ドルフィントレーナーになるには何が必要?向いている人の性格や持っていると役立つ資格

ドルフィントレーナーになるには何が必要?向いている人の性格や持っていると役立つ資格

イルカを調教するプロ・ドルフィントレーナーになるには、一体どんなスキルや資格が必要なのでしょうか。ドルフィントレーナーになるには、イルカの調教に関する知識や技術以外に精神的な強さが必要です。本記事では、ドルフィントレーナーになるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。

ドルフィントレーナーになるには何が必要?

ドルフィントレーナーはイルカの調教師のことで、イルカショーなどに出演するイルカをしつけます。そんなドルフィントレーナーになるにはいくつか必要な要素がありますが、まずはイルカが好きで一緒に良いものを見せたいという情熱を持ち続けることが一つです。

イルカを調教する華やかに見える職業ですが、単にイルカが好きなだけではドルフィントレーナーを目指すことが出来ても続けることは難しいと考えられます。体力的にもスタミナが必要ですし、地味な作業の積み重ねや日々の努力によって成り立っているからです。

イルカの体調管理に気を遣って動かないといけませんし、自分一人で全てが出来るものではありません。イルカと一緒に良いものを作り上げないといけないのです。

ドルフィントレーナーとしての仕事にゴールはありませんが、イルカと一緒に良いものを作りたいという情熱があれば乗り越えられるはずです。

探求心がドルフィントレーナーの仕事に役立つ

ドルフィントレーナーとして働くには探究心を持つことも大切です。イルカとの絆を築いて新しい技術を身につける職業だからです。

水族館などでショーをする場合には、カリキュラムがありますが、特に決まりはありません。水族館側に指示されることもあると思いますが、基本的にドルフィントレーナーとイルカの問題です。

繊細なイルカは人の気持ちが分かるといわれています。そのイルカとペアを組んで技の練習をしますが、時には思いつきでチャレンジしたことが新しい技につながる可能性もあります。ショーを見た人が感動するには、探究心から生まれることも大いにあると考えられます。

洞察力もドルフィントレーナーの大切な要素

ドルフィントレーナーとして洞察力も大切な要素であると考えられます。イルカを調教するために練習は日常的に行いますが、失敗が続けばイルカもやる気を失ってしまいます。やる気をキープするためにも適度なご褒美を提供する必要があります。

効率よく練習を進めるためにもイルカが指示を正確に理解しているのかを判断しなければいけません。イルカを観察して何を考えているのか、求めているのかを判断できる洞察力が求められます。

体力も必要なドルフィントレーナーの仕事

ドルフィントレーナーの仕事はかなりハードなので、基礎体力がしっかりとあることは重要です。イルカの調教では長時間水に入り指導を行います。イルカは毎日20キロほど餌を食べるので大量の餌を運んで与えなければいけませんし、掃除もドルフィントレーナーの仕事です。

イルカと一緒に魅力あふれるショーを作り出すためにも体が資本。自己管理を行い、体調を崩さないようにすることも大切です。

ドルフィントレーナーは資格が必要

ドルフィントレーナーになるには一つだけ資格が必要になります。イルカと一緒に優雅に泳ぐ姿で観客を魅了するために必要となるのが、水に潜る資格である潜水士の資格です。イルカが泳ぐプールはとても深く、単に泳ぎが上手いというだけでは成り立ちません。

他にもダイビングインストラクターの資格を取得していれば一定のスキルの証明になり、就職や待遇でも有利になる可能性はあります。

ドルフィントレーナーに向いている人、適性がある人

ドルフィントレーナーになるには、センスや性格的な部分も影響することが多いです。

忍耐力はドルフィントレーナーの適性のひとつ

ドルフィントレーナーに求められる適性として、まずは忍耐力が挙げられます。

イルカを調教して技の開発や技の完成度を上げていくのがドルフィントレーナーの仕事の基本です。

調教は長く時間のかかるものです。うまく調教が出来ずにイライラしてしまうと、イルカはそれを判断して言うことを聞かなくなってしまいます。相手は動物なので、イルカが飽きてしまうと長時間の訓練が出来ないこともあります。

その日出来なかったことはまた次の日に持ち越さなくてはならないので、焦らずにイルカを信じて教育をする忍耐力が求められます。何事にも忍耐力を持って取り組める人はドルフィントレーナーとしての適性があると考えられます。

イルカが好きで愛情を注げる人

ドルフィントレーナーとして働くためにはイルカが好きという気持ちが大切です。イルカと信頼関係を築いていく必要があり、愛情を注ぐ必要があります。

餌をやるだけでイルカが心を開いてはくれません。人間の愛情の敏感に感じ取るのがイルカという動物です。日々のドルフィントレーナーという仕事の中でどのように接していくかでイルカの信頼度が変わってきます。

コミュニケーション能力がドルフィントレーナーに求められる

ドルフィントレーナーはイルカがメインになりがちですが、職場の人も忘れてはいけません。水族館の勤務であれば他の職員とチームワークが大切になります。

積極的に会話ができるコミュニケーション力があれば仕事もしやすくなるでしょう。人と話すことが好きな人は、ドルフィントレーナーとしての適性があると考えられます。

演技力がある人もドルフィントレーナー向き

ドルフィントレーナーには演技力も重要といえるでしょう。イルカショーはイルカに最高のパフォーマンスを発揮してもらうためにドルフィントレーナーの演技力が試されます。

それぞれのショーのコンセプトに合わせて演技をしたり、イルカが間違えてもそれを演習かのように見せたりする演技力は大切といえるでしょう。

ドルフィントレーナーになるための学校

ドルフィントレーナーになるために学校に通うことは、ドルフィントレーナーを目指す仲間に出会えるということ。仲間としてライバルとして刺激し合いながら成長することができます。

ドルフィントレーナーの基礎が学べる専門学校

ドルフィントレーナーになるには専門学校に通う人も多いです。潜水士の国家資格取得に加えて、水に潜るだけでも様々な理解が必要になります。イルカとの接し方や注意点などドルフィントレーナーならではの知識を学ぶことが出来ます。

カリキュラムやサポートを考えて学校選びを

ドルフィントレーナーになるための専門学校は、全国的にも豊富で選択肢はいくつもあります。

学校によっては、現役のドルフィントレーナーから直接的な指導を受けられる授業が用意されていることもあるでしょう。実際にプロとして働いている人から指導が受けられることはより現場の雰囲気を感じやすくなるメリットがあります。

授業内容だけでなく資格支援や就職サポートも確認しておくべきです。就職サポートが手厚ければ卒業後の進路の不安が軽減されることでしょう。社会人として昼間働いている人は、夜間コースのある学校を選ぶことも大切といえそうです。

学校によってサポートの内容やカリキュラムは異なります。自分の目指すドルフィントレーナー像に近づけるように学校選びは比較して行いましょう。

大学でもドルフィントレーナーになるための勉強が可能

ドルフィントレーナーになるために学校に通う選択肢として、専門学校以外に大学にもドルフィントレーナーに関する授業や学科が用意されていることがあります。ドルフィントレーナーを目指す場合には、獣医学や動物看護学などを学ぶことが良いでしょう。

経験を積みドルフィントレーナーになることも可能

ドルフィントレーナーになるには、絶対に学校で学ばなければいけない決まりはありません。水族館でアルバイトをしながらドルフィントレーナーを目指すことも選択肢として挙げられます。

いきなりドルフィントレーナーになることは出来ませんが、現場に最初から飛び込むということは必要な知識を早く身に付けることが出来るメリットがあります。

ドルフィントレーナーになるには?まとめ

資格は必須。情熱や愛情がドルフィントレーナーを続ける原動力に

イルカが好きという情熱とイルカへの愛情。ドルフィントレーナーになるには、どんなに仕事がハードでも続けられる力が必要です。加えて、忍耐力や体力がある人は、特殊なドルフィントレーナーの仕事で強い武器になると考えられます。

未経験でも仕事に就く事は可能ですが、イルカを調教する仕事であるため資格や知識があればベターです。専門学校や大学で基礎知識を学び、潜水士の資格は必須ですが、ダイビングインストラクターの資格があれば就職にも有利になるでしょう。

ドルフィントレーナーへの転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

ドルフィントレーナーの参考情報

平均年収200万円~350万円
必要資格
  • 潜水士
資格区分 国家資格
職種自然・動物

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

ドルフィントレーナーの関連記事

自然・動物に関する他の職業KANREN JOB