アスレティックトレーナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

アスレティックトレーナーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説

外国に比べると、まだまだ日本では知名度が低いアスレティックトレーナーですが、スポーツと医学の両方の知識を蓄えているアスレティックトレーナーの給与・年収はどれくらいなのでしょうか。本記事では、アスレティックトレーナーの初任給、平均的な給与、平均的な年収など、収入面についてご紹介します。

アスレティックトレーナーの初任給

新人アスレティックトレーナーの給料は約17~20万円

新人アスレティックトレーナーとして働く場合、初任給は17~20万円前後がボリュームゾーンとなっています。比較的、アスレティックトレーナーの初任給は高めの傾向にあります。その分、新人の内は覚えることが多く、体力的にもハードな仕事です。

他にも、地域や経験、スキル、所属するチーム、会社によっても給与の、多少の誤差が生じる可能性があります。

転職をした時の給与は経験や資格によって変動

アスレティックトレーナー専門の求人の場合、いままでの経験や取得をしている資格によって給与面でも待遇が変わる可能性があります。

転職前に、アスレティックトレーナーの仕事の経験を持っていれば、採用の段階で役職に就くこともあり得るかもしれません。また役職に就ければ、給与の額も多少あがるでしょう。

さらに資格を沢山取得しておくと任せられる仕事も増えるため、若いうちに昇進して給与が増える場合もあります。会社によっては新卒と同じ給与になる場合もあるので、過去の経験や実績については面接の際には十分にアピールしておくとよいでしょう。

アスレティックトレーナーの給与は就職する所によって、金額の幅が大きいです。転職を考えている場合、持っている資格と照らし合わせつつ、慎重に選んで決めるべきです。

勤続年数で給与アップの可能性も

プロのチームや選手の専属トレーナーではなく、ジムや整骨院やフィットネスなど一般企業に就職した場合そのまま働き続けることで、給与も徐々に上がっていきます。最初は20万から働き盛りの40代になれば、50万いくかいかないかまで給与が上がるでしょう。

異業種からの転職の際には、給与や手当、待遇についても確認しておく

異業種からアスレティックトレーナーに転職する場合、持っている資格と実績で給与が変わることがあり得ます。以前に働いていた会社での仕事内容やスキルによっては給与が下がるケースもあるので、異業種からの転職は、慎重に調べながら行動することが大切です。

異業種からの転職でも、持っている資格によって最初から難しい仕事を頼まれる場合もあり得ます。その際に手当や待遇についてもどういう対応をしてくれるのかを、求人や面接等で確認しておきましょう。

アスレティックトレーナーの平均給与

アスレティックトレーナーの平均給与は月25~30万円前後

アスレティックトレーナーの平均給与は25~30万円前後がボリュームゾーンとなっています。ですが、アスレティックトレーナーの仕事は、会社によって変動が激しいため、小学校や大学などでアスレティックトレーナーとして働いていても、安定して給与が貰いにくい職業です。

どちらかというと医療関係の場所でアスレティックトレーナーとして就職する方が安定した給与が得られます。

地域によって変動する可能性も有り

アスレティックトレーナーの仕事自体が、世間的には知られていないことが多いので、アスレティックトレーナー専門の場合は地方に比べると、都市部の方が求人も多く、年収の差も都市部の方が高めの傾向です。

キャリアアップを目指しながら、独立することで給与アップするケースもある

求められている場所は様々で、介護施設や病院、スポーツクラブ、ジム、フィットネスクラブなど多数あります。スポーツと健康意識が高まってきている現代では、需要は増えつつあります。

しかしまだまだアスレティックトレーナーという職業は海外に比べると確実に根付いている仕事ではないので、兼任して働く人が多いです。

他の業務も兼任することが多い反面、それを利用して、なんでもこなせるようなアスレティックトレーナーになれるようにキャリアアップを目指しつつ、経験を積んでいき、最終的にはアスレティックトレーナーとして独立開業して仕事をしている人もいます。

独立することで、所属していた会社の業績に左右されることはなくなります。自分の采配次第では、給与アップも見込める夢のある職業ではないでしょうか。

また公認アスレティックトレーナーの資格や国家資格以外にも経営に関する他の資格も取得しておく、さらに集客力も営業力も習得しておくことで年収1,000万以上も不可能ではありません。

掛け持ちで働いている人もいます

人によっては、複数のアスレティックトレーナーに関する仕事を掛け持ちすることで、給与アップをさせている人もいます。掛け持ちすることは経験も積めて収入も増えますが、自分のプライベートな時間がかなり減るので、長年続けていくには体力が必要です。

給与が上がる分、体調も崩しやすくなることもあり得るので、若いうちはいいですが、年を重ねていく内に、掛け持ち以外の方法や安定してもらえる職場に転職することも考えておくべきです。収入は減る可能性が高いですが、職場に認めてもらえるようになれば、長く雇ってくれるでしょう。

アスレティックトレーナーの平均年収

アスレティックトレーナーの平均年収は

アスレティックトレーナーとして働いていく場合、平均年収は300万~500万円前後がボリュームゾーンとなっています。ただし、一般企業に勤務するほとんどのアスレティックトレーナーは200万前後かそれより少し下を行き来している人が多いです。

500万から800万を稼ぐくらいになるには、プロのチームの専属トレーナーかスポンサーなどがついているトップアスリートとの専属契約を結ばない限り難しいです。

専属トレーナーになれば高収入になる可能性も

お金持ちの専属トレーナーやプロ選手、チームの専属トレーナーとしてフルで働けることが出来れば、年収1,000万も夢ではないでしょう。しかし専属トレーナーというのは狙っている人も多く、狭き門でもあるので、実績と経験がなければ採用してもらうのが難しい現状があります。

専属契約はアスレティックトレーナーにとって憧れでもありますが、その分、精神的負担も多いです。

海外でアスレティックトレーナーとして働くことで年収が上がる可能性有り

海外、特にアメリカの場合は、アスレティックトレーナーとして働くにはNATA-BOC公認ATCという国家資格が必要です。他にもパーソナルトレーナーという資格も取っておくと海外で働く際に役に立つでしょう。

海外で、フルタイムで採用されている人の年収は日本に比べると、高く、学歴が高ければ600万円前後の給与が貰える場合もあります。

さらに勤続年数があがるにつれ、年収も上がっていくので、人によっては900万円前後の人もいます。しかし海外でもパートで雇われている人もいるので、その場合、平均年収は下がります。それでも日本に比べるとアスレティックトレーナーという仕事は認知度が高いため、初年度でも500万いくこともあり得ます。

専属トレーナーは企業の業績にも左右される

プロのスポーツチームを持っている会社で専属トレーナーとして働く場合でも会社の業績が悪くなれば、スポーツチームの運営費も下げられるので、給与も必然的に減らされる可能性が高いです。専属トレーナーは高収入を狙える可能性が高い手段ではありますが、解雇されると無収入になってしまうリスクも高いです。

専属トレーナーであってもどうなるかわからない分、働きつつも今後のことを考えて、アスレティックトレーナーに使えそうな資格は取得をしておくと良いです。

アスレティックトレーナーの給与・年収まとめ

アスレティックトレーナーの平均給与・年収は比較的高めですが、変動するリスクも高め

アスレティックトレーナーの平均給与・年収レベルは比較的高めの傾向にありますが、就職する企業や団体によって変動することが大きい職業です。また、仕事内容も精神的、肉体的にも強くないといけない仕事内容なので、働いている割には少ないと感じる人も少なからずいるでしょう。

しかし、経験と実績があれば、専属契約を結ぶことができれば高収入もあり得る職業です。地味に経験を積んでおけば、良い待遇で転職できる可能性も高いでしょう。

アスレティックトレーナーの参考情報

平均年収300万円~500万円
必要資格
  • JATAC-ATC
  • JASA-AT
資格区分 民間資格
職種スポーツ

統計情報 出典元:

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

アスレティックトレーナーの関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB