e-Sportsアナリストの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

e-Sportsアナリストの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

e-Sportsアナリストにはどういった仕事や役割があるのでしょうか。具体的には選手が試合で勝てるようなアドバイスを送ることを中心にさまざまな役割が求められます。このページでは、e-Sportsアナリストとして働く場合の仕事内容についてご紹介します。

e-Sportsアナリストとはどんな仕事?

試合の流れを左右させる戦略家

e-Sportsアナリストは、試合の流れを左右させる戦略家的なポジションです。それぐらい重要な役割を担う存在であり、e-Sportsチームには欠かせない存在です。

対戦チームや選手の行動や技、テクニックなどを中心に、長所や短所を分析するのがe-Sportsアナリストの大きな仕事です。そうした情報をインプットした上で、自チームの選手が有利な試合運びをできるようにアドバイスをすることが主な役割です。

e-Sportsアナリストの指示やアドバイス次第で思うように試合を運べたり、反対に相手に有利な試合展開になったりすることがあります。そうした点において、e-Sportsアナリストが試合の流れを左右させると言っても過言ではないでしょう。

試合に勝つためのバックアップ

e-Sportsアナリストは選手に対して指示やアドバイスを送りますが、自分自身で試合を行うわけではありません。あくまでも選手のサポートをする存在であり、試合に勝つためのバックアップを行うことが役割です。

自分でプレイしたいという方はプロゲーマーを目指すべきですが、「選手のサポートをしたい」、「裏方として活躍したい」、「誰かの助けとなる仕事をしたい」という気持ちがあればe-Sportsアナリストとしても十分に活躍できるでしょう。

データ収集や分析は大変な面もありますが、裏方でチームや選手を支える存在として一流を目指すことが重要です。

選手のアドバイザー役

より簡単にe-Sportsアナリストの仕事について表現すると、選手のアドバイザー役と言い換えることも可能です。アナリスト自身が収集や分析を行ったデータについて伝えることも多いですが、時には選手の悩みや疑問に感じている部分を聞くこともあります。

選手に近い存在として、一緒に解決に向けた糸口を模索するのがe-Sportsアナリストの存在でもあります。

上手くいっている時はそれほど問題ありませんが、勝てなくなったり、なかなか思うような試合展開にならなくなったりした場合に重宝される存在です。

様々な情報やデータを持っているからこそ選手から頼りにされる部分もあります。選手から聞かれたことに対して的確に回答できるように、常に準備を進めておくことが大切です。

e-Sportsアナリストの具体的な仕事内容

e-Sportsアナリストの仕事は選手が結果を出すためのアドバイスをすること

e-Sportsアナリストの主な仕事としては、選手が試合で結果を出すためのアドバイスをすることが挙げられます。対戦チームや選手の特徴を細かく伝え、どういった戦い方をすると有利に試合を運べるのか伝えることが重要です。

時には選手の悩みや愚痴を聞きつつ、メンタルケアなどを行ってあげることも重要です。肉体的にも精神的にもリフレッシュした状態で試合に臨んだ方が、選手の実力を発揮しやすくなります。

トータル的に選手のサポートやケアを行うのがe-Sportsアナリストの仕事であり、チームから求められる役割です。戦術的な部分はもちろん、精神的な部分のケアもしっかりと行って、万全の状態で選手を試合に送り出すことがポイントです。

データの収集や分析

e-Sportsアナリストとしての仕事では、データ収集や分析に割く時間が最も多くなるでしょう。対戦チームや選手の特徴を分析することが一番の役割であり、それが自チームの選手にとって助けにつながる部分です。

対戦チームの選手によって使うチームやキャラクター、テクニックや行動、癖や戦術傾向は異なります。1人1人の特徴や弱点を分析することがe-Sportsアナリストに求められる役割であり、重要な仕事の1つです。

実際に大会や練習試合などに足を運んでデータ収集を行うことも多いです。また、映像が残っていれば、過去の試合映像などを何度も見返してデータ収集や分析を行います。

データの可視化と戦術の共有

収集や分析を行ったデータに関しては可視化することが重要です。e-Sportsアナリストの中で理解していても、同じ情報を選手に伝えて共有しなければ意味がありません。

対戦チームや選手の情報の中でも特に重要な情報に関して、わかりやすく資料にまとめて選手に伝えることが大切です。

例えば、試合の序盤と中盤と終盤で戦い方が変化する選手がいると仮定します。そうした選手にはどういった戦略で対応するのが良いのかなど、具体的な戦術の共有まで落とし込むことが求められます。

自分たちが勝利するためにやるべきことを伝えることが重要であり、相手の苦手な部分をいかに攻撃するかが勝負の分かれ目です。

どんな選手にもストロングポイントと弱点があるはずなので、自分たちはできるだけ攻撃を受けないようにしつつ、相手の弱点を突くような試合展開にできるように有益な情報を共有しましょう。

練習計画の作成

e-Sportsアナリストは練習計画の作成も行います。監督やコーチと話し合いながら練習計画を作成することが一般的ですが、e-Sportsアナリストが持っている情報を開示することで、より効率的な練習方法を編み出すことが求められます。

特にライバルと思われるような選手やチームがいる場合、そのライバルを倒すための練習をする必要があります。ただ闇雲に練習していてもなかなか勝利には結びつかないので、ライバルが苦手とする戦術やテクニックを磨き、試合で勝つ確率を上げることが重要です。

e-Sports選手は1日10時間以上ゲームの練習を行うこともあります。それだけの時間を有意義にできるように、苦手克服のためのアドバイスや成績上位を目指すための秘訣などを伝えることも大切な役割です。

自チームの分析

e-Sportsアナリストは対戦チームや相手選手の分析をすることがメインですが、自チームの分析も欠かさずに行います。敵を知ることも重要ですが、それと同じくらい自分たちのチームの特徴や選手の特徴を把握することも大切です。

試合や練習の中で見えてくる部分をつぶさに記録し、上手くいった部分や失敗した部分を見つけることも有効です。常に改善を繰り返すことで、より有利な試合運びをできるようになります。

特にチーム戦の場合は、連携強化に向けた練習も重ねる必要があります。自分たちのチームの強みや弱みは何か、どこを強化すればもっと有利な試合運びができるようになるのか考え続けることが重要です。

データ入力や資料作成

データの可視化と戦術共有につながる部分ですが、データ入力や資料作成を行うこともe-Sportsアナリストの大切な役割です。収集や分析を行った情報を選手に伝えるためには、わかりやすくまとめた資料が必要です。

口頭だけで伝えられることもありますが、より細かい戦術や対戦相手の動向については資料にまとめた方が選手の理解も深まります。

WordやExcel、PowerPointなどを利用して文字だけではなく、図や表、グラフなども上手く取り入れつつ、見やすい資料を作ることが大切です。

データ入力や資料作成に割く時間はデスクワークがメインとなりますが、コツコツと作業し続ける忍耐力も必要です。

選手のメンタルサポート

途中でも触れましたが、選手のメンタルサポートを行うこともe-Sportsアナリストに求められる仕事です。チームによってはカウンセラーを雇うケースもありますが、カウンセラーがいないチームもあります。

また、カウンセラーが常駐していないケースも多いので、そうした時はe-Sportsアナリストがカウンセラーの代わりに選手のメンタルサポートを行います。

選手はコーチや監督、チームマネージャーなどに相談することもできますが、e-Sportsアナリストだからこそ伝えたい悩みや葛藤がある可能性もあります。

そうした場合には選手の相談に親身に乗ってあげて、状況改善に向けたヒントを提供することがポイントです。選手によっては単純に愚痴を聞いて欲しいだけというケースもあるでしょう。

選手が何を求めているのかを判断しつつ、その場の状況に合わせた対応を心がけることが大切です。

イベントの準備

大会が近づいてきた場合はイベントの準備を行うこともあります。イベントスタッフやチームマネージャーなどと協力しつつ、会場設営を手伝ったり予行演習を行ったりすることもあります。

イベントの準備に関してはe-Sportsアナリストというよりも、e-Sportsに携わる人間の1人として協力することが大切です。

全ては選手たちが高いレベルの試合を行って来場したファンに喜んでもらうためです。e-Sportsイベントの成功を願いつつ、事前の準備もしっかりと行いましょう。

スポンサーとの交渉

時にはスポンサーとの交渉を行うこともあります。基本的にはマネージャー職などが対応する仕事ですが、人数が足りない時にe-Sportsアナリストが同席することもあります。

e-Sports業界はまだまだ歴史が浅く、多くのスポンサーの支援が必要な状況です。1社でも多くのスポンサーを獲得して資金提供を受けることで、選手の待遇改善やチームの財政状況の改善につなげることが求められます。

e-Sportsアナリストの視点からe-Sportsの面白さや魅力を伝えることで、少しでもe-Sportsに興味を持ってもらうことが大切です。地道な取り組みではありますが、1社1社丁寧に対応することが重要です。

e-Sportsアナリストの仕事のやりがい

e-Sportsアナリストにはさまざまな仕事や役割が求められますが、仕事を通して得られる充実感ややりがいがあることも確かです。e-Sportsアナリストになれるのは一握りの存在であり、希少性の高い仕事でもあります。

そうした価値のある仕事のやりがいについて確認しましょう。

自身の頭脳を活かせる

まずは、e-Sportsアナリストとして働くことで自身の頭脳を活かせることにやりがいを感じることができるでしょう。データ収集や分析は誰でもできる仕事ではなく、一定のスキルや経験、頭脳を持った人でないと務まらない仕事です。

特にデータ分析に関しては闇雲に行えば良いわけではなく、自チームの選手が勝てるような戦略を練るための分析を行う必要があります。

その情報を選手や監督、コーチにわかりやすく説明することも大切であり、自身の頭脳をフル活用しなければできないような仕事ばかりです。

学生時代や社会人時代の経験や知見を活かして働きたいという方にも最適であり、自身の頭脳を活かして仕事をしたいという方は特にやりがいを感じやすいでしょう。

奥深い仕事であり常に成長を実感できる

e-Sportsアナリストはとても奥深い仕事であり、常に成長を実感できる仕事だと言えます。e-Sports自体が歴史の浅い業界であり、今後ますます発展することが予想されています。

また、e-Sportsは一般的なスポーツの試合と同様に全く同じ試合が行われることはありません。データも常に更新されていきますし、対戦チームや対戦相手選手の行動、特徴、長所、短所なども常に変化していくでしょう。

そうした変化を楽しむことができて、最新情報のキャッチアップを怠らない姿勢を見せることができればe-Sportsアナリストとしても十分に活躍できます。

e-Sportsアナリストは終わりのない仕事であり、常に成長を実感できる部分がやりがいにつながります。

選手の活躍や勝利が喜びにつながる

自分が収集したり分析したりした情報をもとに、選手が活躍したり試合に勝ったりした場合は大きな喜びにつながるでしょう。

e-Sportsアナリスト自身が試合を行うわけではありませんが、選手の活躍は自分事のように感じられる部分もあります。

特にこれまで上手くいかなかった選手や、なかなか試合で結果を残せなかった選手が勝てるようになると、e-Sportsアナリストとしてやってきたことが間違いではなかったと実感できます。

選手から感謝の言葉などを伝えられることがあれば、さらに大きな喜びにつながるでしょう。チームとして戦っているという実感を持てるようになると、ますますe-Sportsアナリストの仕事が面白くなっていきます。

チームの一員として一緒に戦える

上記でも触れたように、チームの一員として一緒に戦えることもやりがいにつながります。e-Sportsアナリストは選手のアドバイザー役であり、縁の下の力持ち的な存在としての役割が求められます。

自分自身が表舞台に立つことは多くありませんが、チームや選手の活躍が喜びにつながる部分は多いでしょう。

試合中は一般的なスポーツの試合と同様の緊張や興奮を味わうこともできます。チームの仲間と喜びや悲しみといった感情を共有できることが醍醐味の1つでもあります。

ゲームの知識やコミュニケーション能力を活かせる

e-Sportsアナリストとして活躍するためには、相当なゲームに関する知識や理解力が必要です。前提として選手以上にゲームのルールやキャラクターの特徴などを理解していないと、アドバイスをする側には回れません。

そのため、プロゲーマーからe-Sportsアナリストに転身する方も多いのが実情です。誰にも負けないくらいゲームに関する知識があるという方は、その知識や経験、スキルを活かせることが仕事のやりがいにつながります。

また、自分が収集や分析した情報を選手や監督、コーチに伝えるためには相応のコミュニケーション能力も必要です。業界内での人脈形成も含めて、コミュニケーション能力を活かしたいという方にとってもやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

自分でチームを持てる可能性もある

e-Sportsアナリストとしてさらなる高みを目指したい方にとっては、自分でチームを持てる可能性もあることがやりがいにつながります。

e-Sportsアナリストとして一定の経験を積み、実績を残すことができたら独立という形でチームを作ることも可能です。それまでに築いた人脈を活かして、選手や監督、コーチ、マネージャーなどをスカウトして1つのチームを作ります。

自分でチームを作ることによって、より自分らしい指示やアドバイスをできるようになる部分もあるでしょう。

将来的な夢や目標として自分のチームを持つことを掲げると、より現在の仕事の充実感ややりがいも感じやすくなります。

e-Sportsアナリストの仕事内容まとめ

e-Sportsアナリストは頭脳を活かしてチームに貢献できる仕事

e-Sportsアナリストは大変な部分も多いですが、その分やりがいも感じやすい仕事です。

対戦相手のデータ収集や分析は時間がかかることも多く、一筋縄ではいきません。分析したデータを選手や監督、コーチに伝えて実際の戦術に落とし込むまでには相応の苦労を重ねることもあるでしょう。

それでも、自身が分析したデータが試合で役立った時には大きな喜びを感じることができます。実際に自分も選手と一緒に戦っているような気持ちにもなれるでしょう。

e-Sportsアナリストはチームの一員として欠かせない存在であり、選手から頼りにされる存在でもあります。少しでも選手やチームの力になれるように努力する姿勢を持ち続ければ、自分自身の頭脳を活かしてチームに貢献できる日も近づくでしょう。

e-Sportsアナリストの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種マンガ・アニメ・ゲーム

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

e-Sportsアナリストの関連記事

マンガ・アニメ・ゲームに関する他の職業KANREN JOB