グラフィックデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

グラフィックデザイナーの仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

グラフィックデザイナーの主な仕事内容は、商品宣伝やポスター広告、WEBサイト用のグラフィックデザインを作り出すことです。クライアントからの依頼を受けてデザインの制作を開始しますが、作品のコンセプトや市場傾向を考慮した作業が求められます。基本的には広告代理店や広告制作会社に勤務することが多く、一流のスキルを身に着けるならキャリアアップすることも可能です。本記事では、グラフィックデザイナーの具体的な仕事内容、仕事のやりがいなどについてご紹介します。

グラフィックデザイナーの仕事内容とは?

広告やポスターなどのグラフィック・デザインを制作するのが主な仕事

グラフィックデザイナーの仕事内容とは、商品のイメージ広告やポスターなどの印刷文、またはWEBサイト用のグラフィック・デザインを制作することです。デザイン事務所や広告代理店などで活躍することが多く、一人でも多くの人の心に達するようなデザインを追求します。

グラフィックデザイナーとしてスキルを積むことで、広告効果が高いテレビ用の宣伝広告を任されることもあり、キャリアアップも目指せる仕事です。

コンセプトを把握して心をとらえるデザインを考案

グラフィックデザイナーの仕事は、クライアントとの打ち合わせから始まりますが、どのようなコンセプトが掲げられているのか、どの層をターゲットにするのかを明確に把握する必要があります。

大型プロジェクトになると、広告費も大きくなり的確にユーザーの心に達するものを制作する必要があります。グラフィックデザイナーは、フォトグラファーやコピーライター、アートデザイナーなどと協力して作品を仕上げていきます。

チームワークを維持しながら、クライアントの意向を的確につかむためにはコミュニケーション能力が欠かせません。

専門業界の知識が欠かせない

グラフィックデザイナーが活躍できる業界は幅広く、教育や福祉、医療や不動産業界でもグラフィックデザイナーの需要があります。広告や制作物を作る際には、担当する業界内でのルールや環境、進行方法などを熟知しておく必要があります。

見る人に感銘を与えるだけでなく、専門業界の知識が必要になるため一人前のグラフィックデザイナーになるには多くの経験が必要です。最近では、メディアの露出性が多様化しているので、グラフィックデザイナーが活躍できる領域も広がっています。

ほかとは違う作品と仕上げるためには、デザインセンスと想像力、そして特殊業界での知識が欠かせません。

グラフィックデザイナーが活躍できる場所

広告代理店と広告制作会社では業務内容が異なる

基本的に、グラフィックデザイナーは広告代理店や広告制作会社で勤務します。

広告代理店に勤務するグラフィックデザイナーの場合、新聞や雑誌などでの広告業を担当し、よりインパクトのある広告を作り出すことを目指します。最近では、カタログやポスター、映画やテレビ広告を手掛ける代理店も多く、コピーライターなどと一緒に仕事を行ないます。

広告制作会社で働くグラフィックデザイナーは、広告代理店やメーカからの依頼を受けて、宣伝企画やデザイン広告の制作を行います。大手の広告代理店の多くが、制作会社を傘下に持っており、制作プロダクションやデザイン事務所などに細分化されています。

活躍できる場所がたくさんあるというのはグラフィックデザイナーの魅力の一つです。

グラフィックデザイナーの具体的な仕事内容

グラフィックデザイナーの仕事内容は、どのような順序で進んでいくのでしょうか。各工程別にみていきましょう。

クライアントからの注文依頼

広告代理店で勤務するグラフィックデザイナーの仕事は、メーカーや出版社からの依頼によって始まります。基本的には、自社の営業マンが仕事を取ってくることになりますが、グラフィックデザイナーも依頼内容をしっかりと確認します。

また、自社製品を売り出すためのデザイン広告を担当することもあり、依頼を受けた時点で十分なヒアリングを行って、相違がないように注意します。

作品のコンセプトや納期、予算をしっかりヒアリング

クライアントから依頼を受けた場合、制作物のコンセプトや納期、予算などをしっかりとヒアリングして、先方の要望通りに仕上げられるようにします。特に、担当する製品に関しては詳細を確認し、どんな特徴があるのか、集客したいターゲット層などを明確にします。

ヒアリングが不足していると、工程が進んだ時点でやり直しになることもあり、大幅な予算ロスになります。また、クライアントの意向を十分に汲み上げることができないとグラフィックデザイナーとしての信頼にも悪影響が及びます。

グラフィックデザイナーの多くは要件定義書を書面にして保管し、後で食い違いが発生しないように準備しています。

デザインの作成

クライアントとの打ち合わせに基づいて、デザインの制作を開始します。グラフィックデザイナーがデザイン制作を主に取り仕切りますが、イラストレーターなどが在籍している場合、チームで作業することもあります。

複数のデザイン案を作り上げ、クライアントの意向に最も適合しているものを選びます。出来上がったデザインをクライアントに提出し、必要があれば修正し、OKがでれば納品となります。

初回の打ち合わせの時にどの程度ヒアリングできているかで修正の度合いが大きく変わってきます。グラフィックデザイナーには、コミュニケーション能力が求められるのは言うまでもありません。

納品

クライアントからOKをもらった後に納品を行います。クライアントが指定するデータに変換したり、印刷物として納品することもあります。

コンピューター上で確認するのと実際に印刷するのでは感触が異なるので、もし印刷上で何らかの問題があった場合は色合いなどを微調整して、最終的に納品します。

グラフィックデザイナーが手掛ける仕事の種類

広告デザイン

グラフィックデザイナーは、ポスターや看板などの広告デザインを担当し、レイアウトや色、文字の使い方に注意を払います。

見る人に分かりやすく情報を伝えることができるように写真やフォントの使い方を工夫するのがグラフィックデザイナーの役目です。

広告デザインは広告専門業者から、宣伝スペースを購入することで掲載できるようになり、そのあと、グラフィックデザイナーに仕事が依頼されます。

大手の広告代理店は宣伝媒体業者とのコネクションがあるので、広告代理店で働くグラフィックデザイナーは制作会社などが受注した仕事を担当します。

セールスプロモーション

セールスプロモーションツールの宣伝広告を作成するのもグラフィックデザイナーの仕事です。

コンサートのチラシやダイレクトメール、映画やカタログのプロモーション広告は、商品の購入や集客を目的としているため、グラフィックデザイナーの手腕によって大きく結果が異なります。

商品ブランドのイメージ広告

メーカやブランドのイメージ広告は、自社製品の売り上げに直結する重要な工程なので、宣伝広告部があるブランド会社の場合、所属しているグラフィックデザイナーがイメージ広告を手掛けることが多いようです。

フリーのグラフィックデザイナーでも実力が評価され、実績が伴っていれば、大手ブランドからイメージ広告の依頼が来ることもあります。

最適なデザインを選ぶためにコンペなどが行われることも多く、そこで採用されればグラフィックデザイナーとしての知名度を上げることができます。

グラフィックデザイナーの仕事のやりがい

世界で通用するスキル

文字を取り扱う仕事、例えば、コピーライターなどは言語が変わってしまうと実力を発揮することができません。しかし、グラフィックデザイナーの場合、デザインに国境はなく、世界規模で自分のスキルと実力を試すことができます。

人種や国によって人気のあるデザインは異なります。スキル一つで世界中で活躍できるというのはグラフィックデザイナーならではのやりがいです。

もしかすると、自分の手掛けた作品が海外で評価され、それをきっかけに活動の範囲が広がる可能性もあります。グラフィックデザイナーは大きな夢と可能性を与えてくれる仕事です。

自分の作品を評価してもらえる

グラフィックデザイナーの仕事は人の目につきます。そして良くも悪くも見た人の反応が如実に表れる仕事でもあります。

クライアントから「このデザインはとてもいい!」などとお褒めの言葉をもらったときはグラフィックデザイナーとしてのモチベーションが上がりますし、これからも実力を伸ばしていこうと思うものです。

さらに、自分の作ったデザインがヒットして、クライアントのイメージアップしたり、売れ行きが好調になると、自分のスキルで人の役に立つことができているという実感を得ることができます。

自分の感性とセンス、実力で周りの評価が大きく変わるというのもグラフィックデザイナーの魅力です。

感性を磨き上げる楽しみ

グラフィックデザイナーの世界は実力が重視される業界です。また、時間が経ては自動的にスキルが身につく仕事ではないので、意識的に努力して自分の感性を磨き上げる必要があります。

感性を磨くというのは短期間で達成できるものではなく、多くの失敗と挫折を経験しながら成長していくものです。デザイン案が修正されたり、上司から酷評されることもありますが、それもすべて自分の感性を磨くためのステップだと考えれば、ポジティブに向き合うことができます。

十分な実力を身に着けることで、独立してさらに活動の幅を広げることも可能です。感性を磨くために時間と労力をつぎ込む。それもグラフィックデザイナーの楽しみの一つです。

人の心を模索する魅力

グラフィックデザイナーは人の心を模索する仕事です。デザイン広告やポスター宣伝を成功させるためには、人の心を読む必要があります。魅力的だ!行ってみたい!と思わせるデザインにするためには、ユーザーの思考、好み、年齢などを考慮する必要があります。

また、インターネット上の口コミを調べたり、市場の動向をリアルタイムで把握しておかなければいけません。クライアントは商品の売り上げを伸ばすことや集客を最終目標にしていますが、グラフィックデザイナーにはそれだけでなく、人の心を読み、人を動かすデザインとは何かを常に考え、模索する楽しみがあります。

グラフィックデザイナーは、デザイン業界だけでなく市場全体の話題や動向を見極めながら作品を制作する醍醐味のある仕事です。

グラフィックデザイナーの仕事内容まとめ

グラフィックデザイナーは人の心を捉えるデザインを作る、世界で活躍できる仕事

グラフィックデザイナーの仕事内容は、広告やポスター宣伝、Webサイト用のグラフィック・デザインを作成することです。

一人でも多くの人の心に残るようなデザインを作り出すために、感性を研ぎ澄まし、グラフィックデザイナーとしての経験とスキルを最大限に活用します。

世界的に活躍できる仕事ですし、キャリアアップも期待できます。グラフィックデザイナーとして、有名になれば一流ブランドの商品宣伝やテレビ広告なども担当できるかもしれません。

グラフィックデザイナーは、自分のデザイン力で人々を感動させたいと思っている人におすすめの職業です。

グラフィックデザイナーの参考情報

平均年収400万円~500万円
必要資格 必要資格なし
資格区分 -
職種広告・デザイン・アート

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

グラフィックデザイナーの関連記事

広告・デザイン・アートに関する他の職業KANREN JOB