e-Sportsイベントスタッフの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

e-Sportsイベントスタッフの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

e-Sportsイベントスタッフの主な仕事はe-Sportsの大会などイベントの準備や進行を通してイベントを盛り上げることです。基本的には裏方に回るケースが多いですが、e-Sportsイベントを支える存在として欠かせない職業です。本記事では、e-Sportsイベントスタッフの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

e-Sportsイベントスタッフとはどんな仕事?

e-Sportsイベントの企画や運営を担う仕事

e-Sportsイベントスタッフはe-Sportsイベントの企画や運営を行うことがメインの仕事です。

e-Sportsイベントではプロゲーマー同士が対戦して、多くの観客を熱狂の渦へと巻き込んでいきます。ゲーム自体も盛り上がりますが、音響や照明、実況やその他の演出を通してイベント全体を盛り上げることが最大の役割です。

どういったイベントにするのかやトーナメントの仕組み、参加人数やゲームの種類など、企画段階から携わることもe-Sportsイベントスタッフの特徴です。一からe-Sportsイベントを作り上げる存在として大きな役割を果たします。

演出を通して観客を魅了するスペシャリスト

e-Sportsイベントスタッフは演出を通して観客を魅了するスペシャリストとも言えます。実際にゲームを行うのはプロゲーマーたちですが、その盛り上がりを陰で支えるのがe-Sportsイベントスタッフです。

音響や照明にしてもどういったBGMや音量、明るさや色にするかなどを検討して、観客に楽しんでもらうことが大きな役割です。

また、実況を通して観客をあおったり、ゲーム自体の盛り上がりを演出したりすることもe-Sportsイベントスタッフの仕事です。映像や会場の設営など、あらゆる部分を通して来場していただいたお客様に楽しんでもらうことがポイントです。

裏方業務も担う

e-Sportsイベント自体はとても華やかでキラキラした印象を受ける方も多いでしょう。しかし、その陰でイベントに向けた準備を担うのもe-Sportsイベントスタッフの仕事です。イベント当日はもちろんのこと、前日やその前から何日もかけて裏方業務を行います。

パソコンや機材の搬入、通信回線の設定や机、椅子の搬入など、地道な作業が続きます。イベント会場を確保した時間に合わせて準備が始まるので、前日の深夜から作業が始まるというケースも珍しくありません。

壁紙を貼ったりスクリーンの配置を調整したりするなど、限られた時間の中で最大限の準備を行うことが求められます。

イベント当日を迎えるまでは大変なこともあるのが実情であり、裏方の仕事もきちんと行うことが重要です。

e-Sportsイベントスタッフの具体的な仕事内容

e-Sportsイベントスタッフの仕事はe-Sportsイベントを盛り上げること

e-Sportsイベントスタッフの仕事は、一言で言うとe-Sportsイベントを盛り上げることです。イベント当日までの準備を含めて、いかにe-Sportsイベントを盛り上げられるかが重要な任務です。

e-Sportsの世界はまだまだ歴史が浅く、これからさらなる成長や発展が期待される分野です。そういった意味で一度イベントに来ていただいたお客様にファンになってもらい、再びe-Sportsイベントに来てもらうことが重要です。

e-Sportsのファンになってもらうきっかけとしてe-Sportsイベントがあり、そのイベントを盛り上げることがe-Sportsイベントスタッフの役割です。

音響や照明、映像や会場設営などの演出を通して臨場感やスリルさを出して多くのファンを作ることがe-Sportsイベントスタッフに求められる責任です。

e-Sportsイベントの企画や演出

1つ1つの仕事内容について見ると、まずはe-Sportsイベントの企画や演出が挙げられます。

いわゆるイベント演出監督のような立場でイベント当日のスケジュールを組むこと、音響や照明、特殊効果といった技術面の調整を行うことがメインの仕事です。

e-Sportsイベントスタッフとしてある程度の経験を積むことで、イベント全体を統括する立場として仕事を行えます。責任は重大ですが、その分やりがいも大きい仕事です。

e-Sportsイベントの進行

e-Sportsイベントスタッフとしてイベントの進行を行うことも仕事内容に含まれます。イベントプロデューサーという立場で、スケジュール通りにイベントが進むように現場を管理したり統括したりする仕事です。

イベント当日に求められる役割が大きい仕事ですが、事前のプロモーション活動やマーケティング活動にも携わります。より多くのお客様にイベントに足を運んでもらうための戦略を練ることも役割の1つです。

カメラマン

e-Sportsイベント当日のカメラマンとして活躍するスタッフも存在します。対戦中のどちらのプレイヤーや画面も撮影できるようにカメラの配置を工夫して、最適な瞬間を撮影できるようにします。

カメラマンが撮影した写真を会場内でリアルタイムに表示したり、SNSを通じて配信したりします。ゲームの展開をわかりやすくするためにもカメラマンにかかる期待は大きくなります。

大会公式サイトや公式パンフレットに掲載する写真などを撮影することもあり、e-Sportsイベントの魅力や臨場感を伝えることが大きな仕事です。

音響や照明

カメラマンもそうですが、より技術的な仕事として音響や照明も行います。音響スタッフはイベントやゲームの進行に合わせてBGMを流したり、解説者が使用するマイクの音量を調整したりします。音の力でイベント全体を盛り上げるのが音響スタッフに求められる役割です。

照明スタッフはイベント中の照明の切り替えを通して、イベント全体を盛り上げます。基本的には選手にスポットが当たるように照明の切り替えを行います。

芸術性を出すという点でも照明の効果は大きいでしょう。機材の取り扱いに慣れていることが重要であり、経験を重ねれば重ねるほど仕事の醍醐味を感じやすくなります。

解説や実況

e-Sportsイベントスタッフにはさまざまな仕事がありますが、解説や実況もその1つです。対戦中のゲーム解説やプレイヤーの特徴を紹介するなど、見ている人たちにわかりやすく説明することが重要な役割です。

実況の場合は適度にあおるような言葉を交えて会場全体を盛り上げることも求められます。初めて見に来た人でも楽しめるようにわかりやすくルール解説を行ったり、ゲームが盛り上がるポイントを説明したりすることも大切です。

イベント会場の設営

e-Sportsイベントスタッフとして多くの人が関わる仕事がイベント会場の設営です。早ければ2~3日前から準備をすることもありますし、遅くとも前日までにはイベント会場を確保して事前の準備を行います。

ステージやブースへの機材の搬入や搬出など、体力的な部分が求められることもあります。会場設営のスケジュールによっては徹夜で準備を行うこともあります。

一番辛い仕事だと感じる人も多いですが、イベント当日の盛り上がりをイメージして何とか乗り切ることがポイントです。

宣伝やプロモーション活動

e-Sportsイベント当日に向けた宣伝やプロモーション活動も行います。集客のための仕事を担うのもe-Sportsイベントスタッフの役割であり、ポスターやパンフレットなどの広告物の制作も行います。

広告物に関しては広告代理店や制作会社に外注することもありますが、その際の交渉担当もe-Sportsイベントスタッフの仕事です。

多くの方に足を運んでもらうためには効率的な宣伝やプロモーション活動を行うことが重要であり、多くの関係者を巻き込んで最適な広告物を作成します。

場合によってはテレビコマーシャルや電車の中刷り広告、新聞や雑誌広告の掲載を行うこともあります。

また、TwitterやFacebookなどのSNSを活用したプロモーション活動も欠かせません。より多くの人たちにリアルタイムの情報を届けるという意味でもSNSを通じた宣伝活動は重要な仕事です。

e-Sportsイベントスタッフの仕事のやりがい

e-Sportsイベントスタッフはさまざまな仕事を通してイベントを成功へと導く存在です。その中で仕事に対するやりがいを感じられる場面も少なくありません。

これからe-Sportsイベントスタッフを志すという方も含めて、仕事のやりがいや魅力を知ることは大切です。

その具体的な内容について確認しましょう。

イベント当日の盛り上がりは大きなやりがいに

e-Sportsイベントスタッフの仕事のやりがいとして、まずはイベント当日の盛り上がりを挙げることができます。

事前の準備や会場設営、企画やプロモーション活動など、大変だと感じることが多い仕事ですが、そうした苦労もイベント当日を迎えると忘れられるほどの盛り上がりがあります。

観客も含めて会場全体に一体感があり、非日常空間を一緒に楽しむことができるでしょう。自分たちが作り上げたイベントで多くの人たちが盛り上がってくれることも仕事のやりがいにつながります。

準備段階で大変なことや苦労することが多い分、イベントが成功した時の充実感は計り知れないものがあるでしょう。

多くの人と関われる

e-Sportsイベントスタッフのやりがいとしては、多くの人と関われることも挙げられます。選手との関わりもそうですが、e-Sportsイベントを成功させるためには多くの関係者の尽力が必要です。

プロデューサーや演出監督、他チームの関係者や監督、スポンサー企業の担当者など、さまざまな人たちとコミュニケーションを取りながら1つ1つの作業を進めていきます。

その中で協力し合える仲間と出会ったり、信頼できる人と出会えたりすることもe-Sportsイベントスタッフならではの醍醐味です。関係者全員がイベントの成功を願っているからこそ芽生える絆もあり、イベントが終わってからも関係が継続することは少なくありません。

新しい風を吹かせやすい

e-Sportsイベントでは音響や照明、映像やその他の演出を含めて、さまざまなパターンの表現ができます。音響1つ取ってもどういったBGMを流すのか、あるいはあえて静かな時間を作るのかといった議論もできるでしょう。

自分なりのこだわりを反映させやすいのがe-Sportsイベントであり、これまでになかった斬新なアプローチで盛り上げることも可能です。それはe-Sports自体が比較的新しい分野であることも関係しています。

これまでの既成概念に捉われることなく新しいものを作り上げたいという姿勢を持っていれば、その希望を実現できるチャンスがあります。自分なりの演出のこだわりがある人にとっては、チャレンジしがいがある仕事と言えるでしょう。

さまざまなタイプの仕事をできる

e-Sportsイベントスタッフとして働くことで、さまざまなタイプの仕事をできることもやりがいにつながります。

一言でe-Sportsイベントスタッフと言っても、イベント演出監督やイベントプロデューサー、カメラマンや音響、照明や映像担当、解説や実況、宣伝やプロモーション活動など、さまざまな立場で仕事を行えます。

どれか1つの役割にこだわる必要はなく、いろいろな仕事を経験しながら適性を見極めることもできるでしょう。それだけのチャンスがあるのがe-Sportsイベントスタッフの仕事であり、1人の社会人としても貴重な経験を積むことができます。

e-Sportsイベントスタッフの仕事内容まとめ

e-Sportsイベントを支える存在として欠かせないのがe-Sportsイベントスタッフ

e-Sportsイベントスタッフには、e-Sportsイベントを盛り上げるという大きな使命があります。

事前の準備を含めて大変だと感じることもありますが、全てはイベントの成功に向けて行う活動です。e-Sportsイベントは選手だけで成立するものではなく、e-Sportsイベントスタッフを含めた裏方があってこそ成立するものです。

その点において、e-Sportsイベントを支える存在として欠かせないのがe-Sportsイベントスタッフです。それだけ大きな責任を背負うこともありますが、イベントが成功した時の充実感は大きなものがあります。

新しい経験をしてみたい、さまざまな人と関わってみたい、自分なりの演出でお客様を楽しませたいなど、e-Sportsイベントを通して社会と関わりたい方は積極的にチャレンジしてみると良いでしょう。

e-Sportsイベントスタッフの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種マンガ・アニメ・ゲーム

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

e-Sportsイベントスタッフの関連記事

マンガ・アニメ・ゲームに関する他の職業KANREN JOB