関誌の表紙を飾り公式のカレンダーに掲載されることも条件となります。

これらの条件を満たすことでトップスターとして高額な報酬を受け取ることができるようになりますが、トップスターとして輝けるのはほんの一握りの方だけであることは覚えておく必要があるといえるでしょう。

劇団員だけでは一人暮らしもできない

劇団員として生活していくにはアルバイトや他の仕事に勤めながらの方がほとんどです。ほとんどの劇団員の生活は常に金欠状態となることが多く、劇団員だけで生活することは現実的に厳しいのが現状です。

中には月給5万円の役者もおり、アルバイト以下の収入になることもあります。大手の劇団四季や宝塚歌劇団に所属すると、始めは低収入ではありますが自身の努力次第で主役級を目指せるチャンスを掴むことができるようになります。

劇団員の給与・年収まとめ

劇団員だけで生計を立てるのは難しい職業

劇団四季や宝塚歌劇団などの大きな人気劇団に所属することで、始めは低収入ではありますが舞台に立つ経験回数が増えて主役級の役を担当できるようになれば、高収入を得ることができます。

しかし、有名な大手の劇団に所属するというのは非常に狭き門となっており、中小規模の劇団では収入を得ることさえも難しいのが現状となっています。

劇団員の多くは稼ぐことよりも舞台に立てる素晴らしさに重点を置いている方も多い傾向にあるため、お金ではなく大きなやりがいと充実感を得られる職業としてこれからも注目される職業といえるでしょう。

劇団員の参考情報

平均年収200万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

劇団員の関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB