グリーンコーディネーターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

グリーンコーディネーターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

観葉植物や花など植栽のグリーンを用いて空間演出を行う職業、グリーンコーディネーターの収入がどの程度であるかをご存じでしょうか。本記事では、グリーンコーディネーターの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

グリーンコーディネーターの初任給

グリーンコーディネーターの初任給はどの程度もらうことができるのでしょうか。初任給は16〜18万円前後です。

この段階では、見習いのグリーンコーディネーターが多く、実績を積む期間でもあるため、どのような会社に就職をしても給与が低いということを覚えておきましょう。

初任給で高待遇が期待されない理由

グリーンコーディネーターの初任給は一般的な仕事よりも低く、働き始めた頃は収入と業務のバランスが取れないと不満に感じてしまうこともあります。なぜ、このような収入が低くなってしまうのでしょうか。これは、グリーンコーディネーターの働き方に問題があります。

グリーンコーディネーターは資格が特に必要のない仕事のため、誰でもある程度の植物の知識と空間デザインのセンスさえあれば、仕事を行うことができます。また、最近需要が増えてきて、あまり聞きなれない職種でもあるため、職業の専門性も低いものと認識されています。

そのため、グリーンコーディネーターを名乗っても報酬には反映されないということが起こり得ます。

20代の頃にやるべきこと

20代のグリーンコーディネーターは、稼ぐということよりも、いかに勉強をして経験値を増やすのかが一人前のグリーンコーディネーターになるために必要になります。そのため、収入は低くても勉強と割り切り、経験値を積むことが大切になることを認識しておきましょう。

それでは、20代のうちにグリーンコーディネーターとしてどのようなことを経験すべきなのでしょうか。20代の頃にやるべきことを紹介していきましょう。

グリーンコーディネーターの基礎を学ぶ

20代では、グリーンコーディネーターに必要な基礎を叩き込むようにしましょう。

仕事の進め方はもちろんのこと、植物の知識、空間デザインの知識、コミュニケーション能力、園芸やデザインのトレンドの把握などを自分の力として身につけておく必要があります。

20代のうちに基礎をしっかり叩き込んでおけば、30代に突入した時に一流のグリーンコーディネーターとして活躍することができます。そのため、園芸ショップや造園会社などに入社してからしばらくは継続的にコーディネーターに必要な知識を学びましょう。

一流のグリーンコーディネーターの元で勉強をする

勉強をする上でオススメの方法は、一流のグリーンコーディネーターの元で修行を積むことです。一流のグリーンコーディネーターの下で修行を積めば、グリーンコーディネーターには何が必要なのかを学ぶことができます。

また、一流のグリーンコーディネーターの下で勉強をすると、大きなイベントのアシスタントとして仕事を手伝うことも可能です。このような環境下で働けば、グリーンコーディネーターとしての経験と自信も徐々に身につくので、ぜひ一流の人に出会って師事を仰ぎましょう。

人脈をつくる

グリーンコーディネーターとして将来的にフリーランスとして働くことを考えているのであれば、人脈をつくりあげるようにしましょう。フリーランスのグリーンコーディネーターは、人間関係で仕事を受注します。

知り合いが多ければ多いほど仕事につながる可能性が高くなるので、知識を身につけるだけでなく、自分の力となりそうな人脈をなるべく構築することをオススメします。

グリーンコーディネーターの平均給与

グリーンコーディネーターの平均給与はどの程度なのでしょうか。グリーンコーディネーターの平均給与は統計情報などがないため、その実態があまりわかりません。

その理由としては、20代のグリーンコーディネーターとベテランのコーディネーターでは差が大きいこと、フリーランスが多い職業なので稼ぎ方が違うという理由から、具体的な数字が出ていません。

ただし、各種求人情報を参考に数値をまとめると、およそ18~25万円前後となっています。また、正規雇用よりも非正規雇用での募集が目立つため、職業としての重要性は低いと判断されているようです。

参考リンク:インディード

フリーランスで活躍する人が多い

グリーンコーディネーターの仕事は、ホームセンターやデザイン系の会社に所属をして働く人よりも、フリーランスとして仕事を受注する人と、独立開業してグリーンコーディネーターの仕事を専門に受注している方が多くいます。

このような方は、収入が高くスキルがしっかりあれば安定的に稼ぐことができるという特徴があります。しかし、グリーンコーディネーターはスキルさえあればできる仕事であり、どのタイミングで独立をすれば良いかわからないという方もいます。

フリーランスになるタイミングは

では、どのタイミングでフリーランスとして働けばよいのでしょうか。独立してフリーランスになる最適な時期を考えてみましょう。

実績をある程度積み重ねたら

フリーランスとして活動をする条件として、実績があるかということです。実績がなければフリーランスとして独立をしても仕事のオファーが舞い込むようなことはありません。

そのため、フリーランスとして活動をするタイミングは、ある程度アピールできるような名前が知れた実績を重ねてからがよいということがいえます。

フリーランスの方が稼げるとわかった段階で

グリーンコーディネーターの中には、一日にたくさんの現場をこなす方も少なくはありません。多くの現場をこなすようになれば、正社員として雇われるよりも、フリーランスとして働いた方がより多く稼ぐことができるケースもあります。

グリーンコーディネーターとして働きながら、フリーランスとして稼ぐことができるとわかった段階で一歩を踏み出してもよいでしょう。

グリーンコーディネーターの平均年収

グリーンコーディネーターの年収統計はどの程度なのでしょうか。フリーランスによって稼ぐ人もいれば、正社員として活動をしている人もいるので、前章の給与額から算出すると、賞与込みで300〜500万円前後になることが推測できます。

年収の高い人とそうでない人の違い

年収の高いグリーンコーディネーターとそうでないグリーンコーディネーターはどのような違いがあるのでしょうか。

年収の高いグリーンコーディネーターは担当する仕事のバリエーションが多く、独創的な作品を多く生み出しています。その一方で、フリーであるため収入が不安定という傾向があります。

一方で低いグリーンコーディネーターになると、給与は高いとはいえないものの、固定の仕事や会社が受注した仕事を堅実にこなしていくことになるので、必然的に仕事も安定するという傾向があります。

どちらの方がよいということは言えませんが、自分に合った働き方があります。将来のことを考えて、どのような働き方が一番自分に合っているかを考えながらキャリア設計をするとよいでしょう。

グリーンコーディネーターの給与・年収まとめ

スキルが高ければ、独立開業によって高収入を得ることが可能な仕事

グリーンコーディネーターの仕事は、年功序列型で給与が変化していくのではなく、今風のトレンドを掴むセンスも必要であるため、知識とスキルが高ければ20代~30代で実績がまだ浅くても実力が認められ、年収・給与が高くなる可能性もある仕事です。

ホームセンターや園芸ショップなどに勤務をしていても、収入がさほど高くなるわけではないので、自分の仕事の腕や実績に自信がつき、そのうえで給与をあげたいという気持ちが強いのであれば、グリーンコーディネーターとして独立してフリーランスで働くことをオススメします。

グリーンコーディネーターの参考情報

平均年収300万円〜500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種自然・動物

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

グリーンコーディネーターの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB