映像制作会社社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

映像制作会社社員の資格・試験とは?取得しておくと役立つ資格の特徴などを解説

さまざまな映像制作を行う「映像制作会社社員」ですが、就職・転職するにあたって必要となる資格はあるのでしょうか?クリエイティブ系の職業では資格が求められることもあるため、映像制作会社社員を目指している方であればこのような情報は知っておきたいものです。本記事では、映像制作会社社員に役立つ資格など、資格についてご紹介します。

映像制作会社社員の資格とは?

映像制作会社社員に必須となる資格はない

「映像制作会社社員を目指す上で何か資格が必要なのでは?」と考えている方はいませんか?クリエイティブ系の職業によっては就職の際に何かしらの資格が求められるため、映像制作会社社員を目指している方も必要な資格があると考えている方は多いでしょう。

そんな映像制作会社社員の資格についてですが、特に必要となる資格はありません。また、学歴も就職に関係ないと言われているので、映像制作に興味のある方やその業界に携わりたい方であれば、誰でも目指すことができる職業だといえるでしょう。

資格よりもセンスやスキルが重視される

映像制作会社社員に必要なのは資格ではなく、映像制作のセンスや業務に必要なスキルの習得が重視されているようです。映像は見る人によって捉え方・感じ方が異なるので、依頼者の要望に応えつつ、誰が見ても良いと思える作品を作れるようなセンスが必要です。

また、映像制作会社社員の仕事は複数の職種によって構成されたチームで行われるため、意見交換やアイデアを伝えるといったコミュニケーション能力が求められます。さらに、映像制作をするにあたって最新の機器を扱う技術やスキルも必要になるでしょう。

このように、映像制作会社社員は資格ではなくセンスやスキルが業務に必要となるため、専門的な学校で基礎知識や技術を学ぶ、またはアルバイトで現場経験を積みながらスキルを身に付けることが大切です。

映像制作に関する資格を持っていると仕事に役立つ

映像制作会社社員には必須となる資格はありませんが、いくつかの関連資格が存在します。動画制作の知識・技術を身に付けることができるので、取得しておくと仕事に役立つといったメリットがあります。

また、企業によっては資格を持っていることで採用率が上がる可能性もあるので、取得しておいて損をすることはないでしょう。この記事では取得がおすすめされている関連資格についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

企業によっては自動車免許が必要となる

映像制作会社社員の仕事は映像制作だけでなく、現場での撮影に必要な機材を運ぶのも仕事の1つです。そのため、入社する企業によって異なりますが、採用条件として自動車免許が必要になる場合があるようです。

そのため、映像制作会社社員を目指すのであれば、自動車免許は取得しておくことをおすすめします。もし入社する企業に必要なかったとしても、もしかすると仕事で機材の運搬を頼まれることがあるかもしれないので、取得しておくと仕事に役立つ可能性は高いでしょう。

映像制作会社社員に役立つ可能性が高い資格

映像制作の基礎や知識が身に付く「CGクリエイター検定」

CGクリエイター検定は、映像制作の基礎や知識を身に着けられる資格です。

この資格には「ベーシック」「エキスパート」の2種類があり、基礎を身に付けるならベーシック、より専門的な知識を身に付けるならエキスパートがおすすめされています。

仕事はもちろんのこと、将来的にフリーランスとして活動する際にも役立つ資格なので、ぜひ取得してみてはいかがでしょうか?

映像の開発技術を学べる「CGエンジニア検定」

CGエンジニア検定は映像の開発技術が学べる資格です。こちらの資格も基礎が身に付く「ベーシック」、より専門的な知識が身に付く「エキスパート」の2種類があります。

映像やアニメーションなど、クリエイターであれば取得している方が多い資格なので、映像制作会社社員を目指すのであれば取得してみてはいかがでしょうか?

最低限必要な知識が身に付く「映像音響処理技術者」

映像音響処理技術者は、テレビ・CM・映画などの映像や音響に関する基礎が身に付く資格です。映像制作を行うにあたって最低限必要な知識を身に付けることができるので、映像制作会社社員を目指す方にはおすすめです。

映像制作会社社員に役立つ資格やスキルが学べる学校

CGや映像制作などに関連する学科を持つ学校

映像制作会社社員を目指すのであれば、CGや映像制作などに関連する学科を持つ学校がおすすめです、採用に学科は関係ありませんが、就職する前に基礎的な知識や技術を学ぶことができるので、就職後は仕事への慣れが早くなるかもしれませんよ。

また、このような学校であればご紹介した関連資格も取得できるので、仕事やフリーランスとして活動する際に役立てることができるでしょう。

関連資格は通信講座でも取得できる

ご紹介した関連資格の「CGクリエイター検定」「CGエンジニア検定」は、通信講座でも取得することができるようです。

通信講座であれば自宅で勉強しながら資格を取得できるので、学校に通えないという方にはおすすめです。

働きながら映像制作会社社員への転職を考えている方、または一般的な学科の学校に通っている方は、ぜひ通信講座を利用して資格を取得してみてください。

映像制作会社社員の資格・試験まとめ

特に必要な資格はないがCGに関する資格などは役立つ可能性が高い

映像制作会社社員は特に必要な資格がないため、誰でも目指しやすい職業となっています。しかし、映像制作に携わる以上、CGを用いた業務などがあるかもしれません。

その際に、「CGクリエイター検定」や「CGエンジニア検定」などの映像技術に関する資格は取得しておくと役立つ可能性が高いでしょう。

これらの資格は通信講座など独学で受験しても十分受かることは可能ですし、専門的な学科を持つ学校に通えばCGや映像制作技術に関して授業で学ぶことができます。

映像制作会社社員を目指している方は、希望する企業へと就職・転職するために映像技術に関する資格は取得してみてはいかがでしょうか?

映像制作会社社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

映像制作会社社員の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映像制作会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB