編集者の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

編集者の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

出版社の中で活躍をする編集者がどのような仕事をしているかご存知でしょうか。一言で編集者といってもさまざまな仕事をしています。このページでは、編集者がどのような仕事内容を行なっているかを紹介しながら、編集者のやりがいをご紹介します。これから編集者を志そうと検討している方は、このページの仕事内容をぜひ参考にしてください。

編集者とはどんな仕事?

雑誌や書籍を作る編集者の仕事とは、どのような仕事をしているのでしょうか。編集者が行なっている仕事内容について詳しく紹介していきます。

書籍、雑誌を手がける

編集者の主な仕事になるのが、書籍、雑誌を作る仕事です。編集者によって担当する書籍はさまざまです。若者向けの書籍を作る方もいれば、ファッション雑誌をてがける方まで書籍、雑誌の幅広い分野を担当することになります。

編集者が担当することができるものは、限られているため自分の興味あるものや、売りたいという強い気持ちが書籍・雑誌作りには必要になります。

売り上げで仕事内容が大きく変わる

編集者の大変なところは、書籍・雑誌をただ作れば良いということではありません。担当した書籍の売り上げが良くなければ、次の作品を手がけることができません。また、ある程度結果を残していれば、さまざまな攻めた企画を行うことができます。

編集者は、実力主義であるため良い作品をてがけたい方、希望の雑誌で編集をしたいという希望があれば、まずは担当することになった書籍・雑誌で優秀な成績を残す必要があるということを覚えておきましょう。

編集者の仕事の具体的な内容

編集者が書籍・雑誌作りをするということは分かりました。それでは、実際にどのような具体的な仕事を行なっているのか、編集者の仕事内容を詳しく紹介していきます。

企画から立ち上げまでの流れ

編集者は雑誌・書籍のレイアウトをただ担当しているだけではありません。企画立案から書籍販売までさまざまな工程を経て初めて1つの作品を作り上げます。それぞれどのような仕事を行うのか、詳しく紹介していきます。

企画立案

企画立案は、編集者の中でも最も手腕が問われるところであると言えるでしょう。たとえば野球雑誌の編集を担当することになったら、何を取り上げれば良いかを考える必要があります。定番の特集をすると、ある程度の読者に購入してもらうことが期待できるものの、「物足りなさ」を感じた読者は離れてしまいます。

かといって、自分の趣味が全面的に出た企画を立案しても「この特集で次号は作成しよう」ということにはなりません。 そのため、企画立案をする際には、読者・製作者が納得するような企画を考える必要があります。

もちろん、良い企画を考えることができなければ編集者として評価されなくなり、将来的には淘汰される可能性があります。そのため、編集者として生き残りたいと考えている方は必死に企画を考えて自分の書籍、雑誌の企画を通すことに情熱を注ぎます。

予算作成

企画が通ったら、実際に書籍・雑誌を作るために必要な予算を作成する必要があります。いくら良い企画でも、予算がかかってしまう企画では意味がありません。

もちろん、ある程度予算がかかる企画でも、販売数がきちんと結果を出すことができれば問題ありません。しかし、失敗した時に責任をとるのは編集者になるので、リスクを検討した予算案を作る必要があります。理想は、書籍の売り上げで回収できる予算を作りあげるということが求められます。

取材

書籍、雑誌を作る上で取材を行う必要がある場合は、取材をしなければなりません。取材は編集者が行うこともあれば、業務委託をしているライター、記者に発注をするケースがあります。

取材といっても、誰でも同じ結果が出せるわけではありません。特別なスキルを持っているライターさんだからこそ、そこでしか聞けなかった情報を入手することができるケースもあります。

取材内容をどのようにするか、カメラマンは必要なのか、取材の日程をどのようにするか。取材に関する調整も編集者が担当することになるため、作品作り以外での配慮も必要不可欠になるということを覚えておきましょう。

レイアウト作成

取材が終わり原稿を作成したら、いよいよ全体のレイアウトの作成です。どのようにすれば読者の興味を引くことができるかを検討する必要があります。そのため、読者目線でレイアウトをどのようにするのか検討する必要がレイアウト作成では求められます。

校正

原稿、写真などが完成したら、本当に正しく文章が構築されているかを改めてチェックする作業が待っています。この時に誤字の確認はもちろんのこと、表記にミスがないかもチェックしていく必要があります。

公正がしっかりしていないと、書籍としての信頼度も下がってしまうので、正確な情報を整理するためにも校正作業は必要不可欠であるため、編集者には正しい言葉遣いができなければなりません。

印刷

原稿が完成したら、印刷業者に依頼をして印刷してもらい雑誌・書籍を作りあげていきます。印刷業者に依頼をしたら終わりということではありません。

書籍のデータが正しく印刷されているかをチェックしておく必要があります。また、データ上の色と実際書籍にした時の色が異なっていないかなど、細かい点にも気をつける必要があります。また、納期の管理をしていなければ、予定していた発売日に間に合わないということもあるので、スケジュール管理も行います。

出版イベントの開催

書籍によっては出版イベントを開催するケースもあります。編集者が、どのようなイベントをすれば書籍を多く購入してもらえるかを検討し、書店と打ち合わせをしてサイン会や握手会などを企画します。

また、書籍によっては従来のイベントにはない企画を行うこともあります。編集者によってイベント内容も大きく変わるという特徴があります。

人によって作業内容が異なる

編集者の仕事は様々な仕事があり、編集者によって仕事内容が大きく異なります。取材を中心に行う編集者もいれば、マンガの内容を一緒に考える編集者までさまざまです。どのジャンルで秀でた才能を見出すかが編集者には求められると言えます。

また、編集者は出版社に所属するだけでなく、フリーランスとしても仕事ができる仕事なので、さまざまな出版社に出入りをして編集者として働いている方も少なくない、ということを覚えておきましょう。

編集者の仕事のやりがい

編集者のやりがいについて紹介しましょう。

さまざまな知識を深めることができる

編集者になると、さまざまな書籍・雑誌を手がけることになり、さまざまな知識を得ることができます。また、取材をしたからこそ得られる経験もあるので、貴重な体験をしたい、いろいろなことを経験したいという方にはオススメです。

色々な人とのつながりができる

編集者は、いろいろな人たちと1つの書籍・雑誌作りを通して知り合うことができます。人とのつながりは、編集者として貴重な財産になるので、さまざまな人たちとつながっておく必要があります。編集者になると仕事場以外の人脈が広がるため、自分しかできないネットワークを構築することが可能です。

自分の書籍、雑誌が評価される

編集者として一番報われる瞬間が、自分の作品が評価された時です。書籍作りをしてその時に評価されていなくても、後から評価されることもあります。もちろん、書籍作りは苦労の連続なので、時には報われないと感じてしまうこともあります。自分の作品が評価されれば、書籍作りをした苦労が無駄にならないと感じるのではないでしょうか。

編集者の仕事内容まとめ

出版業界を支える大事な役

編集者の仕事は、ただ書籍を作るだけでなく読者が思わず手にとるような作品を作らなければなりません。このような作品を作るためには、発想力だけでなく、編集者として本を売りたいという情熱が必要不可欠になります。

出版業界にとって編集者は欠かすことができない仕事なので、これから出版業界で働いて有名な作品を作りたいという方は、ぜひ今回紹介した仕事内容を覚えておくことをオススメします。

編集者の参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

編集者の関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB