花屋の給与や年収は?平均月収や支給される手当まとめ

花屋の給与や年収は?平均月収や支給される手当まとめ

花屋の仕事に憧れる人は多いですが、やはり給与や年収は気になるところ。花屋の収入は、お店の規模やポジションなどによって大きく左右されます。こちらでは、花屋で働くさまざまな立場の人が、どの程度の給与や年収を得ているかについて解説しています。

花屋の給与や年収はいくらくらい?

花屋の収入は他業種に比べて低いといわれている

花屋の給与や年収は、他の業種と比較すると低めだという前提があります。

花は食料品のように必ず購入しなければならないものではないため、毎日一定の売上が見込めるわけではありません。春先や年末など、季節に応じて売上が大きい時期もありますが、逆に売上が激減してしまう時期もありますので、かなり不安定な業界です。

また、生花は生ものなので、日数が経過すると傷んで売り物にならなくなってしまいます。売れ残って廃棄することになってしまう花も多いことから、ロスが出やすいのです。売上に対して支出も多いことから、必然的に人件費に充てられる利益が少なくなってしまうため、花屋の収入は低めであるといわれています。

事業規模によって給与や年収に差がある

さらに、花屋は事業規模によっても給与や年収に大きな差が出てきます。

例えば、個人で運営している花屋だと、売上も小さいので収入も少なくなります。法人経営であれば、多くの企業と契約をして定期的に売上を出している花屋であれば、その分売上も多くなり、従業員の収入も多くなるという具合です。

また、フリーランスの花屋であれば、店舗を構える必要がなく、働いた分だけ収入になるので、収入が少ない花屋もあれば、店舗を構えている個人経営の花屋よりも多くの収入を得ている花屋もあります。

花屋 正社員の給与・年収

働いている花屋の規模や、勤続年数、それぞれの社員が持つスキルなどによって給与や年収には大きな開きがあります。平均すると月の給与は18万円から25万円、年収だと350万円から400万円前後になるようです。

しかし、長く働いたからといって定期的に昇給が見込めるわけではないので、年齢を重ねていくと、同じ歳で別業界の仕事をしている人と比べると、年収が低い場合が多いと思われます。

ボーナスについても、ボーナスがある花屋もあれば、ない花屋もあります。働くお店によって待遇は千差万別なので、必ずしも平均金額内の給与だといえないのが花屋の収入です。

給与・年収を上げるには?

正社員で給与や年収を上げるには、まず就職活動にあたり応募する花屋を選ぶ上で、できるだけ条件のよい花屋に応募することが望ましいです。

「花屋に就職したらこんな仕事がしたい」と確固たる信念を持っているのであれば、やりたい仕事ができる花屋に就職することが一番重要ですが、給与のほうが大切ということであれば、待遇をしっかり調査した上で応募しましょう。そのほか、資格手当がつく花屋であれば、該当する資格を取得することで収入が上がる場合もあります。

また花屋の仕事は、配達や仕入れなどで車の運転免許を取得していると仕事の幅が広がりますし、重宝されます。運転免許を持っていることで収入が上がる可能性は高いです。

花屋 アルバイトの給与・年収

アルバイトで花屋に勤務する場合も、働く花屋によって給与は大きく変わってきます。平均すると、都心部では時給850円から900円前後、地方の場合は750円前後のところが多いようです。

働き始めたばかりのころは時給が低くても、経験を積んで仕事の幅が広がれば時給が上がることもあります。ただし、1,500円や2,000円といった高時給になることはほとんどありません。

また、アルバイトの場合午前中のみ、もしくは夕方から閉店までなど、1日数時間の勤務であることが多いです。フルタイムで働くケースは少ないので、月収にすると数万円程度にしかならないことも少なくありません。

給与・年収を上げるには?

アルバイトの収入を上げるには、まず仕事を覚えてお店の役に立つようしっかり働くことが大切です。接客から花の手入れ、アレンジメントなど、社員や経営者に限りなく近い仕事ができるようになれば、時給も上がっていくと思われます。

また、アルバイトでもしっかり働けるようになると、勤務時間を増やしてもらえる可能性があります。勤務時間が増えれば収入も増えますね。正社員同様、普通自動車免許を取得していると重宝されると思われますので、車の運転をする仕事ができればさらに収入も上がりそうです。

自営業の花屋の給与・年収

自分で花屋を開業し、経営をしている人は、正社員やアルバイトで雇用されているよりも年収が高いイメージがありますね。

しかし自営業の花屋が、一番収入の開きが多いと思われます。繁盛している花屋であれば、年収1,000万円を超えているお店もあるでしょうし、地方で細々と運営している花屋は、アルバイト程度の収入にしかならない場合もあります。

ただし、本気で稼ごうと思って努力すれば、その分年収を増やすことができるので、可能性の大きい働き方であることは確かです。それでも、開業してしばらくは赤字経営になることがほとんどだといわれていますので、十分な資金を確保した上で開業することが望ましいです。

給与・年収を上げるには?

これから花屋を開業するのであれば、立地をしっかり調査した上での開業は必須です。

花を購入する人で、「どうしてもこの花屋がいい」とアクセスの悪い場所まで足を運ぶ人は少なく、花を求める人が多い場所に店を構えないと、顧客を掴むことができません。また、良質な花を仕入れられるよう、仕入先の選定も重要になります。

花屋を運営するのに適した立地と、信頼できる仕入先、フラワーアレンジメントのセンスと技術、そして接客スキルなど、自営業の花屋で年収を上げるには必要な要素がたくさんあります。

フリーランスの花屋の給与・年収

花屋は店舗を構えてお店を運営する働き方だけでなく、店舗を構えずにフリーランスとして花屋の仕事をしている人もいます。

依頼があったときに必要な分だけ花を仕入れ、フラワーアレンジメントをして配達するという形の働き方です。この場合も自営業と同じように、収入には大きな開きがあります。

本業を別にもっていて、副業としてフリーランスの花屋をしているという人もいますし、人気のあるフローリストであれば、店舗を構えている花屋よりも多くの収入を得ているということも。

フリーランスの場合、店舗を構えて花の在庫を抱える必要がないため、必要経費が大幅に削減でき、利益率が大きいという点が大きなポイントです。

給与・年収を上げるには?

店舗がないため通りすがりのお客様が立ち寄ってくれるということがないため、収入を上げるのは自分の実力次第です。

実務経験なくしてフリーランスの花屋になるという人はいないと思われますので、働いている間に顧客を掴み、一定の受注を確保できるパイプを作っておくことが重要になります。

それと並行して、日頃からフラワーアレンジメントのセンスと技術を磨き、口コミなどで新たな顧客を掴めるよう努力を惜しまないことが大切です。

花屋の給与・年収まとめ

収入以外の魅力で働いている人が多い業界

冒頭でも触れたように、花屋は給与や年収があまり高くない業界です。しかし花屋の仕事は現在も人気があり、花屋で働きたい、フローリストになりたいという人がたくさんいます。

こうした人々は、花屋の仕事は収入が低い、ということを理解した上で目指している人が多い印象です。本当に花が好きで、花を扱う仕事がしたいと強く思っている人は、収入が低くても花屋になりたいと思っています。

また、花屋の仕事はお客様の笑顔をたくさん見ることができる仕事でもあります。自分の作ったフラワーアレンジメントを見て喜んでもらえる、大切な人に花を贈るための手伝いができるなど、幸せをたくさん感じられる仕事ですので、こうした魅力を収入よりも重視している人が、熱意を持って花屋で働いています。

努力次第で高収入を得られることも

正社員やアルバイトなど、雇用されて花屋で働いている場合は、大きく収入を上げることは難しいかもしれません。しかし自営業やフリーランスなど、自分の采配次第で高収入が狙える働き方もあります。

実際に高い利益を出している花屋も全国にはたくさんありますので、本気で高収入を狙いたい人は、働き方を考える、変えてみるというのもひとつの方法です。

花屋の参考情報

平均年収350万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

花屋の関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB