広告宣伝になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

広告宣伝になるには?必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説

商品やサービスの認知度向上・イメージアップが最大の使命として働いているのが広告宣伝の担当者です。広告宣伝担当はテレビやSNSなどに流れる広告を作るために膨大なデータを解析し、それを1つの広告に仕上げていきます。この記事では、広告宣伝の担当者になるために必要なことや重要なことについて紹介していきます。

広告宣伝になるには何が必要?

広告宣伝業の役割

広告宣伝に携わる人の大きな役割は、テレビやラジオのCMやSNSなど各種メディアを駆使しながら商品・サービスについてわかりやすく消費者に伝えることが第一の目的となります。

広告宣伝を行う目的としては売り上げに貢献するために行うか、もしくはその商品・サービスのイメージアップや広く周知徹底を行うためにやるなどと、最終的な目標に沿って行われます。そのため、広告宣伝で行うプランナーの設定する目標や企画は特に重要となり、そのセンスが問われると言っても過言ではありません。

特に、近年では広告宣伝を行う媒体も多種多様となっており、あらゆる媒体において適切かつ効果の出る宣伝作りができるスキルが求められます。そのため、多くの媒体に積極的に触れる好奇心と、クライアントが表現したい内容を具体化させるだけのセンスも必要です。

根気が求められる職業

広告宣伝を生業とする職業の人は、とにかくセンスが求められる場面が多いです。それは真実なのですが、アイデアを出すためには柔軟な発想を生み出すための体力と根気が求められるものです。

アイデアはある日突然降りてくるものではなく、日々の仕事の積み重ねから生まれたり、さまざまな媒体で流れる広告の分析を繰り返すことで生まれるものです。そのため、いきなりフリーランスとして広告宣伝業を行ったとしても、うまく行く可能性は少ないと言えます。

そのため、仕事のコツ習得と実績を作るために広告制作会社や代理店に入り、経験を積む人も多くいます。そこで仕事について覚えると共に、しっかりと人脈を作った人が独立する傾向にあります。

デザイナーの手腕は下準備で問われる

広告宣伝の仕事は多くの人の目を惹くマスメディアを扱うことも多く、華やかなイメージを持つ方も多いです。しかし、実際は企画出しと関係者への連絡、そして制作に追われることも多いため、どちらかといえば裏方の仕事と言えます。

企画作り1つ取ったとしても、製作する広告に響くターゲットの洗い出しをするためにマーケティングを行うことになります。ターゲットの洗い出しが出来たあとに詳細な企画書が出来上がりますが、このターゲットの洗い出しが不明瞭な場合は何度も企画書出しが繰り返されることになります。

大手代理店では希望通りに配属されない可能性あり

新卒採用などで広告宣伝業を行う企業に就職する場合、配属先の希望は出せても希望通りになるとは限りません。そのため、よほど広告宣伝業に特化した企業でない限りは、はじめから広告宣伝の仕事をできる可能性は低いと考えたほうがいいでしょう。

また、デザイン関連の専門学校などに通っていない限り、いきなり広告宣伝のデザイン関連の仕事に就くことも難しい可能性があります。特に、大学卒業後に就職する場合は、営業や経理に回されることも多いに考えられます。

時間は掛かるかもしれませんが、広告宣伝部門で働きたい場合は与えられた仕事をまずは懸命に行う必要が出てきます。そして、異動希望などのアンケートで粘り強くアピールすることで、はじめて配属される可能性が出てきます。

広告宣伝に向いている人、適性がある人

全体をまとめる力と調整するだけの冷静さが必要

広告宣伝は宣伝をしたいクライアントと制作スタッフ、そしてテレビなどで発信する場合はその担当者、さらに広告に有名人を起用する場合はその有名人とコンタクトを取る必要があります。これだけ多くの人達をまとめ上げる力が広告宣伝担当者には求められます。

広告宣伝を行う人はこれだけ多くの人が納得できるだけの企画を作り上げ、さらに障害がある場合は調整して前進させていく必要があります。営業の場合は出資者側とクリエイター側の板挟みになることもあり、精神的にまいる場面も多々あります。

また、広告宣伝を行う担当者は多くの意見を調整しつつ、1つにまとめ上げる編集力も必要になってきます。1つの広告が生まれるまでに多くの障害がありますが、完成したときの達成感は何物にも代えがたいものがあります。

エネルギッシュでないと続かない仕事

広告宣伝の仕事は常に多くの人と関わりを持つため、さまざまな場所に足を運ぶことも多い仕事と言えます。そのため、身体と共に人と会うことで精神的にも疲れることが多く、常にエネルギッシュでないと続かない仕事です。

また、多くの人と会うだけでなく、納期が近かったり案件が重なったりする場合は、残業や休日出勤が続くこともザラと言われている仕事です。遠方での打ち合わせが続く中でもコンスタントに作業を続ける必要があるので、やはり体力がものを言うと言っても過言ではありません。

情報をポジティブに収集できる人

広告宣伝を生業とする人にとって欠かせないと言えるのが、常に時代の流れを読んであらゆる情報へアクセスすることに躊躇がないことも重要なセンスと言えます。この力は多くの人とコミュニケーションできる点と通ずる点でもあります。

現代は情報の表現方法を1つ間違えれば炎上につながる社会となっています。それは広告宣伝においても同様であると共に、注意を払わなければいけない部分でもあります。そのため、過去の情報やデータだけに捉われることなく、現代の潮流をしっかりとつかみつつ、新しい形で表現する力が広告宣伝には求められています。

そのためには1つの物事に捉われず、さまざまな人や文化、現象に水から飛び込んで取り込んでいくだけのアグレッシブさも重要になってきます。引き出しの数が増えれば増えるほど表現の幅も広がり、仕事の幅も広がっていきます。

表現だけでなくビジネスの視点を持っていることも重要

広告宣伝は映像などの形にすることが主なこともあり、芸術的な要素を過分に含む仕事です。しかし、あくまでも商品価値を高めるという仕事であるため、ビジネスの観点から話ができないと仕事として成立させるのは難しい職業でもあります。

どれだけ広告として素晴らしい作品を作ったとしても、それが商品・サービスのイメージアップや価値向上につながらなければ意味がありません。もし自分本位で作り続ければ、そのうち誰も仕事を頼まなくなるでしょう。

広告宣伝になるための学校・教室

広告宣伝は新卒採用で企業に入社するのが一般的

広告宣伝関連の仕事で働くために必要な資格は特に存在しておらず、仕事も広告宣伝を主体とする企業などが発表する新卒採用による入社が一般的です。そのため、映像などに関連する専門学校や大学生が試験を受け、新卒として入社するのが一般的なルートになります。

広告宣伝関連の会社としては、宣伝の表現力だけでなく統計やマーケティング関連の知識のほうが重視されることも多いため、商学部や経済学部で学んだ力は生かされる傾向にあります。また、近年ではウェブ媒体での広告活動が頻繁になっていることもあり、コンピューター関連の学部出身者を望む声もあります。

就職する企業によって求められるスキルは違う

広告宣伝を生業とする企業や個人事業主と言っても、専門にする分野や得手不得手には違いがあります。たとえば、自動車メーカーを主に相手にする広告宣伝の担当者であれば、ある程度は車に関する知識が必要になってきます。

そのため、広告宣伝の力だけでその世界を生き抜くのは難しいところがあります。また、反対をいえば専門知識を持っていれば、その知識を求める広告宣伝部門や企業に就職できる可能性も広がってきます。

広告宣伝になるには?まとめ

多くの人と関わりながら広告作りに生きがいを感じられるかがポイント

広告宣伝に関連する仕事を生業とするには、基本的にはそれに準ずる部署や企業に入社して働くのが一般的です。なるために必要な資格や試験は特にないため、経歴や実績があれば広告宣伝を主に行う個人事業主として働くことも比較的簡単です。

しかし、広告宣伝を行うには出稿先の媒体ごとに異なるマーケティングスキルが重要ですので、一朝一夕にできるようになる仕事ではないと思っておきましょう。

広告宣伝の参考情報

平均年収350万円〜600万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

広告宣伝の関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB