映像制作会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

映像制作会社社員の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

テレビ番組や映画などの映像制作を行っている「映像制作会社社員」。映像制作に興味がある人であれば誰でも目指しやすい職業だと言われていますが、一体どれくらいの収入を得られる職業なのでしょうか?本記事では、映像制作会社社員の初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

映像制作会社社員の初任給

映像制作会社社員の初任給は約20万円前後

映像制作会社社員の初任給は、平均的に約20万円前後となっている企業が多いです。

なお、映像制作会社では初めから正社員として採用するのではなく、アシスタントとして採用されるケースが見受けられます。企業によってはアルバイト勤務からスタートとなるケースもあるため、初任給は少ないと感じる方が多いでしょう。

しかし、一般的な平均初任給と比較しても大きな差はないため、映像制作会社社員の初任給は平均的な金額となっています。

入社からしばらくは収入が少ない

どんな職業でも共通して言えることですが、入社してからしばらくの間は初任給による支給が続くため、収入が少ないというのが現実です。また、映像制作会社の場合は、非正規雇用からの採用が多いですが、経験や実績によって正社員へと昇格し、給与がアップする仕組みとなっています。

そのため、安定した収入を得るのであれば仕事を長く続け、経験を積みながら実績を残すことが大切です。非正規雇用から正社員になれば当然基本給がアップしますし、ボーナスも支給されるので、満足できる収入を得ることができるでしょう。

また、正社員になった後も実績が認められれば、場合によっては管理職へと昇進できる可能性があります。管理職に就くことができればさらに収入がアップするので、さらにやりがいを感じられるでしょう。

給与アップへの近道はたくさんの経験を積むこと

給与アップを狙うのであれば、アシスタントなどの非正規雇用から正社員になる必要があるため、まずは経験を積むことが大切です。

上記でもご紹介したように、映像制作会社ではまずアシスタントとして採用する企業が多く、正社員からスタートできる企業はとても少ない傾向にあります。そのため、正社員を募集している企業を探すよりも、自分が働きたいと思う企業で経験を積むことが、給与アップへの近道となるでしょう。

また、これまでの経験は今後の仕事にも活かすことができるので、より良い映像制作を行うことができるはずです。さらに、依頼者が満足できるような作品を作り、上司から認められれば、さらに高収入を得られる可能性も十分に考えられるので、日々努力を心掛けることが大切です。

映像制作会社社員の平均給与

映像制作会社社員の平均給与は約25~30万円前後

映像制作会社社員の平均給与は、平均的に約25~30万円前後となっている企業が多いです。この平均給与は正社員として得られる収入となっていて、初任給に比べるとかなり高くなっていることがわかります。

映像制作会社での仕事は、場合によっては激務になることもあります。初任給を得ている時期は、ハードな仕事に対して収入が少ないため、仕事がつらいと感じることもあるでしょう。しかし、正社員になれば基本給が上がるため、仕事内容に見合った収入を得ることができます。

ちなみに、現在正社員として働いている方も、初めはアシスタントからスタートしている方ばかりです。ですが、つらい仕事でも責任を持って行い、経験を積んで実績を残してきたからこそ正社員になることができているのでしょう。

入社する企業や経験によって給与額は異なる

映像制作会社社員の平均給与は約25~30万円前後とご紹介しましたが、入社する企業や経験によって給与額が異なることがあります。そのため、自分が納得できる収入を得たいと考えるのであれば、就職活動や転職活動の中で入社を希望する企業の下調べを行っておくことをおすすめします。

ちなみに、就職や転職を支援してくれる就職・転職エージェントを利用すれば、あなたの希望に沿った求人を紹介してくれますし、給与や待遇といった企業の情報を教えてもらうことができます。

さらに、一般的な就職・転職活動では知ることができない内部情報など、入念な下調べを行うことができるので、映像制作会社社員を目指している方は一度就職・転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?

大規模な企業なら安定した収入を得られる

大規模な映像制作会社に就職することができれば、平均給与よりも収入が高く、安定した収入を得ることができる可能性が高いです。大企業であれば依頼を受ける数が多いので、当然会社としての利益も大きくなります。そのため、社員たちに支給される給与やボーナスも充実していると考えられます。

しかし、大企業で映像制作会社社員になれたとしても、経験が少なく実績が認められなければ高収入は得られないので、どんな企業であっても仕事に対する努力は必須と言えるでしょう。

アルバイトなら時給約1,000円、派遣社員なら時給約1,600円が相場

映像制作会社では正社員を募集しているところもあれば、アルバイトや派遣社員などを募集しているところもあります。それぞれの給与については、アルバイト勤務であれば時給約1,000円が相場となっていて、全国の平均時給874円と比較しても高時給であることがわかりました。

また、派遣社員の場合は時給約1,600円が相場となっていて、クリエイティブ系の平均時給約1,500~1,800円と比較すると、標準であることがわかりました。正社員と比べると当然1ヶ月の収入額は少ないですが、アルバイトや派遣社員の収入としては納得できる金額となっているようです。

映像制作会社社員の平均年収

映像制作会社社員の平均年収は約300~500万円

映像制作会社社員の平均年収は、平均的に約300~500万円前後となっている企業が多いです。

この平均年収は正社員の場合の金額ですが、日本の平均年収である約400万円と比較すると、年収レベルはおおむね同程度と言えるでしょう。

ちなみに、大手企業であれば、経験と実績の豊富な方で年収約600万円以上という方も存在しているようです。

小規模な企業の場合は年収レベルが低い

また、小規模な企業の場合は平均年収が約300万円と低いことがわかりました。小規模な企業ではたとえ経験と実績が豊富でも、年収約300~500万円が相場となっているため、高収入を狙うのは難しいといえるでしょう。

ちなみに、企業の規模によらず、経験と実績の少ない方の平均年収は約300万円前後というのが相場のようです。高収入を得るには入社する企業の規模も重要ですが、映像制作会社社員として収入が少ない方は、自分自身を見直す必要があるかもしれません。

経験と実績を積んで入れば独立することで高収入を狙える

映像制作会社社員として経験と実績を積んでいる方の中では、フリーランスとして独立することで高収入を得ている方も多いようです。フリーランスの収入は出来高制なので、実力や制作する映像が人気を集めれば、企業に勤めるよりもより高収入を狙うことができるでしょう。

しかし、フリーランスとして高収入を得るまでには個人差があるため、人によっては長期間少ない収入が続く可能性もあります。成功すれば年収1,000万円を狙うことができますが、そのポジションに辿り着くには、高品質な映像制作の知識と技術が求められるでしょう。

映像制作会社社員の給与・年収まとめ

映像制作会社社員の給与・年収レベルは高め

入社する企業や経験によって異なりますが、映像制作会社社員の給与・年収レベルはあまり高くない水準と言えるでしょう。また、中小企業と比較して給与水準が高い大企業に勤めることができても、経験不足で実績を残すことができなければ、収入は少なくなってしまうでしょう。

常に向上心を持って努力をすることが、映像制作会社社員として少しでも高い収入を得るためのポイントです。頑張ればその分が収入に反映してくるので、映像制作会社社員はやりがいのある職業だと言えるでしょう。

映像制作会社社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

映像制作会社社員の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映像制作会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB