小説家の給与や年収は?時代の流れに乗れる小説家であれば年収は青天井

小説家の給与や年収は?時代の流れに乗れる小説家であれば年収は青天井

小説家といえば、原稿用紙とペン1本、今ではPC1台、究極を言えばスマホ1台でも可能な仕事です。一般的には、作家生活は華やかで自由でクリエイティブ、夢の印税収入でウハウハ、といったイメージが強いですが、実際は厳しく過酷な仕事と言われます。今回は、小説家の平均年収や、年収アップの方法などを紹介していきます。

新人小説家の「初任給」

新人小説家の収入は、月換算で10万円前後

小説家の収入というのは、本を出せるかどうか、そして売れるかどうかによってかなり左右されるため、一概に言うことはできませんが、様々な媒体で印税や原稿料について明かされているので、大体の概算を算出することは可能です。

新人小説家として1年目の場合、収入源は、主に新人賞の副賞賞金、そしてデビュー作の印税となります。デビュー時から連載を持ったり、複数著作を出したりする人もいますが、基本的には1年目はこれだけと言っていいでしょう。副賞賞金は、新人賞の場合、50~100万円が主で、比較的高い賞でも150万円前後です。

出版社にもよりますが、新人小説家の場合、印税は1冊につき価格の5~8%ほどと言われています。デビュー作の初版発行部数の平均が8000部と言われておりますので、印税8%、デビュー作単価が1000円であったとすると、1,000円×0.08の1冊あたり80円×8,000部で、印税は64万円となります。副賞賞金と合わせると、年収はおおよそ114~214万円です。

概算ですが、以上から、新人としてデビューしたばかりの小説家の、賞金と印税のみの収入は月換算で9.5~17万円ほどとなります。しかし印税のパーセンテージによってはもっと低くなりますので、現状はかなり厳しい数字と言えるでしょう。

小説家の平均給与の統計

雑誌連載時の原稿料は原稿用紙1枚あたり1,000円から

新人小説家が雑誌で連載を持った場合、所定の原稿料が支払われます。原稿料は、原稿用紙換算で支払われ、有名な人ほど高い原稿料をもらうことができます。原稿用紙1枚あたり1,000~2万円が相場と言われており、新人の場合ですと1,000~3,000円あたりの原稿料で仕事をすることになります。

原稿料は作家の能力、専門性の有無によってもかなり変動しますが、雑誌で連載を持つことができ、原稿を月に原稿用紙100枚分書いたとして、新人の場合10~30万円の収入となります。文芸誌の小説連載の場合、原稿料は2,000~5,000円が平均と言われていますので、100枚で20万~50万円の収入になります。

ただ、月に100枚もの原稿を書くことはまずないと言っていいでしょう。基本は中短編やコラムで50~70枚程度を上限としてコツコツ稼いでいくことになります。年に1本、100〜200枚の長編が出せればいい方です。

連載を持つことができれば御の字ですが、新人の場合、コラムや穴埋めなど、単発の執筆も多いです。単発なので、月あたりの仕事量も安定せず、1回あたりの枚数も少なく、要は実入りもかなり低い仕事が多いようです。

そもそも作品がボツになると、対価が支払われることはない

これまでの例は、あくまでもちゃんと作品が出せた場合の幸運な例であるといえます。もちろん、新人賞の受賞作は単行本出版を伴うものが多いですが、例えば新潮社や文學界など比較的短めの作品を募集する新人賞の場合、単行本化がなかなかされない傾向にあります。

また、デビュー後に本を出す場合、出版社、編集者による厳しい判断が待っています。デビューできて2作目に誠心誠意取り組んだとしても、作品がボツになってしまうことも普通にある世界です。ボツになってしまうと、代価が支払われることはなく、労力がまるまる無駄になってしまいます。

小説家が難しいのはここで、報酬は出版実績のあるものにしか発生しません。かけた労力だけ、成果が出るとは限らない厳しい世界であると言わざるを得ません。

出版不況の中、初版部数は減り続けている

初版の平均は8,000部、と概算しましたが、これは少し前の時代の平均です。現在、初版の発行部数は軒並み減り続けています。現在の発行部数はかなり落ち込んでいて、場合によっては3,000部ということもざらにあるといいます。幸運にもしっかりと人気が出て、重版が決まれば、その分印税も増えますが、今や3,000部を売り上げるのも厳しい時代に突入しているということができます。新人であれば尚更でしょう。

小説家の平均年収の統計

小説家全体の平均年収は、200~300万円

小説家の年収は、人によって大きな差があり、かつ人気作家であっても、書けなくなると途端に無収入になります。保証のない職業ですので、人気の有無にかかわらず、確実に年収はいくらです、ということは不可能に近いのですが、概ねの平均年収は、200~300万円と言われています。

人気作家になれば、基本的な印税収入が増えることはもちろん、様々な副収入もついて、非常に高い収入を得ることが可能です。しかし現実は、小説のみで食べていける作家は一握りのみで、多くの作家はサラリーマンの平均以下の年収となっています。なので、兼業をしたり、配偶者の稼ぎに頼ったりしなければ厳しい人が多いようです。

連載小説、書籍化、文庫化の好循環で3段構えの収入へ

収入を増やすために重要なセオリーは、連載小説を雑誌に掲載してもらい、その連載小説が書き下ろしや加筆修正を経て書籍化し、さらに2年後に文庫化、という好循環レーンにうまく乗ることです。この理想的な流れに乗れば、1つの作品につき最低3度の収入獲得のチャンスが巡ってきます。出版社としても、3段構えの収益プランを想定できるわけです。

この流れに乗るには、安定した人気や評価を得て、安定した作品提供力を持続することも勿論ですが、作品そのものの質の高さも大切です。3段の流れの中で1度でも失敗すれば、労力も水の泡となってしまいます。しっかりと需要に応えたレベルの高い作品を、連載小説段階からコンスタントに提供し続ける実力が大事となってきます。

また、俗に一発屋という言葉があるように、1作品でも起爆力のあるコンテンツを持てば、戦略次第で何度でも繰り返し売り上げを出し続けることができてしまいます。なので、1発でもいいから当てる爆発力も、年収を増やすには大事な要素です。

超人気作家になれば年収億超えも、しかし現実は厳しい

人気作家の場合、部数が桁違いになってきますので、収入もその分倍々ゲームで増えていきます。印税率も新人より多くなります。概ね10%と言われていますが、人によっては12%を超える場合もあると聞きます。

例えば1冊1,500円の単行本を、印税10%として、発行部数が1万部を超えると150万円、10万部超えると1,500万円、そして100万部を超えた場合、1億5,000万円もの収入が、印税だけで得られます。一般企業に勤めるサラリーマンにしてみれば、夢のような額です。

印税率一つとっても大きく違いますが、有名な人は純粋な作品単価など出版社との契約で得られる作家収入だけでなく、TV出演やインタビュー料、講演会などの副収入でも大きな利益をあげることができます。東野圭吾さん、村上春樹さんなど、日本のトップレベルの小説家になると、年収は億超えも珍しくなくなるようです。

しかし、人気作家といえども、必ずしもずっと印税がたんまりの豪遊生活ができるかというとそうでもないようで、例えば柳美里さんが2015年にビジネスジャーナル誌のインタビューに応えたところによれば、昔は1億円の年収がありましたが、今は400~500万円、サラリーマンの平均あたりになっているそうです。

実力派で知られる羽田圭介さんでも、雑誌連載の際の原稿料は芥川賞受賞後で1枚あたり5,000円と言われており、月に原稿用紙50枚分書いたとしても月収にして25万円にしかなりません。出版不況も相まって、講演料やインタビュー料も減ってきているそうです。

Web小説の主流化や電子書籍化の波は止まらず、新たな活路も

年収を増やすためには、時代に沿った表現の場を見つけることも重要なことです。Web小説が原作である作品が紙の本として出版され大きく売れた例も増えてきています。Web小説は無料で読めるということもあって、たとえ収益に繋がらなくても作品を発表し続けることそのものがメリットになります。

しかし、簡単に導入できて、収益も上げられるかもしれない流れとして、電子書籍の出版が挙げられます。例えば、紙の書籍で出版する場合、印税率の相場は10%、これはこれまで見てきた通りです。しかし、電子書籍を出版する場合、amazon社のKindle個人出版(KDP)であれば印税率は最大70%にも上ります。

パーセンテージからしても大きな差があることはもちろんですが、ロイヤリティがここまで高く設定されていることで「紙の本ほど大きく売れなくても十分食べていける」収益になるというところが、最大のメリットです。しかしまだまだ成長途上の分野なので、マスメディア的な知名度に直結してテレビやラジオ出演の仕事が舞い込む、というほどには浸透していないのが現状です。

小説家の給料・年収まとめ

出版不況で売れた作家も今は苦しい。新たな時代を見据えた活動を

高収入を得られる小説家はほんの一握りです。しかし好きな人は専業でも切り詰めてでも小説を書き続けていますし、たとえ兼業でも頑張って続けています。一方で出版不況の中、かつて売れていた作家さんが今は苦しいという話も散見するようになってきました。

これからは、電子書籍など新たな活路も視野に入れるべきです。好きな作品を書き続けていく熱意だけでなく、時代への適性がある人だけが、小説家として生き残るのかもしれません。

ミイダスで「あなたの適正年収」を診断可能!

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値、スキル、パーソナリティを診断・データ分析できるサービスです。

小説家の参考情報

平均年収200万円~300万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種出版・報道

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

小説家の関連記事

出版・報道に関する他の職業KANREN JOB