e-Sportsアナリストの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

e-Sportsアナリストの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

e-Sportsに関わる仕事をしたいと考える人材が増えている中で、e-Sportsアナリストとして活躍の場を求める方も少なくありません。e-Sportsアナリストとして働くとどのくらいの収入を得られるのか気になる方も多いでしょう。今回はe-Sportsアナリストの年収や給与の実態についてご紹介します。

e-Sportsアナリストの初任給

初任給は20万円から25万円前後

e-Sportsアナリストとして働く場合、まずはe-Sportsチームを運営している企業に就職することが一般的です。新卒で入社した場合は他の企業と同レベルの初任給であることが多く、相場としては20万円から25万円程度と考えておけば良いでしょう。

学歴によって多少の差が出ることはありますが、多くの企業で上記の金額の範囲に収まることが想定されます。

最初からアナリストとしての仕事をさせてもらえることもありますが、その他の仕事もこなしながら経験を積むことも少なくありません。イベントスタッフやマネージャーのような役割をこなすこともあります。

まずは、「e-Sportsについて知る」、「チーム運営について知る」、「イベント運営について知る」など、自分の中の知見を増やすことで徐々に会社やチームに貢献することが重要です。

ゲーム会社やe-Sportsチーム運営会社への就職

まずは、ゲーム会社やe-Sportsチーム運営会社への就職を検討することがポイントです。最初から独立してe-Sportsチームを持ったり、個人事業主として働いたりすることも不可能ではありませんが、未経験で仕事を取ってくるのは難しい部分もあります。

場合によってはe-Sportsチームを持たない会社に就職する形でも問題ありません。データアナリストやゲームアナリストのような形で、データ収集や分析の経験を積むことで将来的にその経験が役立ちます。

e-Sportsチームの運営会社に就職すれば、e-Sportsチームと連動する形で仕事を行えます。いずれにしても、最初のうちは経験を積みながら自身の知識やスキルを高めることが重要です。その辺を意識しつつ自己研鑽に励むと良いでしょう。

ゲームアナリストなどの仕事も

ゲーム会社などに就職した場合は、ゲームアナリストとしての仕事を任されることもあります。e-Sportsチームの運営に携わることは難しいですが、その経験を活かして将来的にe-Sportsチームの運営会社に転職することは可能です。

新卒の時にe-Sportsアナリストになれなかったからといってあきらめる必要はありません。ゲーム会社やイベント運営会社など、何かしらe-Sportsに関わる仕事やアナリストとしての仕事を行っていれば、転職する際に有利に働くことがあります。

まずはデータ収集やデータ分析に慣れることが重要です。それは必ずしもe-Sports運営会社でなければできないわけではないので、就職した会社で経験を積むことも有効です。

経験を積むことが重要

e-Sportsアナリストとしての活躍を目指すのであれば、最初のうちはとにかくいろいろな経験をするという意識を持つことが大切です。

e-Sportsアナリストは簡単な仕事ではなく、自身が持つデータや知識、ノウハウやゲームに関する情報、対戦相手の情報などを含めて、さまざまなものを相互に絡めながら行う仕事です。

新人のうちから的確にデータを扱うことは至難の業であり、自身での気づきや発見、先輩に教えてもらうことなどを通して徐々にアナリストらしくなっていくものです。

とにかく入った会社で経験を積むことを意識して、将来的にe-Sportsアナリストとして活躍する姿を想像することが大切です。さまざまな情報にアンテナを張り、任された仕事を1つ1つ丁寧にこなす意識を持つと自身のレベルアップにもつながります。

e-Sportsアナリストの平均給与の統計

平均月収は30万円弱

e-Sportsアナリストの平均月収に関しては、30万円弱と言えます。厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータによると、他に分類されないもののサービス業の平均月収は約28万円です。

従業員規模が1,000人以上になると平均月収が約29万4,000円に上がりますが、それでも30万円には満たない金額です。

e-Sports自体が比較的新しい業界であり、e-Sportsアナリスト単体での平均月収の算出は行われていません。それでも1つの目安として、まずは月収30万円を目指す意識を持つことも悪くありません。

データアナリストを含めてアナリスト職は高年収を得やすい職業でもあるので、日々の仕事を通してコツコツと努力する意識を大切にしましょう。

データ収集や分析がメイン

e-Sportsアナリストの仕事はデータ収集や分析がメインです。e-Sports大会が近づいてきた場合は、イベントスタッフやマネージャー的な役割をこなすこともありますが、日々の業務としてはデータを取り扱う仕事が多くなります。

収集したデータ分析したり選手に提示したりするためには、資料に落とし込む必要があります。WordやExcel、PowerPointといったアプリケーションソフトを使いこなすスキルも必要であり、パッと見てわかりやすい資料を作ることが大切です。

そうしたスキルも大切にしつつ、どういった情報をまとめれば良いのか考えながら仕事をすることがポイントです。

若くして稼ぐことも可能

e-Sportsアナリストは実力主義のような部分もあり、実力次第では若くして稼ぐことも十分に可能です。特にプロゲーマーからe-Sportsアナリストに転身した場合などは、即戦力として採用されることもあります。

e-Sportsアナリストとして働くためにはプロゲーマー以上の知識が必要です。そうでないと、プロゲーマーにアドバイスすることができないからです。そういった意味で、プロゲーマーからアナリストに転身する方も多く、引退後すぐに高収入を得るという方もいます。

プロゲーマーほどの高収入を得ることは難しいですが、年収800万円前後であれば十分に目指すことができるでしょう。まずはプロゲーマーから信頼されるように、e-Sportsアナリストとしての腕を磨くことが大切です。

給与や年収を上げる方法

e-Sportsアナリストとして収入を上げるためには、いくつかのポイントがあります。e-Sportsアナリストは最初から活躍することが難しい分、経験を積めば積むほどチームや選手から信頼される存在になることができます。

経験を積み信頼や実績を勝ち取ることを意識すると、より高収入を得やすくなります。その他のポイントも含めて確認しましょう。

チームや選手の活躍に貢献する

まず最も大切なのがチームや選手の活躍に貢献することです。「e-Sportsアナリストのおかげで試合に勝てた」などと言われるようになれば、とても嬉しい気持ちになるでしょう。

それと同時にそれだけチームにとって欠かせない存在であり、組織としても評価せざるを得ないという状況ができあがります。

独自の視点で対戦相手や選手の情報を分析し、自チームの選手に伝えられるようになれば試合を有利に運びやすくなります。

最初のうちは難しい部分もありますが、経験を積みデータ分析のコツをつかめるようになると、チームや選手にとって欠かせない存在となっていきます。

データ収集力や分析力を磨く

チームや選手の活躍に貢献するためには、データ収集力や分析力を磨く必要があります。大会や試合を通して結果を確認し、上手くいった部分や上手くいかなかった部分をきちんと見直すことが大切です。

特に上手くいかなかった部分に関してはなぜ試合で通用しなかったのか、なぜ相手の方が有利に試合を運ぶことができたのかなど、自分なりに改善を繰り返すことで、徐々にデータ分析のやり方もレベルアップさせられます。

全ては選手が試合に勝つためであり、それがe-Sportsアナリストとしての評価につながります。データ収集や分析に終わりはないので、極限まで突き詰める意識を持って仕事にあたると良いでしょう。

アナリストとして教育者の立場に就く

e-Sportsアナリストとして収入を上げるためには、教育者の立場に就くことも有効です。次世代のe-Sportsアナリストを担う存在に、自身が持つ知識やスキル、経験を伝えることができれば自然と周囲からの評価も高まります。

例えば、自チームの新人や後輩に教えることもできますし、セミナーのような形でe-Sportsアナリストを目指す多くの人たちに教えることもできるでしょう。

教える対象が増えれば増えるほど、自身のe-Sportsアナリストとしての評価が高まり、収入アップの期待も持てるようになります。

まずは誰かに教えられるだけの経験を持つことを目標に、自己研鑽を積む意識を持つことがおすすめです。

転職や独立も視野に

収入アップを目指すのであれば、転職や独立を視野に入れることも有効です。e-Sportsチームを運営する会社は複数ありますし、ある程度の経験を積んだら自分でチーム運営する立場に回ることも可能です。

転職することによってこれまで以上の年収を得ることも可能でしょう。転職にしても独立にしても、これまでの自分がやってきたことの評価だと考えておけば問題ありません。

今現在納得いく評価を得られていなくても、自身が持っている知識や経験、スキルが社会的に評価されるものであれば次の職場で良い条件を提示してもらえます。

自身の人脈を活かしてプロゲーマーや監督、コーチなどをスカウトできるようであれば独立することもおすすめです。より自分らしいデータ分析を通してチームや選手を躍動させられれば、さらなる高収入に期待が持てるでしょう。

e-Sportsアナリストの平均年収の統計

平均年収は400万円前後

e-Sportsアナリストの平均年収に関しては400万円前後だと言えます。

厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」のデータを参考にすると、他に分類されないもののサービス業の平均年収はボーナスも入れたて約383万円となっています。従業員規模を1,000人以上にすると約405万円に上がります。

これはe-Sportsアナリスト単体の年収ではありませんが、1つの目安として参考にできる金額でしょう。年収400万円程度あれば生活するのに困ることはないでしょう。

もっと稼ぎたい、より良い生活をしたいという欲求がある場合は、e-Sportsアナリストとしての評価を高める必要があります。高年収を得られる可能性も十分にあるので、自身の限界を定めずに努力し続けることもおすすめです。

800万円前後も目指せる

e-Sportsアナリストとして経験を積むことで、800万円前後の年収も十分に目指すことができます。

データアナリストやゲームアナリストなどの求人を見ると、800万円程度の年収で募集していることもあり、それだけの価値がある仕事だと認識できます。

アナリストによっては年収1,000万円を超えるようなこともありますが、まずは800万円程度を目指すことがおすすめです。

チームや選手、監督、コーチからの信頼を得て、e-Sportsアナリストとしての一流を目指すことで、収入も大幅に上がります。平均値にこだわることなく、さらなる高みを目指すと良いでしょう。

経験を積めば年収アップにも期待

e-Sportsアナリストとして大成するにはとにかく経験を積むことが重要です。

自チームの選手の情報や対戦相手の情報、ゲームに関する情報やイベントに関する情報など、さまざまな情報を自身の頭の中に蓄積して有用なデータを選手や監督、コーチに知らせることが仕事です。

有用なデータや価値のある情報を提供するためには、その情報にどれくらいの価値があるのか自分で判断しなければなりません。

その判断基準となるのもやはり自分自身の経験です。過去に経験したものと比べて価値がある、価値がないと判断できるようになると、客観的に見ても信頼に足る情報を届けられるようになります。

まずは経験を積むという意識を大切にすることで、自然と年収アップにも期待が持てるようになります。5年、10年といったスパンで自分磨きをすると良いでしょう。

独立してe-Sportsチームを立ち上げる

1つの企業や組織、e-Sportsチームに所属して活躍し続けることも悪くありませんが、将来的な独立という選択もおすすめです。

自分のチームを持ちたいという夢や目標がある方は、その夢に向かってe-Sportsアナリストとしての仕事を全うすることが重要です。経験を積むことで人脈も広がっていきます。

転職することも悪くありません。他チームの選手や監督、コーチ、関係者などと交流を持つことで、e-Sports全体の視野を広げることもおすすめです。

e-Sportsアナリストとしての価値をさらに高める1つの選択肢として、独立も視野に入れておくと良いでしょう。

e-Sportsアナリストの年収・給与まとめ

e-Sportsアナリストは経験を糧に収入アップを目指す仕事

e-Sportsアナリストは主に膨大なデータや情報を扱う仕事であり、経験を積めば積むほど仕事の面白さが見えてくる部分もあるでしょう。

チームを勝利へと導くために様々な経験を積んで有益な情報提供をできるようになれば、選手や監督、コーチからの信頼も得やすくなります。

そうした信頼と実績を残すことがe-Sportsアナリストとしての評価につながり、収入アップにもつながります。将来的に独立してチームを持つという選択も可能です。

経験を積むことでさまざまな選択肢が見えてきます。収入アップを目指すという意味でも、いろいろな経験を積んでe-Sportsアナリストとしての価値を高めていきましょう。

e-Sportsアナリストの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種マンガ・アニメ・ゲーム

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

e-Sportsアナリストの関連記事

マンガ・アニメ・ゲームに関する他の職業KANREN JOB