芸能人・タレントの給与・年収は?売れっ子になれば高年収を得られるが堕ちるのも早い

芸能人・タレントの給与・年収は?売れっ子になれば高年収を得られるが堕ちるのも早い

なりたい職業ランキングでも上位の芸能人・タレント。平均の給与や年収はいくらくらいなのでしょうか?売れるか売れないか、長く継続できるかどうかが芸能人・タレントとして高収入を得るためのポイントとなります。本記事では、芸能人・タレントの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

芸能人・タレントの初任給

芸能人・タレントの初任給は平均0〜10万円

なりたい職業・あこがれの職業のランキングでも常に上位に位置している芸能人・タレント。実際の給与はどのくらいなのでしょうか。

芸能人・タレントとして働く場合、初任給は0〜10万円前後が相場といわれています。子供達からも人気が高い芸能人・タレントですが給与面では売れるまで厳しい現実が待っているようです。

どこの事務所に所属して働くかにもよって差が出るようですが、特に新人の頃は売れるまでの下積みが厳しく対価は低めと考えておく方が良さそうです。芸能人・タレントとしていつ芽がでるかは分かりませんし、長期間アルバイトと合わせて芸能活動をしなければいけないケースもあるでしょう。

異業種から芸能人・タレントへの転職は給与の確認を

異業種から芸能人・タレントに転職する場合には年齢に関係なく、給与は殆ど0に近くなるでしょう。

前職がどのような仕事をしていたかにもよりますが、芸能界にコネクションが無ければ給与はありません。一から関係性を作っていき、芸能人・タレントとして活動していくことが基本です。

転職前の仕事内容を考えれば大幅に給与が減ってしまう可能性もあるでしょう。どちらにしても慎重に判断することが大切です。

芸能人・タレントの平均給与

芸能人・タレントの平均給与は約87万円

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査のデータによると、芸能人・タレントの平均給与は、全国平均が約87万円となっています。

芸能人・タレントと言っても契約形態によって大きな差が出ます。給与制の芸能人は仕事がなくても給与として決まった金額が支給されます。安定している給与形態と言えますが、売れっ子になってもそこまで大きな給与の変化はないと考えられます。

他にもマネジメント契約を結ぶ形態もあり、芸能人・タレントは出演料の半分が収入として入ってきます。売れれば売れるほどに収入が上がりますが、仕事が無ければその分収入は無くなります。ハイリスクハイリターンな雇用形態と言えます。

芸能人・タレントの中でも芸人は事務所とのマネジメント契約になるのがベターです。事務所が仕事を取ってくることで、それぞれの芸人に分配する仕組みですが、事務所によって分配率には差があります。

平均給与は芸能人・タレントとして働く場所によって変動

芸能人・タレントの給与はあくまで全国的な平均の数字です。働く場所によって給与も変動すると考えて良いでしょう。

全国的に見たときに東京や大阪、愛知など主要都市の方が芸能人・タレントの給与は高い傾向にあります。地方局で芸能人・タレントとしてブレイクして地方を中心に活躍する人もいますが、主要都市と比べるとかなり開きがあるようです。

資格取得が給与に反映されるケースも

芸能人・タレントの仕事に必要な資格は特にありませんが、資格を取得しておくと給与アップにつながる可能性があると考えられます。

テレビ番組によっては資格に関する企画や専門的な分野を紹介する企画が多くあります。その中で必要な資格を取得しておくと、番組に呼んでもらいやすく継続的に仕事を掴むチャンスになります。必ず必要という訳ではありませんが、自身の可能性を増やすために資格を取得しておくのは有意義でしょう。

資格の中で芸能人・タレントの仕事に繋がりやすいのは、語学に関する資格です。TOEICや実用英語技能検定などを取得しておくと仕事がもらえる可能性があるでしょう。語学に関わらず豊富な資格取得が芸能人・タレントとして仕事を増やす、給与に反映されやすくなると言えます。

芸人は営業という形での収入もある

芸能人・タレントの中で芸人はテレビで稼ぐ以外に営業という形で稼ぐことが出来ます。地方のイベントに参加することで、継続的に稼ぐことが出来るのです。

テレビの露出が少なくても営業で稼げるというのは芸能人・タレントの中でも芸人の大きなポイントでしょう。ですが、芸人で営業をするためにはある程度の人気を獲得しなければいけません。一度テレビで人気が出ないと継続的な収入にはなりません。

芸能人・タレントの平均年収

芸能人・タレントの年収は300〜1,800万円前後

芸能人・タレントの平均年収を厚生労働省の統計一覧の平均給与と年間賞与から算出すると約1,100万円になります。

新人の場合には月々の給与が0〜10万円であれば年収100万円台になることも考えられます。人気に火がつき、様々なジャンルで活躍出来る芸能人・タレントになれれば一気に年収が上がり年収は300万円〜1,800万円前後と予報されます。

人気になればなるほど給与アップが見込めますが、長時間労働になりやすく、睡眠時間も削らないといけなくなるでしょう。ハードな仕事内容と比較すると年収レベルは高い傾向にあると考えられます。

人気が出れば平均給与以上の給与や年収の可能性も

芸能人・タレントとして平均以上の給与や年収を獲得している人の多くは、人気が出て自分の司会の番組を持っている人のようです。

冠番組やレギュラー番組を持つことで、年収1000万円以上を目指すのも夢ではありません。中にはアイドルをプロデュースして億という金額を稼ぐ芸能人・タレントもいます。幅広い可能性があるのが芸能界の魅力であると言えます。

芸能人・アイドルとして人気を獲得するには日々の勉強で対応力を身につけ、どんなニーズに求められているのかを理解することも大切です。運に左右される場合もありますし、成功までの道のりは簡単ではありません。

芸能人を目指しても芽が出ずに辞めてしまう人も多い中で、地道な努力を重ねて自分のファンを増やし続けることで道は開かれると言えるでしょう。

芸能人・タレントの給与・年収まとめ

芸能人・タレントの年収レベルは高め。高給与とやりがいが得られる職業

芸能人・タレントの平均給与や年収レベルは、精神的、肉体的なタフさも求められる仕事内容と比較すると高めの傾向と言えます。

所属する事務所や、どんな芸能人・タレントになるかでも差が生まれやすいでしょう。雇用形態や事務所などの差はありますが、一つ共通して言えるのは人気を獲得しなければいけないということです。

積極的にオーディションに出て、芸能人・タレントとして必要なことを学び、資格を取得することで、芸能界で活躍するチャンスがあるでしょう。将来的には自身の冠番組を持ち、人をプロデュース出来る可能性もあるかもしれません。

芸能人・タレントという職業は、売れたい・高収入を得たいという気持ちを強く持って努力を続ければ自分の理想が叶うかもしれない夢のある職業です。

芸能人・タレントへの就職・転職に役立つ講座が見つかる!

芸能人・タレントの参考情報

平均年収200万円~1800万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種芸能

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

芸能人・タレントの関連記事

芸能に関する他の職業KANREN JOB