映像制作会社社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

映像制作会社社員の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

みなさんは「映像制作会社社員」がどのような仕事をしているのかを知っていますか?さまざまなジャンルの映像の制作を行う職業ですが、具体的な仕事内容を知っている方は少ないものです。本記事では、映像制作会社社員の具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

映像制作会社社員とはどんな仕事?

テレビ番組や映画などの映像制作を行う

映像制作会社社員の仕事は、テレビ番組や映画などのさまざまな映像制作を行うことです。主に仕事の依頼を受けるのはテレビ局や広告代理店からが多いといわれ、広告となるテレビCMの映像制作がメインとなっているようです。

他にも、ミュージックビデオや映画、ゲームで使用される映像の制作を行うこともあります。企業によっては特定ジャンルの映像制作に特化しているところもありますが、基本的にはこれらのような映像の制作を仕事として行っているようです。

ちなみに、資格や学歴が問われると思われがちの職業ですが、就職するにあたって学歴・資格などは関係ありません。そのため、誰でも目指すことのできる業界なので、映像関連に興味のある方や好きな方にはチャレンジしやすい職種となっています。

複数の職種と連携して1つの映像作品を作り上げる

映像制作会社社員の仕事では、1つの映像作品を作り上げるために複数の職種と連携してプロジェクトの成功を目指します。それぞれの職種によって担当する分野は異なりますが、チームとして協力して制作を行うことで映像を作成することができるのです。

複数の職種は大きく分けて「制作系」「技術系」の2種類に分類されていて、それぞれの職種によるチームプレーによって映像を完成させます。

制作する映像のコンセプトは依頼によって異なりますし、依頼元から受けるスケジュールに従わなければならないので、プロジェクトを成功させるには、チーム一丸となってそれぞれが自分の仕事に責任を持って行う必要があります。

スマホやタブレット向けの映像コンテンツの作成も行う

近年、インターネットを手軽に利用できるスマートフォンやタブレットの普及が進んでいるため、これらの端末でも視聴できる映像制作の需要が増えています。そのため、どの企業でも日々新しいコンテンツ作りを行い、映像のクオリティにもこだわった映像制作が行われているようです。

ちなみに、最近では大画面で使用できるテレビの普及もあり、美しく鮮明に映像を映し出す高機能な技術を求められる傾向があります。そのため、今後も映像制作会社の需要は高まる傾向があるため、就職や転職にはおすすめの職業だといえるでしょう。

制作する映像によっては激務になることもある

映像制作会社社員の仕事は依頼元の意向に従って映像の作成を行うため、場合によっては激務になることがあるといわれています。長時間の勤務や徹夜での作業など、作成する映像によっては生活が不規則になる時期が続いてしまいます。

また、映像の制作中にトラブルが発生することもありますし、予定通りに業務が進まないことも少なくありません。さらに、依頼元の意見と自分たちとの意見が一致しない場合は仕事が楽しくないと感じてしまうため、体力や忍耐力などが求められる職業だといえるでしょう。

映像制作会社社員の具体的な仕事内容

映像制作の企画やプロジェクトの指揮を執る「制作系」

映像制作会社社員の仕事には大きく分けて「制作系」「技術系」の2種類に職種が分類されています。制作系では、その中でさらに職種が分類されていて、それぞれで仕事内容が異なります。

そんな制作系の職種では、映像制作の企画やプロジェクトの指揮を執ることが主な仕事となっていて、プロデューサーやディレクターなどの職種によって構成されています。他にも、制作デスクや構成作家、脚本家といった職種との協働によって、どのような映像を制作するのかを企画します。

制作する映像の企画の立案や出演者への依頼・交渉、スポンサーの手配や制作費の予算管理、実際に制作を行う段取りや構成の台本化など、これらの仕事をそれぞれの職種で分担しています。

映像の撮影や編集を行う「技術系」

技術系の職種も制作系と同じく、複数の職種によって構成されていています。CGクリエイターやデザイナー、映像編集やカメラマン、音声や音響オペレーターなど職種によって映像の制作を行っています。

また、基本的にはどの企業もこのような職種によってチームが構成されていますが、企業によってはさらに細かい職種に分類されているところもあるようです。それぞれの仕事を細分化することで業務の効率が向上し、より多くの映像制作が行われます。

映像制作会社社員の仕事のやりがい

アイデアを映像として完成させる達成感と感動

映像制作会社社員のやりがいの中で最も多かったのは、自分たちで出し合ったアイデアを映像として完成させる達成感と感動を味わえるというものでした。仕事の依頼を受けてから頭の中で考えたアイデアや意見を出し合い、まずはラフ画によってイメージを形づけ、最後は映像を制作することで完成となります。

最初は形のないものが映像という形になったとき、激務による疲れも忘れることができ、1つの映像作品を作り上げたときの達成感と感動が仕事を続ける活力になっているようです。そのため、映像制作会社社員は激務が続くこともありますが、このようなやりがいを感じられることから、人気の高い職業となっているそうです。

映像という形でさまざまなメッセージを届けられる

人に何かを伝える方法にはさまざまなものがありますが、映像制作会社社員の仕事も映像という形でさまざまなメッセージを世の中に届けることができます。ちなみに、映像制作会社社員の多くは「いろいろなことを多くの人に伝えたい」という思いを持って働く方が多いといわれています。

「人を笑顔にさせたい」というコンセプトなら、明るくて楽しい印象を与える映像を届け、「疲れたり落ち込んだりしている人を元気づけたい」というコンセプトなら、温かく癒しを与えられる映像を届ける必要があります。

このように、映像制作会社社員であれば映像によって多くの方にメッセージを届けることができるので、大きなやりがいを感じられるという意見も多かったです。もし、人に何かを伝える仕事がしたいと考えている方は、映像制作会社社員を目指してみてはいかがでしょうか?

自分の好きなことを仕事にできる

面白いテレビCMや映画、ゲームやアニメの映像を見ることが好きな方も多いでしょう。映像制作会社社員として働く方の中には、このような映像を見ることが好きな方も多いため、自分の好きなことを仕事にできることに喜びを感じられるという意見もありました。

自分の好きなことを仕事にしている方は少なく、「今の仕事にやりがいを感じない…」という方は多いです。しかし、映像関連に興味のある方や好きな方は、この仕事をすることでやりがいを感じられるのではないでしょうか?

映像制作会社社員の仕事内容まとめ

チームでさまざまな映像制作を行うクリエイティブな仕事

映像制作会社社員の仕事は、大きく分けて「制作系」「技術系」の2種類の職種に分かれていますが、さらにその中でも複数の職種に分類されています。そして、それぞれの職種がチームとして業務を行うことで、1つの映像作品を作り上げるのが映像制作会社社員の仕事です。

また、「人に何かを伝えたい」「映像を見るのが好き」という方であれば大きなやりがいを感じられる仕事ですし、1つの作品を作り上げた達成感と感動を味わうこともできます。

世の中にはさまざまな職業がありますが、映像制作会社社員は人気の高い職業となっているので、興味のある方は目指してみてはいかがでしょうか?

映像制作会社社員への転職・就職を支援してくれるオススメの転職エージェント

映像制作会社社員の参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種企業

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

映像制作会社社員の関連記事

企業に関する他の職業KANREN JOB