広告宣伝の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

広告宣伝の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

広告宣伝の仕事内容は企業規模や部署によって異なることが多いだけでなく、担当する仕事内容でも大きく異なってきます。たとえば広告宣伝といえばデザインを思い浮かべる人が多いかと思いますが、実際は企画やリサーチなど行うことによって分類されます。この記事では広告宣伝に関する仕事内容について紹介していきます。

広告宣伝とはどんな仕事?

最大のミッションは消費者へのアプローチ

広告宣伝に関する企業や担当者が最も重視していることは、依頼された商品・サービスを消費者の目に触れやすい形で「情報」として提供することです。現代ではテレビやラジオのCMだけでなくSNSの興隆により、その手段は非常に多様化を極めています。

広告宣伝において勘違いが起きやすいのは、社内で出回る広報やPR、IRといったメディアに提供されるものとの違いです。これらの情報は一度公開されるとコントロールできないのに対し、広告宣伝目的によって作られたものは再度修正や取り下げなどが可能となっています。

広告宣伝を生業とする担当者は広告を作ることに力を入れるのは当然ですが、それによって商品価値や認知度の上昇、もっといえば売り上げ上昇などを最も気にかけています。社内外から予算をもらい、その費用に見合うだけの効果が出せなければ一流の広告宣伝担当者とは言えません。

重要性を増すWebコンテンツ

広告宣伝において最も重要と言われていたのはテレビ、ラジオ、雑誌、新聞の4大マスメディアでした。しかし、時代の流れと共にその重要性は低下する中で、今もっとも重要とも言われているのがWebコンテンツによる広告宣伝です。

Webコンテンツを利用すれば自社で作った公式サイトや自社アカウント用のSNS、さらには動画サイトなどあらゆる形で広告宣伝が可能となっている時代です。こうしたツールに簡単にアクセスできると共に利用者が多いこともあり、広告宣伝業界は新しいツールを利用した広告展開が求められるようになっています。

企画、リサーチ、広告作成とやることは多様

広告宣伝担当者は広告作りだけをしているとイメージされる人も多くいます。しかし、実際は広告の制作だけでなく企画作りから採算、さらにはマーケティング調査とやることは多種多様となっています。

まず、大手の広告制作企業であれば依頼された商品などに基づいて企画書を作り、それに基づいて資金を調達します。その後、商品に関する市場価値や購入層についてマーケティング調査を行い、さらに具体的に広告制作に向けて打ち合わせを行います。

やっと具体的な内容が決まってはじめて広告制作に入りますが、もし大々的な広告であれば有名人などの起用もあるため、さらにすり合わせを行いながら制作していきます。

このように1つの広告を作るだけでも多くの人と時間、お金が掛かっており、簡単にできるものではありません。また、さまざまな分野が存在しており、それぞれにスペシャリストがいる企業などもあります。もしくは、企業によっては営業などを掛けて企画書だけを作り、残りのクリエイトな部分やマーケティング調査についてはフリーランスに依頼する場合も多々あります。

広告宣伝の仕事の具体的な内容

広告宣伝担当者の1日で見る具体的な仕事内容

広告宣伝に関する仕事と言っても、その働き方は多種多様と言えます。ここでは、とあるお菓子会社の広告宣伝に関する部門で働く人をモデルに具体的な仕事内容を紹介していきます。

まず、朝出社してから1日のスケジュールとタスクを確認します。同時に、各メディアから発信されるさまざまな文化的な情報にも触れておき、仕事の材料のストックを貯めておきます。同時に自社サイトやSNSを確認し、自社に寄せられている意見やニーズについて細かくチェックしていきます。

また、商品企画部門などから新プランが上がって来た際は、インターネットを使ってマーケティングを行います。その新商品を売り出してヒットする層やニーズに関する情報を収集し、マーケティングの観点から意見を出します。

広告宣伝の部門として意見がまとまった後は、企画を挙げてきた商品企画部門と打ち合わせを行います。同社の中で打ち合わせが終わった後には広告代理店と打ち合わせを行い、広告のイメージを伝えたりタイアップしたい有名人などの案を出します。

会社から帰って来た後、メールなどを確認し自社サイトに関する新しい広告原稿や雑誌広告の原稿が送付されていれば、校正を掛けてイメージとズレがないかチェックしていきます。その後、特に急ぎの仕事がなければ退社となります。

仕事が重なっていると残業になることもある

広告企画の仕事をしている場合、多くの場合は新商品の企画案締め切りやWebコンテンツの原稿チェック、他社とのミーティングと多くの仕事と重なることが大半です。

また、クリエイター側との打ち合わせとして食事会を開くことも多く、残業の多い業種と言えます。さらに、企業によってはイベント・キャンペーンイベントの立ち会いとして休日出勤することも多く、睡眠時間が削られることも多々あります。

各企業規模・業界によって形の違う広告宣伝

広告宣伝を1つ作りにしても企画から採算、マーケティング、さらにデザイン作成とその仕事量は膨大で、よほどのプロや経歴や長い人でない限りは1人で裁ける仕事量ではありません。そのため、企業単位で広告宣伝を引き受けたり部門を設けていたりする場合は、各仕事に人員を割いていることが多いです。

この傾向は大手企業や広告代理店に多いですが、たとえば営業・マーケティング・企画・制作・進行管理という具合に担当を細かく分けています。これとは対照的に中小企業になると、これらの仕事を一手に引き受けている傾向にあります。

また、広告宣伝は業界ごとに毛色が違うのも特徴と言えます。基本的にどの業界においても広告宣伝は重要と言えますが、その扱いや発信媒体には違いがあります。たとえば、大手企業ならば4大メディアと言われる新聞・テレビ・ラジオ・雑誌に対しても積極的に広告を出せる傾向にあります。

しかし、中小企業であれば費用対効果を考えると、4大メディアに多くの費用を掛けたとしても採算が取れないこともあります。そのため、自社で作ったWebサイトやSNSを駆使して広告を打つ傾向が強いです。

業界別でいえば、特にアパレルメーカーは定期的に発売されるファッション誌を使った広告がメジャーです。このように、各業界や企業規模によって広告の打ち出し方は大きく異なってきます。しかし、近年ではファッションにおいてもSNSを使った広告方法も模索されており、どの業界・企業規模においても広告宣伝は転換期を迎えていると言えます。

広告宣伝の仕事のやりがい

商品・サービスの知って欲しい部分を自分たちで発信できる

広告宣伝における仕事で最もやりがいを感じられるのは、商品やサービスについて深く理解し、もっともアピールするポイントを絞って多くの人に周知できる点にあります。いわば広告宣伝は商品と消費者とつなぐ橋渡し的存在とも言えます。

どれだけ優れた商品やサービスが存在したとしても、ポイントを理解していないと手に取ろうとしたり利用しようとしたりはしません。広告宣伝を生業とする人たちは、そんな2者がどうすればつながることができるのか案を出し、多くの消費者に向けてPRを行う仕事です。

自分たちが作り上げた広告によって少しでも認知度が上がったり、購入者が増えたときは広告宣伝担当者にとって何よりのやりがいと言えます。近年ではSNSで話題となるという分かりやすい形で広告宣伝効果を実感できるため、こうした部分もやりがいと言えるでしょう。

自分の作った作品が認められたとき

広告宣伝における企画やマーケティングという部門は裏方の仕事で、職名からイメージされる華やかさとは裏腹な部分があります。しかし、クリエイター達と作り上げた広告が評価されることもあり、もしそうなった場合は大きな達成感と共にやりがいを感じる瞬間でしょう。

特に、広告宣伝においてデザインを主に担当している人にとっては作品を評価されたことにもつながるため、大きなやりがいとなります。また、作品として評価されていけば新しいキャリアの道も開けるため、より今後の活動の糧となります。

広告宣伝の仕事内容まとめ

苦労が多い分やりがいも多い広告宣伝業

広告宣伝担当者は広告作成だけが仕事ではなく、依頼された商品に基づいて企画作成や市場におけるマーケティングと仕事内容は多種多様です。そのため、企業によっては各専門に担当を分けていることも多く、中にはデザインやマーケティング調査をフリーランスに依頼することもあります。

広告1つとっても非常に手間暇の掛かる仕事ですが、それにより関わった商品・サービスの認知度が上がった瞬間は、大きなやりがいを感じられる仕事です。

広告宣伝の参考情報

平均年収350万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

広告宣伝の関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB