グラウンドキーパーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

グラウンドキーパーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

グラウンドキーパーは、野球場やサッカー場などのスタジアムでグラウンドを整備するプロフェッショナルです。グラウンドキーパーは、ふだんどのような仕事を行っているかご存知でしょうか。本記事では、グラウンドキーパーの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

グラウンドキーパーとはどんな仕事?

グラウンドキーパーの仕事内容について、全体の解説をしていきましょう。ただグラウンドを整備するだけの職業と思われがちですが、単純な仕事ではありません。

グラウンドの整備をする仕事

グラウンドキーパーのメインとなる仕事はグラウンド整備です。スポーツをした後のグラウンドは乱れています。

その状態でプレーし続けると選手のケガにつながる可能性があるので、定期的に整備を行います。主に活躍をする場所は、サッカー場、野球場です。グラウンドを管理している会社によって担当するグラウンドは異なります。

どのようなグラウンドを整備するのか

担当するグラウンドは、野球場やサッカー場、ラグビー場、陸上競技場です。管理する会社によって整備を行うグラウンドが異なります。グラウンドキーパーとして活躍したいのであれば、プロ選手が使用するグラウンドキーパーを目指しましょう。

地方には、プロで使用されないもののアマチュアチームやマイナースポーツでサッカー場、野球場などのグラウンドが使用されることがあります。このような整備を行う場合、頻繁に行うわけではないので出動できる回数が限られます。

また、頻度が少ないため他のグラウンドとかけ持ちになる可能性が高いので、勝手が違うグラウンドで仕事をしなければなりません。

アミューズメントパークのグラウンド整備

スポーツ施設以外でも、アミューズメントパークを整備する仕事もあります。こちらのケースでは、どちらかというと施設内に植えられている草木の管理です。また、テーマパーク施設内に芝生が敷かれているところあるため、芝の管理も行います。

スポーツ施設のようにプロ選手が使用するわけではありませんが、日々メンテナンスをしておかないときれいな状態を保ち続けることは難しいので、グラウンドキーパーの力が必要不可欠です。

こちらのグラウンドキーパーは、アミューズメント施設を運営する会社が募集しているケースもあるので、アミューズメント施設で働きたいと考えている人は、募集していないか確認してみましょう。

グラウンドキーパーの具体的な仕事内容

グラウンドキーパーは具体的にどのような仕事をしているのか、詳しい仕事内容を紹介していきましょう。

野球場、サッカー場の整備をする

グラウンドキーパーとして花形の仕事になるのが、野球場やサッカー場の整備です。プロ選手が使う球場やグラウンドでは、試合前と試合後だけがグラウンドキーパーの仕事ではありません。グラウンドキーパーが活躍するシーンが多くあります。

試合前の整備

試合開始前にグラウンドキーパーが練習で使用したグラウンドを整備します。この時、練習時間と試合時間の合間に行うため、集中して仕事をしなければなりません。また、野球場では試合前にさまざまなイベントが行われます。イベントの進行具合では整備時間がほんのわずかな時間しかないということもあります。

分担してグラウンド整備を行いますが、ピッチャーマウンドなど経験豊富なグラウンドキーパーが必要な箇所はベテランスタッフが担当することになります。スキルを磨き重要な場所を任される存在になれるよう、目指しましょう。

試合中の整備

試合中もグラウンドキーパーが活躍することもあります。野球では5回終了後に一度グラウンド整備が入ります。短時間で試合開始時に近い状態にしなければなりません。サッカーであれば、ハーフタイムにえぐれてしまった芝生の応急処置を行うこともあります。

サッカーの場合、穴があるとケガにつながってしまう可能性があるので、ハーフタイムの修復作業は重要です。

イベント後の復旧整備

野球場やサッカー場は試合に使われているだけではありません。プロが試合をしていない時はコンサートやイベントでグラウンドを利用しているケースもあります。イベント中はグラウンド整備を行う必要はありませんが、イベントが終わり野球やサッカーができる状態に戻す時に、乱れたグラウンドを整備し直す必要があります。

イベントやコンサートでは、グラウンドの上にステージを設置します。場合によってはステージを設置したことでグラウンドに悪影響を与えてしまうこともあります。このような場合、グラウンドキーパーがいないと整備ができずに試合を行わなければならないので、イベント後のグラウンド整備が必要になります。

大がかりなメンテナンス

オフシーズンになると、芝生を全面的に張り替えたり、土の入れ替え作業を行ったりと大がかりなメンテナンス作業を行うこともあります。作業をするのは専門の業者ですが、グラウンドキーパーが立ち会って指示をすることもあります。また、会社によってはグラウンドキーパースタッフ総出で行うこともあります。

大がかりなメンテナンスを行うと、今までのようなプレーができない選手もいるので、なるべく選手のプレーに影響が出ない程度のメンテナンスが必要です。この時のコンディション状況を見極めるのが、グラウンドキーパーの仕事なので、選手がどのようなグラウンドを求めているかを考えながら作業を行う必要があります。

グラウンドキーパーの仕事のやりがい

グラウンドキーパーの仕事のやりがいを紹介していきましょう。

成長具合を感じることができる

グラウンドキーパーの仕事には経験と勘が必要です。グラウンドキーパーとして仕事内容を覚えていても、繊細な動きや手入れをしなければ、グラウンドをうまく整備することは難しいといえるでしょう。

努力を積み重ねてスキルを身につければ、経験と勘がしっかりつき自分がどの程度成長したかを確認することができます。また、努力が求められる職業なので、努力の成果を肌で感じながら仕事を行うことが可能です。

達成感のある仕事

乱れたフィールドをきれいに整備して、やりきった後には達成感があります。きれいな状態は試合前のわずかな時間ですが、汚れてしまったグラウンドを少しずつ整備しきれいな状態にすることができた後には、グラウンドキーパーにしか味わうことができない達成感を感じることができるでしょう。

憧れの舞台に立つことができる

グラウンドキーパーになると、プロがプレーする場所に立つことが可能です。選手としてプレーをすることができなくても、グラウンドに立って選手と同じ目線で球場を見渡すことができるので、スポーツをやっていた人にはなんともいえない達成感を味わうことができるでしょう。

選手から信頼されることも

野球では、グラウンドの状況次第で選手のパフォーマンスに大きく影響を与えてしまうケースもあります。特に、ピッチャーマウンドはグラウンドコンディションのなかで最も気を遣う場所です。選手が投げやすいグラウンドに仕上げることができれば、グラウンドキーパーとして認められ、場合によっては選手から指名されることもあります。

選手に信頼されれば、グランドキーパーとしての腕が認められ信頼されている証拠なので、今まで一生懸命努力したかいがあったと強く感じることでしょう。

グラウンドキーパーの仕事内容まとめ

グラウンドキーパーとしてのスキルが試される場所

グラウンドキーパーという職業は経験と勘がカギになる仕事です。グラウンドキーパーの仕事を極めることができれば、その道のプロとして認められるでしょう。職人級のスキルを身につけるためには、数年以上グラウンドキーパーとして働き、スキルを磨いていかないといけません。

スポーツが好きでグラウンドキーパーを目指そうと考えている人は、ぜひ目標を持って取り組むようにしましょう。

グラウンドキーパーの参考情報

平均年収300万円~400万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

グラウンドキーパーの関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB