環境計量士の給与・年収は?初任給や支給される手当まとめ

環境計量士の給与・年収は?初任給や支給される手当まとめ

人間や動物が安全に暮らせる環境を守っていくために欠かせない仕事である環境計量士。専門的な知識や技術が必要となる仕事なので、高給なイメージがありますが、実際の給与や年収はどのくらいでしょうか。今回は環境計量士の平均給与と年収、給料を上げる方法をご紹介します。

環境計量士の初任給

環境計量士の初任給は平均的で、決して高くはないですが、地道に努力を重ねてスキルアップすることで昇給が期待できる仕事といえるでしょう。

環境計量士の初任給は20万円

就職先の会社や地域によって差はありますが、環境計量士の初任給は約20万円ほどです。環境計量士は、環境や計量に関する専門知識や技術が必要になるので高給なイメージがありますが、初任給は平均的な金額です。

最初から高額の給料を目指すよりも、地道に経験や努力を重ねて徐々に収入を上げていく方が確実でしょう。まずは自分のスキルアップを目指すことが重要かもしれません。

また、人が多い首都圏や工場が多い地域の方が、騒音・振動被害や環境汚染、有害物質排出量が多い傾向にあるので、そのような地域では環境計量士の需要が高く、求人数も多いため、給料が比較的高い傾向にあります。

ある程度経験を積んだら転職する

環境計量士としてある程度の経験を積み、実績を作れたら経験者としてより待遇のいい会社へ転職する人が多いです。初任給が平均的なので、転職のときに給料アップを狙う人が多いようです。

特に未経験者は初任給が低くなってしまうので、まずは初任給が低くても一定期間は仕事を続けて経験を積み、ある程度仕事ができるようになってから転職すると良いでしょう。

資格保有者や経験者は優遇されることも

環境分析の仕事自体は資格がなくても業務を行えますが、環境計量士として幅広く働くためには環境計量士の国家資格を取得する必要があります。企業によっては、国家資格保有者は無資格者よりも少し給料が高くなり、資格手当を受け取ることができます。

また、前職で環境分析に関連する仕事を経験していた場合、経験者として優遇してもらえる場合もあります。全くの未経験で資格も持っていない場合は、まず資格取得をすることで優遇してもらえるかもしれません。

環境計量士の平均給与の統計

環境計量士の平均給与は30万円前後

厚生労働省が公表している「平成29年賃金構造基本統計調査」でによると、環境計量士の平均給与は30万円前後です。この平均給与は同じく厚生労働省が公表している平均年収から算出したものです。初任給は20万円なので、新人の給与は20万円台になりますが、ある程度経験を積むと30万円台まで昇給するようです。

資格手当や資格取得支援に注目

環境計量士の求人を探すときは給料だけでなく、資格手当や資格取得支援があるかどうかも確認しましょう。環境計量士としての実務は未経験でも、資格を持っていると少し優遇してくれる可能性もあります。

給料も大事ですが、資格取得に対する優遇がある会社は環境計量士のスキルアップ支援に積極的であることが多いので、環境計量士としてスムーズにスキルアップすることができるでしょう。

経験者は経験者優遇の求人を探す

環境分析の仕事の経験がある人や環境計量士として働いた経験のある人は、ぜひ経験者を優遇してくれる会社を探しましょう。経験があれば自己アピールもできますし、給料を少し上げてくれるかもしれません。

未経験の人でも、今までの経験のなかで環境計量士に関連のある事柄があればアピール材料にできます。大学で環境に関する学部で勉強をしていたなどでもかまいません。優遇してくれるかどうかは会社次第ですが、アピールできることは積極的に話題に出していくことが給料アップへの近道になるかもしれません。

残業手当がしっかり払われるか確認する

環境計量士は業務内容によって残業が多くなってしまうので、残業手当がしっかり払ってもらえるかを入社前に確認しましょう。最近は少なくなってきていますが、残業代が支払われない会社もまだ存在します。

求人には残業代支給と記載されていたのに、実際入社してみると残業代が全額支給されずサービス残業が多いということもあります。求人に記載されている給料の金額が高いからといって、それだけにとらわれず、残業代やその他手当もしっかり確認しておきましょう。

環境計量士の年収統計

環境計量士の平均年収は約400万円

平均給与と同じく、厚生労働省が公表している「平成29年賃金構造基本統計調査」の結果では、環境計量士の平均年収は約400万円です。年齢によって年収も変化するので多少の増減はありますが、平均的には400万円程度となっています。

環境計量士は専門的な知識や技術が必要な仕事であるのに対して、年収は特別高いとはいえないかもしれません。ただし、先ほどもご紹介したように資格取得や経験を積んでスキルアップすることで年齢に関係なく年収アップも望めるでしょう。

男女で年収に差がある

環境計量士に限った話ではないですが、環境計量士の年収は男女で差があります。男性の平均年収は約414万円であるのに対して、女性は約294万円となっています。女性より男性の方が収入が高く、男性は年齢を重ねるとある程度年収が高くなりますが、女性は年齢を重ねても男性ほど年収が高くならない傾向になります。

女性は結婚や出産、育児などで仕事を休むことがあり、時短勤務などをする場合が多いため、年収もあまり高くないと考えられます。女性でも結婚や出産をせずにバリバリ働いていれば、女性の平均年収より年収が高くなるでしょう。

やることが多くて割に合わないと感じる人もいる

環境計量士は様々な分野の測定や分析を行うため、幅広い知識と技術が求められますし、常に環境や計量に対する新しい情報を仕入れ、勉強していかなければなりません。

さらに、測定や分析に時間がかかってしまうこともあり、残業が増え、拘束時間が長くなる傾向にあります。タスクが多くて仕事をこなすのが大変だと感じる人も多いようです。

業務内容によっては夜勤があり、生活リズムの乱れや体調管理など身体的にも負担がかかってしまう可能性もあります。

その割には給料が安く、もう少し給料を上げてほしいという声も多数見受けられました。環境計量士としてずっと働き続けるのではなく、管理職に昇格することも視野に入れて仕事をしていくと年収アップも見込めるでしょう。

仕事が好きでやっているので、年収の金額は気にならないという人も

給料が安いという声が多い一方で、環境計量士として働いている人のなかには、本当に計量や分析をすることが好きでやっているので、残業時間や年収の金額はあまり気にしないという人もいます。

残業時間が月100時間を超えても、仕事が楽しいのでつらいとは思わないようです。残業が多くても、しっかり残業代が支払われる会社であれば収入も増えるので年収が高くなりますし、残業が多い分仕事をできる時間も長くなるので、仕事が好きな人は苦にならないのでしょう。

なかなかこういう人はいないと思いますが、本当に計量や分析が好きという人は、年収よりも自分の好きなことができるかどうかで企業選びをしてみるといいかもしれません。

今後年収が上がる可能性も充分にある

現代はさまざまな環境汚染が問題視されているので、今後環境計量士の需要はますます高まっていく可能性が高いです。需要が高まってくれば年収も上がる可能性があるので、今は平均的な年収でも、今後の昇給が期待できるかもしれません。

環境計量士の給料・年収まとめ

環境計量士の年収は高いとはいえないが、やりがいのある仕事

環境計量士の給与・年収は平均的で決して高いとはいえません。しかし、経験が浅くても資格取得やスキルアップをすることで、給料アップも十分期待できます。

環境計量士の仕事は人間や動物が安全に暮らせるような環境を守っていくために欠かせない仕事です。給料はそこまで高くなくても、人の役に立てるというやりがいや達成感などが得られます。

環境や計量に興味があり、誰かのために働くことにやりがいを感じられる人はきっと活躍できるでしょう。

環境計量士の参考情報

平均年収350万円~450万円
必要資格
  • 環境計量士
資格区分 国家資格
職種建築・不動産

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

環境計量士の関連記事

建築・不動産に関する他の職業KANREN JOB