アロマセラピストの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

アロマセラピストの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

アロマセラピストは、アロマオイル・エッセンシャルオイルなどを使い、お客様に施術をする仕事です。心身の健康やリラクゼーション、ストレスの解消などを目的としてアロマセラピーを行います。本記事では、アロマセラピストの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

アロマセラピストとはどんな仕事?

オイルに関する情報の提供やオイルを使ったトリートメントをする仕事

アロマセラピストとは、オイルに関する正しい知識をお客様に提供したり、ブレンドしたオイルを使用してお客様にオイルトリートメントをしたりする仕事です。

アロマセラピストは、オイルに関する幅広い知識が必要です。オイルがもたらす脳や嗅覚への効果、人体へ与える影響などについて正しく説明できなければなりません。

最近ではアンチエイジングに注目が集まっていますが、オイルの中にはアンチエイジング効果が期待できるものもあります。アロマセラピストの需要は年々高くなっています。

セラピストとエスティシャンの違いとは?

セラピストに似た職業としてエステティシャンがあります。エステティシャンは、マシンや素手を使ってボディケアやフェイスケアをします。さらに体のケアの一環として化粧品の提供や販売をしているところもあります。

一方で、セラピストはもみほぐしなどをして体の調子を整える施術をメインに、アニマルセラピーやアートセラピーなど心理的な治療も行います。アロマセラピストは、アロマオイルを使ってお客様にボディケアを施すだけでなく、オイルの香りでリラックス効果も与えます。

勤務場所

アロマセラピストの勤務場所はさまざまです。アロマセラピストの多くは美容サロンやマッサージサロンで働いています。アロマオイルを使用したヒーリングやトリートメントマッサージがメインです。

アロマセラピストの中には、オイル専門ショップで働く人もいます。オイルにはさまざまな効果があり、オイルによっては心の傷を守ったり、幸福感をもたらしたり、勇気を与えたりするものもあります。アロマセラピストは、オイルに関する知識を生かして、お客様の生活に合わせたさまざまなオイルを提供します。

最近では、医療機関でもアロマオイルを使用しています。心療内科の治療のひとつとしてアロマオイルを使用したり、待合室などでアロマテラピーを備えていたりするところもあります。そうした医療機関では、アロマセラピストをアドバイザーとして採用していることもあります。

給料

アロマセラピストの平均月給は平均で15~16万円です。勤務先によっても異なりますが、アロマセラピストの給料は一般的な仕事と比較して低めの傾向にあります。そのため、アロマセラピストとして長く働くためには、収入面以外のやりがいを見つけることが大切です。

アロマセラピストの中には、アロマテラピーに関係した資格を取得する人もいます。資格があれば高いスキルを持っていることを証明できるので、給料アップや責任のある立場での勤務が可能です。

アロマセラピストの具体的な仕事内容

アロマセラピストのメインの仕事はアロマオイルを使って施術すること

アロマセラピストのメインの仕事は、アロマオイルを使用した施術です。アロマセラピストが使用するオイルは300種類以上あり、冷え性の改善や安眠効果のあるものなど効果はさまざまです。

アロマオイルは薬のように即効性のあるものではありませんが、心身の状態を穏やかなものにします。さらに、アロマオイルは天然の成分を使用しているため、施術を受ける人も安心して利用できるというメリットがあります。

美容サロンの中には、アロマオイルを使用した施術のほかに、体のコリを改善する施術やリンパの流れを改善する施術を行うところもあります。

カウンセリングもアロマセラピストの大切な仕事のひとつ

アロマセラピストはお客様への施術をする前にカウンセリングを行います。アロマテラピーのサロンへ訪れるお客様の多くは、体や心の不調を抱えています。アロマセラピストは、お客様とのコミュニケーションをとりながら、お客様が抱えている悩みを見つけていきます。

アロマセラピストに必要なことは、お客様に的確なアドバイスをすることです。どんな施術をすれば改善が期待できるのか、どんなアロマオイルを普段から使用すればよいのかなどをわかりやすく説明します。

後片付け

アロマセラピストの仕事は接客だけではありません。お客様の施術を終えた後は、オイルの後片付けやサロンの掃除などを行います。施術ではタオルやシーツなども使用しますが、使用後には必ず洗濯をします。

アロマセラピストの仕事は、お客様の肌に直接触れることもあるため、いつでも清潔に保つことを心がけなければなりません。お客様に満足してもらうためには、リラックスができる環境づくりをすることが重要です。

顧客管理をするのもアロマセラピストの仕事のひとつ

毎日の業務の中で行うこととして顧客管理があります。毎回のカウンセリングや施術の後には、お客様の情報を記録して今後の施術に役立てます。

お客様の中には、かなりデリケートな悩みを抱えている人もいます。個人の大切な情報が漏洩しないようにしっかりと顧客管理をするのもアロマセラピストの大切な仕事のひとつです。

アロマセラピストの仕事のやりがい

お客様に喜んでもらえる仕事

アロマセラピストのやりがいのひとつはお客様に喜んでもらえることです。体や心の悩みを抱えていたお客様が、アロマテラピーを受けることで症状が改善されればやりがいを感じることができるでしょう。

症状の大きな改善があれば、喜んでもらったり、感謝をしてもらったりすることもあります。アロマセラピストは、お客様の笑顔を間近で見ることができる仕事といえます。

予防医学のひとつ

日本では高齢者社会が進み、国民が支払う医療費の負担が問題となっています。そのため、病気を治療することだけでなく、病気を予防することにも注目が集まっています。

アロマテラピーは治療ではありませんが、心や体の健康を保つことができるので、結果として病気の予防につながります。アロマセラピストは人々の健康維持に貢献できる仕事のため、やりがいもあるといえるでしょう。

スキルを身につけることができる

アロマセラピストのやりがいのもうひとつにスキルや知識の習得があります。アロマオイルに関する知識や施術の技術を身につけることができますが、たくさんのお客様と接することで、スキルアップすることも可能です。

はじめはお客様の気持ちをくみ取ることが難しかったものの、慣れていくうちにお客様自身が気づかない悩みへのアドバイスができるようになれば、自身の成長を感じることができ、やりがいへとつながるでしょう。

独立開業も可能

アロマセラピストの中には、独立して開業をする人もいます。自宅の一室を改装したり、店舗を借りたりしてアロマセラピーのサロンを開きます。

開業すれば自分の好きなように営業できますし、多くの顧客を獲得できれば高収入も可能です。アロマセラピストは、習得した技術で自分の店を持てるため、やりがいを感じることができるでしょう。

アロマセラピストの仕事内容まとめ

アロマセラピストはアロマオイルを使った施術をする仕事

アロマセラピストのおもな仕事は、アロマオイルを使用してお客様に施術をすることです。アロマオイルに関する知識や上手に施術するための技術が必要な仕事です。施術の前にはカウンセリングを行って、お客様の抱えている悩みを聞きます。

アロマセラピストのやりがいは、お客様が喜んでいる姿を間近で見ることができることです。「悩みを解消できて本当によかった」と感謝の言葉をもらえるならば、アロマセラピストを続けてよかったと感じることができるでしょう。

アロマセラピストの参考情報

平均年収250万円~350万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種心理・福祉・リハビリ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アロマセラピストの関連記事

心理・福祉・リハビリに関する他の職業KANREN JOB