歌手になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

歌手になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

テレビ番組だけではなく、SNSでも自身の歌声を披露して注目を浴び、歌手活動を開始するなど、歌手になるにはさまざまな方向から自身をアプローチすることができる現代。歌手になるには学校に通う必要があるのか、どんな人に適性がある職業なのか、ご紹介します。

歌手になるには何が必要?

歌手になるための道は1本ではない

歌手になるためには歌唱力を上げるため、音楽を学ぶためにボーカルスクールや音楽大学、音楽専門学校を進学しなくてはいけないのではないかと思いますが、決して学校へ進学することでプロ歌手になれるとは限りません。

歌手には企業への就職と違い、学歴や資格を必要とされることはありません。歌手は独学でも自身が持つセンスや周囲の注目を引き付ける強運によって成功を掴む方もいます。

歌手としての自分を周囲にアピールし続ける

運だけで歌手になることは非常に稀なケースです。歌手として活動するには日々歌唱力を上げるために地道な練習を積み重ねる必要があります。

歌手を目指している方の中には日々の練習と、コンテストやのど自慢大会、レコード会社が開催する新人発掘オーディションなどに積極的に参加している方が多くいます。

また路上ライブや資金に余裕がある方でしたらミニライブ活動を行い、歌手としてまだ名前が売れていない時期は、1人でも多くの方に自身の存在をアピールし続ける必要があります。

SNSを利用して発信する方もいる

近年普及している動画配信サイトなどのSNSを利用して自身の声を発信し、音楽業界関係者にアピールする方が多くなっている傾向にあります。動画配信を継続することで最終的にプロ歌手として活動を開始することができた方もいます。

SNSを利用することで簡単に自身の歌声やバンドを組んでいる方は合奏している動画を配信するなど、自己アピールの方法はさまざまです。中には歌手活動とは別の内容で発信し、人気や注目が出ると歌手デビューをする方もいます。

作詞・作曲や編曲などの能力も備える

歌唱力の高さが評価され事務所やレコード会社などと契約を交わすことが出来たとしても、歌手としての活動で成功することは難しい職業です。

歌手として日々ボイストレーニングや歌のレッスンを続けることも大切ではありますが、歌唱力以外の作詞や作曲、編曲や振り付けなどの能力開花に時間を費やすことで、周囲から評価されることに繋がります。

オーディションやのど自慢大会、動画配信サービスを利用して自身の歌をアピールし歌手を目指すことができますが、歌手になるために向いている人はどんな人なのかご紹介します。

歌手に向いている人、適性がある人

体力が最も大切

歌手として活動をするには体力が一番大切なこととされています。体力が低ければ何時間もステージ上でのパフォーマンスを提供することは難しいでしょう。

ステージだけではなくレコーディング作業にも影響していきます。体力がないほど声量も出ず伸びのある綺麗な声を出すことが困難になります。

日常生活から努力を重ねる

プロの歌手として活躍するにはオーディションを受けることが近道とされていますが、オーディションだけに力を入れるのが大切なことではありません。

歌手になるためには、日常生活でも歌を歌うことに対する意識を持ち続けることも大切です。歌唱力だけはなく、自身で演奏も取り入れたい方は楽器を始める必要があるでしょう。

歌手は、普段の日常生活から歌手になるための努力を惜しまない人に向いている職業といえるでしょう。

人を惹きつける人物になれる人

ただ歌唱力が高いだけでは歌手としての活動は長く続けることは厳しいです。

歌手だけに限らず自身の得意を売り込む職業には、一つのことだけに特化するだけではなく、トーク力や個性的な衣装を毎回着ているなど、人を惹きつける・魅力的な人でなければ長く仕事を継続するのは非常に難しいとされます。

歌唱力があるだけではなく他にも特技がある、ちょっと変わった趣味があるなど、自身の個性を磨き発信することができる人に向いている職業といえるでしょう。

歌を歌うことが好きであること

歌手であるには歌を歌うことが好きでなければ、長く続けられない職業ではないでしょうか。人に見られる職業でもあるため、歌が好きでなければ表情や雰囲気から悟るお客さんもいます。

心から歌が好き、歌を歌うことが生きがいという気持ちを持ち続けることが出来なければ、歌手活動の中で苦しい時期を乗り越えることも難しいでしょう。

自身が何を表現したいのか明確にある

歌手だけではなく芸術家など自身の能力や技術を表現して仕事へ繋げる方に大切なことは、自身はどんな思いを伝えたいのかです。表現力がなければ趣旨が伝わらず、周囲の人々へ印象を残すことも難しくなるでしょう。

また、これまで歌手としての活動内容を続けていたが突然別の活動へ転向するなど、人気のある歌手でしたら注目され続けることができる可能性はあります。

しかし、注目度の低い内にいろいろな活動に手を出すと、かえってこの人は何をしたいのか周囲から理解されることが難しくなります。

自己管理ができる人に向いている

歌手の職業は華やかな職業に見えますが仕事内容は過酷なことがあります。ライブや音楽番組、レコーディングなどの予定がない日が多くてもボイストレーニングを怠っていては、どんなときでも良い歌声を出すことが難しくなります。

歌手には見えないところでの自己管理が大切です。日々の練習を怠ればレコーディングが上手く進まず、徹夜で歌い続けることもあります。また、ライブツアー中であれば体力勝負となります。少し熱がある風邪を引いたから休むなどの弱音を吐くことができません。

ライブが終わった、レコーディングが終わったからと自身の歌手活動をする上で大切な喉などの体調管理ができない方には向いていない職業といえるでしょう。

歌手と言ってもさまざまな歌手がいますが、歌手になるためにはどんな学校に進学する必要があるのかご紹介します。

歌手になるための学校・教室

オペラ歌手やシャンソン歌手を目指すには音楽大学へ進学する

歌手には特別学歴を必要とされませんが、オペラ歌手やシャンソン歌手になるには音楽大学の声楽学科へ進学する方がいます。

オペラ歌手やシャンソン歌手はロックやポップスとは違う歌い方をするため、口の開け方や声の出し方、音楽に対する知識を深めるために音楽大学へ進学します。

オペラ歌手やシャンソン歌手を目指していない方でももちろん音楽大学へ進学し、一からしっかり音楽・歌に関して学ぶ方も多くいますし、音楽大学を卒業されていることで一つの自己アピールにもなり、技術力をより向上することができます。

歌唱力は自己流で身につける人もいる

歌手になるには歌唱力と体力や人を惹きつける魅力がある方に向いている職業ではありますが、歌手にとって重要な歌唱力は練習しなければ上達しません。

歌手を目指す方の中にはボイストレーニング教室に通う方がほとんどです。現在プロの歌手として活躍されている方の中にも、有名なボイストレーニング教室で学んでいた方もいます。

歌手にはPOP歌手やアニソン歌手、演歌歌手やオペラ歌手など自身がどんな歌手になりたいのかによって、必要な歌唱力や知識が異なるため自己流で上り詰めることができるのか、しっかり情報を調べる必要があります。

ATOボーカルスクール

歌手を目指すだけではなくカラオケで高得点をとりたい、音痴を直したい、人前で歌えるようになりたいなど音楽に関して自身の目的別で学ぶことができる養成スクールです。

最大の特徴は1年で歌手デビューをすることができることです。自身で作詞・作曲ができなかったとしても、好きな曲やイメージでプロに曲を作成していただけます。実際にレコーディングスタジオで毎月レコーディングを行うことが出来ます。

レコーディングの実践だけではなく、自身のオリジナルCDリリース後ライブ出演することもできます。

歌手になるためのレコーディングやライブ出演の実践を学びたい方はATOボーカルスクールに通うことで一連の流れを学べるとともに、歌手デビューを果たすことができます。

歌手になるには?まとめ

歌手として活動するには運が必要となることもある

自身の歌声を披露する場は路上ライブだけではなく、現在では動画配信サービスを利用して発信することができるようになりました。自己アピールが簡単にできるようになったその分、より多くの方が歌手を目指せるようになりました。

たくさんの歌手志望者に対して自身の歌唱力だけでは注目されるのは難しく、どれほど個性や歌唱力以外の特技があるのかアピールすることも、歌手を目指すには大切な内容といえるでしょう。

歌手の参考情報

平均年収100万円〜数億円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種音楽・ラジオ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

歌手の関連記事

音楽・ラジオに関する他の職業KANREN JOB