健康運動実践指導者の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

健康運動実践指導者の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説

健康運動実践指導者は、健康で長生きしたい人が増える昨今、需要も高く、人気上昇中の職業です。勤務先もジムや学校、老人ホームなど幅広く、一見楽しそうな仕事に見えますが、最新の健康科学について学び、運動の指導も誰にもわかりやすいように行わないといけないなど、地味な作業や肉体的な負担も大きい仕事です。健康運動実践指導者に求められる能力ややりがいなどをまとめました。

健康運動実践指導者とはどんな仕事?

健康運動実践指導者の仕事は、健康作りを目的とした運動プログラムに基づいて幅広い年齢の人に対して実践指導を行うことです。

社会問題にもなっている生活習慣病に注意を呼びかけ、正しい運動方法について丁寧にレクチャーを行い、実技を指導します。一般的にジムやフィットネスクラブなどで働くケースが多いようです。

安全に心がけて的確に運動を指導する

健康運動実践指導者は運動の指導を行う仕事ですが、ただ運動方法を教えるだけではなく、運動生理学の知識や医学的な基礎知識に基づいて、安全に実践指導を行わなければなりません。

子供からお年寄りまで幅広い年代に対して、一人ひとりに合った無理のないプログラムと指導方法で指導を行います。具体的には、エアロビクスやヨガ、ジョギング、ウォーキングや水泳などさまざまなプログラムを組み合わせて指導します。

なかには、運動不足な人や運動が苦手な人もいるので、急に負荷の大きい運動をさせてケガをさせたり、無理をさせて体調を崩したりしないよう注意深く指導しなければなりません。

スピードや効率も要求される仕事

健康運動実践指導者の仕事は1日のうちに多くの人に健康と運動に関して実践指導を行います。同時進行で何人も相手にしなければいけない場合も多く、時間内に相手に伝わるように指導しなければいけません。

わかりやすくスピーディーに行うことが求められます。一人ひとりに指導できる時間は限られているので、指導の時間を効率的に使う能力も求められるでしょう。

健康運動実践指導者の仕事は意外とハード。体力と精神力が必要

健康運動実践指導者はイメージ通り体力が必要な職業です。指導にあたっては自身が見本となって運動を見せなければならず、肉体的な負担があります。人それぞれ異なる体格や年代に合わせてきめ細かく指導を行うので、精神的にストレスを感じることもあるでしょう。

勤務形態は勤務先によって異なる

健康運動実践指導者は基本的に日勤で働くことが多く、8時や9時に出勤して夜18時や19時くらいまで働くことになります。都市部のフィットネスクラブなどでは夜遅くまで営業していることもあり、平日遅い時間まで指導をしなくてはいけない場合も多いようです。

早番や遅番など交代勤務制であることも多く、不規則な生活スタイルになりがちです。週休2日制が基本になりますが、場合によっては休みの日も出勤しなければいけないケースもあります。職場によって勤務形態は大きく異なるので、体力的に無理がないか、就職前にしっかりと確認しておきましょう。

健康運動実践指導者の給料レベルは低めの傾向

勤務場所によるものの、健康運動実践指導者の給料は一般的な会社員などに比べると安い傾向が多いようです。一般的には15万円から18万円前後の給与からスタートし、年収は200万円から400万円といわれています。

ただ、指導方法に人気が出るなどして、担当する人数が増えれば、勤務先によっては年収が上がっていく可能性も大いにあります。やりがいにも繋がりますし、体を動かすことが好きな人にとって、健康運動実践指導者は夢のある仕事には違いないでしょう。

健康運動実践指導者の仕事内容は働く場所や経験による

健康と運動についての指導を行う健康運動実践指導者の職場は、一般的には、フィットネスジムやアスレチッククラブが多いイメージですが、保健所や病院、診療所や介護施設などで働く人もいます。

指導以外に健康運動実践指導者がする仕事

健康運動実践指導者の仕事は毎日健康と運動を指導するだけではありません。経験によって仕事の幅は広がります。

施設に派遣されて指導することもある

健康運動実践指導者は、小中学校・高校などの学校や、病院や高齢者施設などの依頼で、その現場に出向いて指導をすることもあります。子供からお年寄りまで幅広い世代を対象としますので、それぞれのニーズに合わせたプログラムと指導方法を考え、実践する力が必要になります。

準備や指導後の後片付け

時にはマットやマシンなどの用具を使用する場合があります。指導前の準備や終わった後の片付けなども健康運動実践指導者の仕事の一つです。場合によってはヨガを指導した後に利用者全員分のマットを片付けるなど、力仕事でもあります。特に新人の健康運動実践指導者は雑用が多く、指導の前に機材を準備したりもします。

下積みから始まる健康運動実践指導者の仕事

健康運動実践指導者の仕事は、多くは地道な下積みから始まります。専門学校や大学で学んで健康運動実践指導者の資格を取得してから業務に就いたとしても、すぐに指導にあたれるとは限りません。

一人前の指導者になるには長期的な訓練が必要とされ、先輩の下でアシスタントとしてスキルを吸収することが多いようです。勤務先や個人のポテンシャルにもよりますが、健康運動実践指導者としてひとり立ちして仕事ができるようになるには1年はかかるといわれます。

3年でキャリアアップを考える人が多い

どの仕事でも3年で転職を考える人が多いといわれますが、健康運動実践指導者でも同様のようです。ある程度独力で指導の仕事ができるようになると、キャリアアップやスキルアップのために転職を考える人が増えます。

インターネットのサイトでも多くの健康運動実践指導者の求人募集があり、需要は多いと考えられます。働く場も学校や介護施設、病院、フィットネスクラブなどさまざまありますので、適性に応じた選択の幅も広がっています。経験を積み、指導力を磨くことで給料アップの道も開ける可能性があります。

健康運動実践指導者の仕事のやりがい

人々の健康づくりをサポートできる

健康運動実践指導者は、フィットネスジムや学校、病院や介護施設など幅広く活躍できる仕事であり、年代を問わず健康づくりのサポートに携わります。きめ細かくコミュニケーションを取り、自身が作成したプログラムに基づき、運動の指導を行っていきます。一人でも多くの人を健康にできることがこの仕事の目標です。

多くの人々の健康のサポートをしていくうえで、人々の力になっている実感を味わうことができるでしょう。運動がもともと好きで、運動で人を元気にしたいという気持ちがある人には大きなやりがいを感じられる仕事です。

自分の健康への意識が高まる

健康運動実践指導者として働いている人は、体のしくみやよりよい運動方法や健康状態、栄養などに常に敏感になるようです。仕事で指導しながら、同時に自分の健康への意識も高まっていくことでしょう。自身がしっかりとしたお手本を見せないといけないので、いつでも体を動かせるよう準備をしておかなければいけません。

現代では学生時代にスポーツマンだった人でも運動不足になりがちで、生活習慣病などが問題視されていますが、健康運動実践指導者の仕事は実に健康的な日々が送れるでしょう。

指導に感謝されたときの喜び

健康運動実践指導者は、ケガや病気、高齢などで体が思うように動かせない人などを指導することもあります。

根気強く指導をしなければいけませんが、自分の指導によって、その人がよりスムーズに体を動かせるようになることはこの上ない喜びだといいます。指導の成果が出て、指導した人から感謝されるときが何よりもうれしい瞬間だそうです。

健康運動実践指導者の仕事内容まとめ

健康運動実践指導者は努力と粘り強さが求められる仕事

健康運動実践指導者は、幅広い年代の人に健康への意識と適切な運動プログラムを指導する仕事です。活躍の場もフィットネスジムや学校、病院や介護施設など広がっています。

最初は雑用が多いですが経験を積めば多くの人を担当することになります。勤務形態は不規則になりがちなので体力的にもハードな仕事という特徴があります。担当する人数が増えたり、夜遅い勤務もある場合には肉体的・精神的な負担も大きく、疲労もたまるかもしれません。

初任給も低めですが、自分の指導に人気が出ることで収入がアップする機会もあります。指導を行った人に感謝されたりと、誰かの健康に貢献したことや自分のスキルの向上を感じることは、大きなやりがいに感じられるはずです。

健康運動実践指導者の参考情報

平均年収250万円~400万円
必要資格
  • 健康運動実践指導者
資格区分 民間資格
職種スポーツ

役立ったら応援クリックお願いします

にほんブログ村 資格ブログへ

健康運動実践指導者の関連記事

スポーツに関する他の職業KANREN JOB