イラストレーターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

イラストレーターの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

イラストレーターは、様々な媒体においてイラストを手掛ける職業です。スマホゲームなどでビジュアルイメージを総合的に担当する場合も少なくなく、比較的収入が高いイメージがあります。しかし実際の収入事情は意外と厳しいようです。本記事では、イラストレーターの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

イラストレーターの初任給

新人イラストレーターの初任給の平均は18~20万円

イラストレーターの初任給は、平均にしておよそ18~20万円前後と言われています。

イラストレーター職はフリーランスが多い職業であることから、明確な統計などが取られていないことが多いです。その為、インターネットの求人サイトや口コミサイトなどを参照して平均的な初任給を算出しました。

民間の一般企業に勤めるサラリーマンの場合、大卒初任給の平均は概ね20万円〜22万円ほどとなっていますので、平均と同等、あるいは少し低めの水準です。

イラストという一定程度特殊な技能を活かす職業として考えれば、無資格でも就職できるサラリーマンの新卒初任給と同等あるいは低い水準というのは、正直厳しい数値と言えるでしょう。

ボリュームゾーンとしては、新卒サラリーマンより少し低めの水準

会社員として雇われるイラストレーターの場合、採用される職種が必ずしもイラストレーターであるとは限らず、イラストレーター志望ではあるもののグラフィッカーやデザイナーを兼任する場合が少なくありません。そうした場合、平均としては20万円前後が相場で、ボリュームゾーンとしては18〜22万円といった範囲に収まるようです。

大手のゲーム会社や出版社などで採用される場合には、新卒採用で23〜26万円と、新卒者の初任給としては非常に高い水準となる企業もあるようです。しかしゲーム会社にしろ、デザイン事務所にしろ、多くの企業は中小企業となっていて、そうした高待遇で就職できる場合は極めて稀といっていいでしょう。

医療に関する漫画やイラストなどの制作を担当する「メディカルイラストレーター」など専門性が要求される特殊なイラストレーターの場合、初任給段階で月の給与が30万円以上と非常に高い水準となることもあるようです。しかしこれも非常に珍しいパターンです。

イラストレーターの平均給与

イラストレーターの平均給与は約23〜33万円

イラストレーターはクリエイティブ職であることから、厚生労働省賃金構造基本統計調査などの明確な統計にも当てはまらない職業であり、非常に収入のばらつきが大きい仕事でもあります。

こうした統計に頼ることが出来ない関係上、求人サイトのモデル年収、現役イラストレーターからの口コミアンケートなどのデータをもとに算出すると、イラストレーター全体の平均月額給与は、およそ23〜33万円という結果となりました。

民間企業のサラリーマン全体の平均月額給与が概ね35万前後という統計が出ていますので、サラリーマンと比較すると少し低めの水準となっています。フリーランスも含めたボリュームゾーンをみると、むしろ平均よりもかなり低い水準となってしまいます。

イラストレーターには会社員とフリーランスがいる

イラストレーターと一口に言っても働き方は様々で、例えばデザイン事務所や広告代理店、出版社、アニメ制作会社、ゲーム制作会社などにイラストレーターあるいはグラフィックデザイナーとして採用される会社員イラストレーターと、フリーランスのイラストレーターに大きく分かれます。

会社員として働く場合は、毎月一定の給与が出ますし、福利厚生もしっかりとしており賞与も出るところが多いです。正社員なのに賞与が出ない、というのもクリエイティブ職にありがちなパターンですが、イラストレーター職の場合は概ねある程度の賞与が支給されているようです。

フリーランスのイラストレーターの場合、定期的な給与はありませんから、収入はかなり不安定になります。案件ごとの契約となる為、賞与などの手当も一切支給されません。ただ、固定給、基本給などの縛りを受けませんから、人気に火がつけばかなり高い収入を得ることも可能となります。

イラストレーターの平均年収

イラストレーターの平均年収は約250〜400万円

イラストレーターの年収について明確な統計があるわけではありませんが、会社勤めの場合の関連職のモデル年収や実態調査、求人サイトや口コミサイトの平均といった様々な情報を参照すると、イラストレーターの平均年収は、おおよそ250〜400万円となっています。

イラストレーターは先述の通り会社員とフリーランスに分かれていて、年収のボリュームゾーンもそれぞれ異なっています。会社員であっても、企業の業種や規模、都市部か地方か、任される仕事のレベルによっても大きく収入が変動します。

会社員の場合の年収ボリュームゾーンはおおよそ上記平均値と変わらず、300〜400万円辺りが相場なようです。

フリーランスイラストレーターの半分以上が年収100万円以下

イラストレーターのようにクリエイティブ分野の仕事の場合、初めからフリーランスで活動を始める人も少なくありません。または、普段別の仕事をしながら、イラストレーターとしての副収入を得ようとする人もいます。

経験が浅いイラストレーターや、副業でお小遣い程度の収入を狙ってイラストレーターをやっている人の場合だと特にですが、イラストレーターとしての収入はかなり低い水準となってしまうことが多いようです。また、経験を積んだプロでも、満足な収入が得られていないという事例にも枚挙にいとまがありません。

日本イラストレーション協会が2006年に実施した、100人のイラストレーターを対象にした所得実態調査の結果によると、100人のイラストレーターのうち実に52.5%が、年収100万円未満であると回答しています。

100万円未満のイラストレーターが実に半分以上であることが既に驚きですが、これに次ぐ割合は「200万円未満」で24.6%、その次が「300万円未満」で13.1%などとなっていて、合計すると実に9割が年収300万円未満という結果となっています。

年収 100人中の比率
100万円未満 52.5%
200万円未満 24.6%
300万円未満 13.1%
500万円未満 5.7%
800万円未満 1.6%
800万円超過 2.5%

イラストレーターとして人気や知名度が上がれば、年収1,000万円も夢じゃない

上記所得実態調査の結果から、フリーランスのイラストレーターとして平均以上の年収を得ることが非常に難しいということが判明しました。

しかし一部ではありますが、年収300万円を超えるイラストレーターもいて、「500万円未満」が5.7%、「800万円未満」が1.6%、そして「800万円超過」が2.5%となっています。合計するとわずか9.8%で、おおよそ10%という結果となっています。高収入を得られるフリーランスのイラストレーターは極一握りの割合に限られ、非常に狭き門であることがわかります。

ですがランダムに100人選んでその10%が高収入、という結果が出ているとも言えます。この事実からは、確かに高収入のイラストレーターは多くはありませんが、決して少なくも無い、ということが推測できるのでは無いでしょうか。

割合は本当にごくわずかですが、しかしながら0人ではありません。実力や経験を積み、スキルを磨き、知名度や人気をあげていけば、人気イラストレーターとして年収800万円以上の高収入を得ることは、決して不可能ではありません。

人によっては年収1,000万円〜数千万円に及ぶ場合もあります。厳しい道のりではありますが、決して不可能では無い、こうした可能性にかけて、イラストレーターを目指す人は後を絶ちません。

イラストレーターの給与・年収まとめ

会社に勤めて経験を積み、独立も視野に入れて高収入を目指そう

イラストレーターとして高収入を得る着実かつ理想的なセオリーは、やはりまずはデザイン事務所や広告代理店、アニメやゲームの制作会社などにイラストレーターとして採用されて、企業の一員として経験とスキルを積み、ディレクション能力も含めて仕事の実態を掴む事です。

その上で独立すると失敗は少ないですし、豊富な人脈があれば知名度をあげられる案件も請けやすくなります。そうしたプロセスを経て実績を重ねて行く事でイラストレーターとして有名になれれば、飛躍的に年収は高くなって行くはずです。

イラストレーターの参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種マンガ・アニメ・ゲーム

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

イラストレーターの関連記事

マンガ・アニメ・ゲームに関する他の職業KANREN JOB