編集者の給与・年収は?雑誌編集者は売れる雑誌を企画できれば1000万超のお給料を得られる

編集者の給与・年収は?雑誌編集者は売れる雑誌を企画できれば1000万超のお給料を得られる

編集者の年収、給与はどの程度なのかこのページでは編集者の年収の仕組みについて詳しく紹介します。また、どのようにすれば給与を高くすることができるかも解説しているので、これから編集者を志す方はぜひ参考にしてください。

編集者の初任給

編集者の初任給はどの程度もらうことができるのでしょうか。編集者の初任給について紹介していきます。

若手時代は経験を積む期間

20代の編集者なりたての頃の初任給は20万円前後です。出版社によって異なりますが、大手〜中小の出版社に限らず18〜20万円前後が初任給になります。出版業界はこの先も縮小していく市場になるため、紙媒体だけでなくWebページのレイアウトも手がけることができるようなマルチな編集者になることをオススメします。

20代の編集者に求められること

20代の頃は給与が安い代わりに、この期間で編集者としてのスキルを養っておく必要があります。良い編集者になるためには、20代でどのような経験を積んできたかということがとても重要になります。それでは、20代の編集者はどのようなことをすべきなのでしょうか。

人脈を作る

良い書籍、雑誌を作る上では良い人脈を築きあげておく必要があります。書籍を作る上では取材や良い文章を書くことができる人材を探さなければなりません。そのため、編集者はどのような人脈があるのかは将来的に武器になります。

20代の頃は人脈もほぼ皆無なので、良い書籍を作る上で必要な人脈を作るための期間と捉えて、さまざまな人に顔を覚えてもらうようにしましょう。有名作家の中には、編集者を名指しするケースもあるので、そのような優秀な編集者を目指しましょう。

様々な作品を勉強する

編集者は、さまざまな知識が求められるため20代の頃にさまざまな作品に触れて知識を蓄えておくと良いでしょう。場合によっては、出版にあたり専門家に交渉をしなければならないケースもあります。このような時に知識がなければ説得することができないので、ぜひ20代の頃にさまざまな作品に触れて知識を蓄えるようにしましょう。

20代の頃は給与が少ないため、とにかく今後の給与をあげるために、必要なスキルを身につける勉強を積極的に行うことをオススメします。

編集者の平均給与の統計

編集者の平均給与はどの程度なのでしょうか。編集者の平均給与の統計をみていきましょう。

実力によって給与額が違う

給与額は実力によって大きく異なります。20代、30代、40代の年齢別に給与の差がどの程度あるのかを紹介していきます。

20代の平均給与

20代の平均給与は、20〜30万円です。評価される編集者になれば30万円前後も夢ではありません。しかし、20代後半でも編集者の中には20万円前半にとどまっている方もいます。企業によって方針は違うものの、給与に差が生じてしまうケースがあることを覚えておきましょう。

30代の平均給与

30代になると、編集者として頭角を表す方も少なくありません。力のある編集者であれば30代で50万円前後の給与を受け取っている方もいます。また、転職すると飛躍的に給与が上がる場合があるので、転職を視野に入れて活動をしている編集者も少なくないということを覚えておきましょう。

40代の平均給与

40代になると、平均給与は大きく差が生じます。40代でも30万円前後しか給与がない編集者もいます。一方で優秀な編集者になると70万円以上の給与がある方もいます。実力によって大きく差が出るのが40代の編集者なので、場合によっては編集者の道を40代で諦めるケースも少なくありません。

給与に大きな差が生じる理由

なぜ、このように給与に大きな差が生じるのでしょうか。編集者が他の企業と異なる点が同じ年齢でも、編集者によって収入が異なるという点です。それでは、どのようにして給与が決定するのか詳しく紹介していきます。

売り上げが報酬につながる

給与が大きく異なる理由として、編集者としての実績が影響します。出版業界は完全なる実力主義なので、本、雑誌をたくさん売ってナンボというところがあります。そのため、手がけた作品が少しでも多く売り上げることが、給与をあげるための評価へとつながります。

そのため、良い編集者になりたいのであれば、なるべく多くの書籍を世に送りだし1冊でも多く売らなければ給与があがらないと覚えておきましょう。

フリーランスであれば収入があがるケースも

編集者は特定の企業で働くだけでなく、フリーランスとして働いているケースも少なくありません。フリーランスの編集者は、出版社にいる編集者よりも多くの作品を手がけることができます。また、実績があれば、さまざまな作品を手がけることにより、多くの報酬を得ることができます。

契約内容によっては、売り上げに関わらず報酬を受け取ることができるため、少しでも多くの作品を手がけたいという方の中には、フリーランスとして働き多くの給与を得るというケースもあるため、編集者としてある程度のキャリアを積んだあとは、フリーランスで働く方法もあるということを考慮しておくと良いでしょう。

転職すれば収入があがるのか

転職しても、編集者は収入が必ず上がるわけではありません。上がるためには編集者として実績が必要不可欠になります。もし、編集者として転職をするのであれば、かならず実績を作ってから行うようにしましょう。

編集者の年収統計

編集者の年収統計について詳しく紹介していきます。

平均年収は300~500万円前後

年収は編集者によって大きく異なりますが、平均としては300~500万円前後となります。なお、年収の上下の幅としては、250万円前後の編集者もいれば800万円の編集者もいます。

これは、編集者の実力や業種によって大きく異なるので、年収を少しでもあげたければ実績を作るか、業種の違う編集者へと転職しましょう。もちろん、会社自体に資金力がない場合もあるので、出版社として資金力がないようであれば転職を視野に入れておくことをオススメします。

1,000万円以上も可能

編集者は年収1,000万円以上も可能なのでしょうか。編集者は完全なる実力主義なので良い実績を残せば1,000万円以上も夢ではありません。

ある程度実績を積むと、フリーランスとして働く傾向があります。そのため、編集者として1,000万円以上を目指すのであれば、フリーランスで働くか転職をして編集長になるかなど、様々なアプローチを視野に入れておきながら働きましょう。

収入をあげるためには、必要なスキル

収入をあげるためには、書籍を少しでも販売するためのスキルが必要不可欠になります。それでは、どのようにすれば、それらのスキルを身につけることができるのでしょうか。人によってスキルはさまざまです。大切なことは、「その編集者でしかできない作品」をいかに残すかということです。

編集者であれば誰でもできるような仕事をしても、いつか編集者として生きていけなくなってしまう時がきます。そうではなく、その編集者しかできないことは何かを考えて、必要なスキルを身につけておくと良いでしょう。

自分はどのような編集者としてのスキルがあるのかを知っていれば、編集者として独自の戦略で書籍・雑誌の販売を行うことができるので、編集者として収入を上げたいと考えているのであれば、自分しかできない作品とは何かを考えながら書籍・雑誌の企画を考えるようにしてください。

編集者の給与・年収まとめ

人気の企画を立ち上げる能力など、実力さえあれば高所得も可能!

編集者の仕事は、自分がどの作品を世に送りだすことができたかによって、給与や年収が大きく変化します。

そのため、年収、給与を少しでもあげたいのであれば、編集者としてのスキルを高め、書籍を少しでも多く売り出すことができるような仕組み作りを考えてみてください。本が好きで自分の才能を試したいという方はぜひ編集者としての道を歩むことをオススメします。

編集者の参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

編集者の関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB